白い部屋は精神が落ち着かない?真っ白な部屋へのこだわりをやめた理由

スポンサーリンク
SPONSORED LINK

 

こころ
こころ

シンプルな部屋、シンプルな生活が人気ですよね。

100均などのお店を見ても、白い小物は人気です。

 

私も一時期、「白」にはまり、買う物はつねに白を選んでいました。

白で統一されている部屋がブログで紹介されていますが、やっぱりすっきり綺麗に見えますよね。

 

白で統一して部屋作りしている方も多いと思いますが、実は、白というのは精神を脅かしてしまうほどの強い力を持った色なんです。

 

 

こころ
こころ

白単色コーディネート・・・実は怖いことだったんです

確かに・・・私自身、部屋を白いインテリア、家具などにこだわりはじめて、白でスッキリ落ち着く部屋になってきたと思ってきたころから、元気が出ないことが増え、ちょっとしたことが気になりイラつき、思い切ったことができなくなった感じがしたのです。

また、部屋の中で、ソワソワ落ち着かない、こんな自分に気が付きました。

 

いろいろ調べてみたら、デメリットがいろいろあることがわかり、それからというものの、白インテリア・白い部屋作りは止めました。

 

この記事にたどり着いた方は、きっと同じような思いをしている方かもしれませんね。

ぜひ、部屋づくり、空間づくりの役立ててください。

 

スポンサーリンク

白い部屋は精神が落ち着かない?真っ白な部屋へのこだわりをやめた理由

img src=”puppy.jpg” alt=”白い部屋落ち着かない”



部屋やインテリアを白で統一することのデメリット

部屋やインテリアを白で統一するって、一見素敵だし、生活感もなく落ち着くんではないかと思うんですが、実はなんです。

というのも、白は、心や精神を乱す原因となる色です。

 

白は光を反射させる色のため、白の部屋で長期間過ごすことで目から脳にまで影響を与えるのです。

 

よく知られたところでいうと、昔は、病院や病棟では主には白が使われていましたが、無気力になるなど精神状態によくないことが判明し、今は薄いピンクや黄色など柔らかい色を使う病院が増えていますよね。

 

それほど、白っていうのは、強い色なのでデメリットがあるのです。

 

片付いているのに、何か疲れるな、精神的に落ち着かないなと思ったら、部屋を見渡してみてください。白いものばかりではないですか?

 

特に、お子さんがいる家は、シンプルに白い部屋はやめたほうがいいようです。

家具も小物も全部白統一はデメリットがあることを知っておかないとですね。

 

無意識に部屋の色に影響されている

色は私たちの気分やその場の雰囲気を変えるだけでなく、仕事の生産率低下にもなり得るのです。

 

米テキサス大学の研究者が、色が生産性に与える影響を調査するため、被験者を3つのグループに分け、赤、白、水色それぞれの部屋で与えられた作業を同じように完成させる実験を行ったそうです。

 

そのうちさらに被験者を2組に分け、何人かを壁の色が見えにくいように高い仕切りで囲い、残りの何人かを壁の色が見えるように低い仕切りで囲って作業をさせるようにしました。

 

実験の結果、赤い部屋では、高い仕切りで囲われた人の生産性に影響はなかったのに対して、低い仕切りで囲われた人は赤色によって生産性が妨げられる傾向にありました。

 

しかしなんと!!

 

白色の部屋では仕切りの高さに関係なく、他の色の部屋より多くの作業ミスが見られたのです。

 

この実験結果からもわかりますよね。

周りの色が、どれだけ自分や家族に影響を与えているのか・・・

これが自宅だったら・・・と考えると怖くなったのでした。

 

 

 

こころ
こころ

それぞれの色のポイントはこちら!

 

赤色は細かい作業に向いている。

パワフルな赤には血圧を上げる効果があり、赤は細かい作業を要する仕事でのパフォーマンス力を上げる効果があることがわかっています。

 

青は想像力を発揮しやすくする。

青は心を落ち着かせる効果があり、またコミュニケーション力、信頼、効率を高めます。

 

緑はイノベーションを掻き立てる効果がある。

緑にも心を落ち着かせる効果あり、調和とバランスをとってくれる色です。クリエイティブなパフォーマンスを高めるため、イノベーションを必要とする場に適しています。

 

グレーはやる気を妨げる。

エネルギーに欠ける色なので抑圧感や冬眠状態のような感覚に陥ります。グレーの使いすぎは自信を失いやすくなったり、落ち込んだりしやすくなります。

 

これだけ色の人への影響力が大きいわけなのです。

 

一番精神も体も落ち着けたい自宅の部屋の色には気をつけたいですよね。

 

家は家族みんなのくつろげる場所

img src=”puppy.jpg” alt=”白い部屋落ち着かない”

 

白で統一していると、たしかに洗練された空間になりおしゃれでいいですよね。

 

私も今まで、それを目標に何でもかんでも白色ばかりさがしてシンプルな部屋を作っていました。

 

でもそれって、私一人の自己満足かもしれないです。

 

白色に囲まれ、隙のない部屋では旦那は落ち着かないでしょう。

家族みんなのくつろぐ場所ですもんね。

それから、白にこだわりすぎると、家族が他の色の物を持ち込んだり、他の色が少しでも入るだけで気になってしょうがなくなる・・・

 

それに、生活感も大事だと思うんです。

生活感ない完璧に整った家ってなんとなく落ち着かないです。

生活感があることで、外で一生懸命働いてきた旦那はくつろげてちょっとホッとできるんではと思ったのです。

 

今までの私のように、白一色で統一しているシンプル生活をしている方も多いと思いますが、お子さんや赤ちゃんもいるご家庭で白い部屋を見ていると少し心配になってしまいます。

 

じつは私は幼稚園教諭免許があるので、そのあたりも勉強しました。

赤ちゃんや子供は小さいうちからいろんな色を見て触れて、色彩感覚を養っていくことが重要。

この部分は、大きくなってからでは身に付きにくい部分なんです。

 

その点、どこ見ても、白一色の家ではどうなんだろうと・・・。

子どもたちには大人の好きな色や好みそうな色だけでなく、さまざまな色に親しめる環境を与えてあげたいものですよね。

 

そこから多くのことを感じ、想像し、言葉や絵などで表現することで、子どもたちの世界や創造性も広がっていきます。

 

幼稚園や保育園で真っ白な環境ってないですよね^^

外国の子供のおもちゃだって積み木だってカラフルですよね。

幼児教育の研究が進んでいる外国の幼児教育では色をとても重要視しているんですよ。

おわりに

白色って本当にすっきりで素敵ですが、やはりリビングなどのくつろぎの空間に多く使うのはデメリットが多いと感じています。

 

これからは、他のカラーもとりいれつつ、色を楽しんで、自分の気持ちいい空間を作っていきたいですね。


読んでほしいおすすめ記事



健康・美容日用品
スポンサーリンク
心も体もお金も大事