ひき肉、まだ買っているの?安全かわからないひき肉は家にはいらない

スポンサーリンク
こころ
こころ

いつも、スーパーで「ひき肉」を買ってますか?

私は結婚当初は当たり前のようにひき肉を購入していました。

でも最近は、購入をやめました。

今日は、その理由をまとめたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ひき肉、まだ買っているの?安全かわからないひき肉は家にはいらない

img src=”puppy.jpg” alt=”挽肉買わない”




ひき肉は安全なのか?私はひき肉の購入をやめた

こころ
こころ

ひき肉って、スーパーや精肉店で買わないと手に入らないって思っていませんか?

実は私はそう思っていたんですね( ;∀;)はずかしいです・・・

 

ひき肉は、フードプロセッサーさえあれば、自宅で簡単に作れます。

はい、ブイーンと数十秒です。

 

特売で買った切り落としの残りでも、むね肉、もも肉で好きな配合でも簡単にあっという間にひき肉ができます。

ブロック肉でもいけます。

img src=”puppy.jpg” alt=”挽肉買わない”img src=”puppy.jpg” alt=”挽肉買わない”

 

なぜ、ひき肉購入をやめたのか?

異常に灰汁(あく)が出ることが気になったから

私がよくお肉を購入するスーパーは二つあって、一つは地元でも少し高級な位置づけで新鮮なものがあるスーパー。

そしてもう一つは、わりと安い全国規模チェーンのスーパー。

 

なぜか高級めなスーパーでひき肉を購入して、すぐに料理に使ったときはいつもほとんど灰汁(あく)はでません。

 

しかし、もう一つの安いス―パーでひき肉を購入した時は、購入してすぐに料理に使用したのにも関わらず、常にすごい灰汁(あく)が出たのです!!

 

こころ
こころ

あくの量が違い過ぎたのです。

一概には、灰汁(あく)でるから、古いとか新鮮じゃないとは言いきれないですが。

しかし、次の昔の経験を思い出したんです。

 

スーパー精肉部アルバイト経験で見たこと

こころ
こころ

独身時代、スーパーで短期アルバイトしていたことがあるんですが、ふと、その時のことを思い出しました。

 

スーパーの中の各部門を転々とするアルバイトだったので、もちろん精肉部にも入りました。

その時に見た光景が・・・

 

ひき肉をつくる機械に、一度パックされ店頭に出たはずの切り落としや値下げになっているもの、時間が経過しているものを入れて、混ぜて挽肉を作っていたんですね!

こころ
こころ

もちろん10年以上前なので、今は違うのかもしれませんが。

 

それから、店頭には出ない挽肉を作る用の肉が別にあったような記憶もあります。

 

この時は実家暮らしで、私は食材にたいしての安全意識も低く、ひき肉ってそういう物なのかなくらいにしか感じなくて、家庭で食事を作っている立場になってから、今思い返してみると、これは、安全とは言えないのはあきらかですよね。

 

肉の産地表示の規定があいまいすぎるから

こころ
こころ

肉全般の産地表示ってどうなっているか知っていますか?

ひき肉は、牛、豚などの単体のものであれば、ローススライスなどと同等の取り扱いとなり、混ぜてある合いびき肉は、加工品になります。

 

肉全般の主な産地表示って、「日本」「オーストラリア」など国名の表示だけでよく、県名までいれるかどうかは、スーパーなどの業者に任せているんです。

 

じゃあ、日本とオーストラリアの肉が混ざっていたらどうなるかというと、分量の多いほうの国を先に表示し、もう一つの国名を表示するそうです。

 

そして、肉がどこの県のものなのか、スーパーには答える義務自体はないそうです。

こころ
こころ

これだけ見ても、肉の産地表示ってあいまい過ぎるのがわかるでしょう。

 

 

こころ
こころ

そして!ひき肉の場合は上記のような表示さえもできず、もっとあいまいなのです。

ひき肉に使う肉は、単品で売るロースの部分やサーロインの部分など主要な部位を取り除いた後の余った部分で、スネの部分などあまり単品では売り出さない部位を使っているんです。

もちろん、一頭だけでは足りないので、何頭もの牛の寄せ集めをミンチ状にするので、ほとんどが産地特定が難しいそうです。

 

こころ
こころ

これって、怖すぎですよね・・・

成長ホルモン剤をたくさんつかった牛の肉が混じっているかもしれないし、一体どこの国の肉なのかわからないなんて、かなり危険性があるように感じます。

自分のアルバイト経験も踏まえると、買いたいと思えなくなってしまいました。

 

ひき肉はフードプロセッサーで作ったほうが、安上がり

今日は、高級スーパーの方で、100g98円の鶏むね肉をひき肉にしました。

img src=”puppy.jpg” alt=”挽肉買わない”

そこに、ネギ、ニンニク、えのきなどを混ぜて肉団子を作り、肉団子スープにしたんですが、

大量に出来すぎて、湯通ししてからジップロック冷凍保存することにしました。

img src=”puppy.jpg” alt=”挽肉買わない”

この3倍の量はできました。

 

肉をひき肉にする時に、フードプロセッサーに味付け用調味料や他の材料も放り込んでしまえば、あっという間にタネの出来上がりです。

これで安心して食べられるので、最近はいつもこのやり方です。

 

そして、大量にできるので、節約にもなりますし、店頭のひき肉購入よりも鮮度がいいので、保存期間が少し長めでも大丈夫です。

 

ちなみに、湯通ししたあとのお湯は、灰汁(あく)はなく、黄金色のキラキラした鶏だしになっていたので、またスープなどに使う予定です。

 

 

まとめ

一時期、フードプロセッサーを捨てようか悩んだんですが、最近はひき肉作りやポタージュ作りなど結構出番が多く、これは取っておいてよかったです。

 

昔のように、合いびき肉買って、鶏ひき肉買って、切り落としも買って・・・

なんて何種類も肉を買う必要もなくなり気が楽になりました。

 

フードプロセッサーはパワーがあるものの方がストレスにならないですよ。

私の使用しているものはすごくパワーがあって、歯も外れますし、使いやすいのでおすすめです。

 

created by Rinker
山本電気
¥15,930 (2019/10/16 22:55:46時点 Amazon調べ-詳細)