お金がどんどん貯まるノーマネーデー!無買日をおすすめする!

スポンサーリンク

今の時期はスーパーに行けば、旬の果物、野菜がたくさん並んでいますが、

 

こころ
こころ

最近は意識的に家のものだけで過ごす日を作りようにしています。

 

毎日お金を使ったり、消費したり、それが当たり前になっていませんか?

お金を貯めたいなら、ノーマネーデー、無買日をおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

お金を全く使わない日を作る(無買日のすすめ)

img src=”puppy.jpg” alt=”無買日ノーマネーデー”




私はどうしても冷蔵庫が詰まっているのが苦手&新鮮な野菜を使いたくて・・・

まとめ買いはあまりしない、仕事帰りにスーパー寄ってちょこちょこ買う派です。

 

こうやって、ちょこちょこ買うのはメリットもありますが、やっぱりその日に買う予定のないものとか自分のおやつなど、1つ2つは余計なものを買ってしまうのです。

 

こころ
こころ

そのため、月に何日かは何にもお金を使わない日、買わない日意識的に作っています。

これをノーマネーデーとか無買日っていいます。

 

もう食べるもの何もないよと思っても、今あるものでなんとかします。

もう洗顔ないな、この洗剤ないなと思っても、数日間、無い状態か、なんとか家の中の何かで済ますんです。

 

ほとんどない食材から知恵を絞り、なんとか一日分作り上げることができた!

洗顔なくてもこの石鹸で代用できるもんだね。

この洗剤は別になくてもやっていけるじゃないか。

 

こころ
こころ

こうしているうちに、少しのお金でもなんとかやっていけるんだという自信、安心感が芽生えてくるのです。

 

お金を使わない日は一人修行期間とでも言いましょうか・・・

 

今後先、何があるかわからない。

年金が少なくて生活が苦しくなるかもしれない。

 

でも無買日を作り、絶対にお財布を開けない、お金を使わない日を繰り返しているだけで、そんなピンチも乗り越えられるような気がします。

 

何も考えずに、いつもの癖、習慣でスーパーに行き、買い物するって、この状況が当たり前だと思っているんですよね。

こころ
こころ

この当たり前が出来なくなった時には不安が出てくるでしょう。

 

11月26日は無買デー(無買日)

こころ
こころ

本来は年に1回、本来は11月26日が無買日で、余計なものは買わずに過ごしましょうねという日です。

 

1992年カナダで始まり、

世界で150万人以上が参加するイベントで、

日本にも1999年ごろムーブメントがやってきているそうです。

 

こころ
こころ

知ってました?私は聞いたことなかったです。

ここ数年、自分の所有物を見直し、ものを減らしているのですが、必要なものって結構少ないんですよね。

 

しかしテレビつければ、これがいいあれがいいと商品を買え買え言ってるし・・・新商品は次々出てくるし・・・

 

こころ
こころ

もう日本人は物欲に振り回されていますよね。

なのに、ここにきて、『プレミアムフライデー』・・・う~ん・・・これ以上何を買えと??!!

私は、ひねくれ者なので、プレミアムフライデーでまわりから買え買え圧力を感じると、余計に買い物したくなくなる人間です。

こころ
こころ

私はプレミアムフライデーより無買デー派です!!!

 

ノーマネーデーの夕飯

ノーマネーデーの本日の夕飯は「ソーメンチャンプルー」にしました。

ソーメンはいつだか実家からもらったものを引っ張りだしました。

 

今日の味付けはこちらの出汁と醤油、ごま油で。シンプルに。

created by Rinker
ビーバン
¥3,200(2019/11/17 02:35:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

余計なものは一切はいっていません。

うちは今ずっとこの出汁。

こちらの出汁は和洋中全部に使えます。

 

こころ
こころ

食欲のない日にこの出汁をお湯に溶かすだけでなんと栄養スープになるというすばらしい出汁なんです。

使用するにも溶けやすく、口コミもかなりいいです。

 

毎日1370円ずつ貯めたら20年で1000万になる

こころ
こころ

知っていました?

 

毎日、1370円貯めたら20年で1000万も貯まることを。

ってことは、毎日毎日、なんとなくスーパーに行き、お菓子やパンなど本当はなくても良かったものを1370円分購入することを20歳から40歳まで繰り返していたら、1000万なんとなくのものに消えていったということになるのです。

積み重ねってすごいですよね。

 

小さなお金でも意識なく日常の癖として繰り返していると、とんでもないお金を失っているという現実・・・

 

逆に、意識をしっかり持った買い物をすることで、大きなお金が手元に残りことになるのです。家の中に何か使える物はないか、代わりになるものはないか発掘し続けながらノーマネーデー続けていきましょう。