再就職が不安!主婦がブランクあっても再就職するための2つの秘訣 

スポンサーリンク

子育てしながらパートを頑張っているけど、パート先にストレスがあったり、

もう少し長い時間の勤務に切り替えて、

いいお給料がもらえるところへ行きたいと思っている方。

 

専業主婦でそろそろ子育ても落ち着いてきたから、再就職しようと思っている方。

30代、40代は、職歴にブランクがあったり、

長い時間働くのが少し怖くなっていたり、

再就職するといっても

難しく感じる年代でもありますよね。

 

20代なら、勢いで何とかなってしまっていたことも、

頭でいろいろ考えすて踏み出せない。

 

今回は、アラフォーでブランクあり、それでも再就職を成功させる戦略についてまとめました。よろしかったら参考にしてくださいね。





スポンサーリンク

再就職にむけての精神面、心構え

20代のころに就職活動して、それ以来・・・なんて方も多いですよね。

社会経験をたくさん積んできているこそ、

不安を感じたり、正当な評価がされなくて悔しい思いをすることもありますよね。

 

気持ちはまだまだ若いのに、まだまだバリバリ働けるのに、

面接まで行かなかったり、面接で落とされてしまうことも多くなる年代です。

 

悔しいですよね。

 

ハローワークの求人を見ても、年齢制限が緩和されてきたとはいえ、

「これいいな」と思うものは

35歳までやら、39歳までの条件つき。

 

やはり、40代は、20代と同じ心構えや気持ちでは再就職は成功しないんです。

素直さ、謙虚さが必要

職場によっては、上司が20代30代の年下なんてことはよくあることで。

ここで言えるのが、

素直さ、謙虚さが重要ポイントになります。

 

面接の話し方にもここは現れる部分で、面接官は見ています。

40代になると、経験値も高いので、

どうしても我が強くなる部分もあるし、プライドも高くなる傾向があります。

 

「何でもやります、教えていただけますか、頑張ります、ありがとうございます」

こういう心構えの人が強いです。

 

再就職してから、実力を仕事上発揮していけばいいんです。

働く意欲があることを前面に出す

「少し子育ても落ち着いて、時間が出来たのでまた働こうと思いました」

これを聞いてどう思いますか?

 

私は、時間ができたから働きたい→時間が出来なければ働くつもりはなかった

とも捉えます。

 

時間ができたし、なんとなく~みたいな緩い感じでは採用されないでしょう。

時間つぶしに、うちでお金を稼ぐのかい?と。

 

もちろん、実際は本当のことを言っていると思います。

実際はそうであっても、もっと働く意欲が伝わる言い方、伝え方がいいでしょう。

 

「今まで子育てを全力でやってきましたが、子育ても落ち着いて時間ができました。そこで自分自身の人生をも考えるようになり、また仕事を一生懸命やりたいと思いました」

 

こういう前向きな意欲が伝わるような言い方で気持ちを前面に出すといいですね。

それから、話しながらの「笑顔」も忘れずに。

 

年齢が上というだけで怖い印象を与えるのですから。

再就職先のねらい目職業と見つけ方

「主婦業」「子育て」などが職歴になる職種

20代で働き、結婚退職し、それから職歴の部分がブランク・・・

これは、引け目に思う必要は全くないですよ。

 

主婦業、子育て、PTA活動、また親の介護などそこで自分が果たしてきた経験を堂々と持って挑みましょう。

 

主婦業を活かすなら、清掃業や家政婦、食堂などの仕事。

お金の管理が得意なら、ファイナンシャルプランナーや経理。

子育経験を活かすなら、保育士、学童保育、病院内保育、ベビーシッターなどの仕事。

PTA活動経験を活かすなら、企画や運営の仕事。

介護経験を活かすなら、ヘルパー、デイケア施設など。

 

▼月額980円で100講座以上受講できる▼

堂々と今までの経験をプラスに捉えて、アピールしましょう。

正社員への近道 紹介予定派遣

正社員応募となると、20代の方たちと同時に履歴書で競わなくてはならないため、

企業によっては年齢だけをみて判断するところも少なからずあります。

 

面接までもたどり着かない・・・

面接で話をさせてもらえれば自分のことをわかってもらえるのに・・・

働きぶりを見てから決めてほしい・・・

そう思うことはありませんか?

 

そんなときは、派遣会社の紹介予定派遣を利用しましょう。

 

紹介予定派遣とは、何か月後かに社員になることを前提とした派遣です。

 

企業と自分、お互いにどうなのか、合っているのか、働きはどうだろうか

数か月確認しながら働き、期間が終わった時に、お互いに断ることもできます。

 

同意をすれば、ここから正社員の道が開かれます。

 

実際の自分をちゃんと見て判断してほしい、

職場が合うかどうか確認してから正社員になりたい。

こういう方にはとてもいいと思いますよ。

転職エージェンシーに登録しておく

転職となったら、すぐに浮かぶのはハローワークです、

しかしながら、ハローワークの求人は、

同じ職場が何度も求人を出していたり、

ブラックな企業が多いこともあります。

 

企業は無料で求人が出せる為、雇った人が辞めてしまえば、またハローワークに求人を出し、

また辞めれば出しと繰り返している会社もちらほらあります。

 

実際、私もハローワークで検索してましたが、消えたかと思うと、

また数か月して同じ求人が出されているということがしょっちゅうありましたね。

 

それに比べて、転職エージェンシーに出ている企業は本気で人は欲しいと思って掲載している企業が多いのです。

 

人が殺到するであろう企業の求人などは非公開求人になっており、

登録するとそういった情報を得ることが出来ます。

 

私も転職時には、いつもいくつか登録していますが、

私の登録して条件にあった職業を送ってもらえたり、

本当に助かりました。

 

まとめ

最近では、40代だからといって求人は全然ないよ~ということは無くなってきました。

少子化ですし、企業も40代以降の年代を戦力と考えるようになってきています。

 

「40代だし、あきらめよう」ではなく、「40代経験とノウハウがあります」ぐらい堂々と、そして素直に謙虚に活動をしていれば、必ず再就職成功します。

一緒にかんばりましょうね。

 

 

 

 

仕事・資格
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事