鶏胸肉疲労回復スープ!イミダペプチドを体に取り込む我が家のレシピ

SPONSORED LINK

みなさーん、老若男女のみなさん、

疲れてませんか~?

私は、たいして体は動いていないのに、頭の中はいっぱいいっぱいで疲れてます。

つねに眠くて重い感じです。

旦那は旦那で終電続きに休日出勤。

夫婦そろってぐったり気味です。

そんな時に我が家で必ず作る

疲労も吹っ飛ぶ、簡単・安い・旨いレシピがあります。

これを意識的に食べると、

確かに体が元気になる感覚が実際あります。

最近は栄養ドリンクも効いてるだかよくわからないですが、

これは身体にいいって実感しています。

今日は、そんな元気になるのに、安くて、簡単で、うまいレシピの紹介します。

参考にぜひどうぞ。





スポンサーリンク
スポンサーリンク

最強の疲労回復物質イミダぺプチドを取り入れる

筋肉を良く動かす動物に多い物質で「イミダペプチド」。

最近注目を浴びている物質です。

魚類や鳥類に多く含まれていますが、

ものすごーく高い疲労回復効果があることが分かっているのです。

しかも、すごいのが細胞が損傷されやすい部位でイミダペプチドが再合成され、

疲労している部分で直接ピンポイントで効くというところ。

ほら、あの何日も寝ずに飛来する渡り鳥も、

このイミダペプチドのおかげでそんなすごいことが出来るってわけなんですよ。

私は35歳くらいから、なんとなくだるいし、慢性疲労。

とにかく、寝ても疲れが抜けない~!

体が弱れば、心も弱る。

心がダメなら体も重い。

こんなループにはまっています。

栄養ドリンクで一時的に元気になったような気がしますが、

時間が経てばお疲れアラフォー女の出来上がり。

なんでこんなに疲れるんでしょう。

もうこれは鶏の力を借りるしかないでしょう。

鶏むね肉スープでイミダペプチドまるごと摂取

鶏むね肉を茹でて、

むね肉だけ食べてるよって方!!

ちょっと待った~!そのスープを捨てないで~!

イミダペプチドって水溶性なので、

むね肉を茹でるとスープに溶け出してしまうんですね。

茹でたスープを捨ててしまうなんて、

4500円のおつりなのに、500円しかもらわずに帰るくらいのことですよ!!

もったいない!!!

鶏胸肉で疲労回復!我が家の最強レシピ

①鍋を準備します。

②鍋に水、太ネギ、塩(多め)、ショウガチューブを適当に入れます。

(太いネギの他にも、ニンジンの皮とか余り野菜を入れても良し。エキス抽出です。)

③②が沸騰したら鶏むね肉をドボンと入れます。

④弱火から中火でコトコト煮ます。

➄アクが出てくるので、すくって捨てます。

⑥そこに醤油をひとまわしします。

これで一旦鶏スープは出来上がりです。

ここからは、茹で鶏自体をアレンジします。

①鶏むね肉をスープから出します。

②一口大に切ります。

③これまた最強野菜のブロッコリースプラウトを細かく刻み、むね肉に合えます。

③醤油大さじ1・お酢大さじ1/2・にんにくチューブ1センチ・

砂糖小さじ1・ごま油大さじ1/2・ゴマをむね肉と合えます。

出来上がり!これ、超うまいですよ。

酒のつまみにもおすすめ。

ここからスープに戻ります。

先ほどのスープには大量のイミダペプチドが含まれてるお宝スープですよ。

そこに、冷蔵庫にあるものなんでも好きなものを入れます。

あまりもの野菜でも十分おいしいです。

家は、残ってたタケノコとえのき、そして栄養満点ニラをたっぷりといれました。

シンプルにわかめスープとかはるさめ入れても旨いですよ。

こんな感じです。

鶏スープだけでも出汁が出ていて旨いので、

何入れてもOKです。

いただきます。

鶏肉と余りもので二品できます。

安くて早くてうまいです。

むね肉自体も、低カロリーで良質な高たんぱく質なので、

体にもいいし、お肌にもよい。

スープには疲労回復物質がたっぷり。

本当にこのレシピおすすめですよ。

イミダペプチドがAmazon・楽天でも人気

うちは、鶏胸肉から疲労回復物質を取り入れていますが、

なかなか忙しくて料理していられないよって方には、

サプリやドリンクでイミダペプチドを取り入れるといいですよ。

アマゾンや楽天を見てみると、やっぱり注目されているだけあってイミダペプチドのサプリやドリンクが人気ですね。

口コミを読むと、疲労回復を実感している方が多いです。

夏バテしないように夏だけ飲む方もいますね。

こういったものも上手に取り入れながら、

鶏肉スープも飲んで、

元気に日々過ごしたいですよね。

《こちらもよく読まれています》

★主婦の味方!美味しい卵(たまご)レシピ15選!つくれぽ1000越え厳選

SPONSORED LINK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク