物欲がやばい!お金がないのに買い物する心理と12の対策(実体験)

SPONSORED LINK

20代のころ、大したお給料ももらっていないのに仕事帰りに服や雑貨を買ってしまい、貯金がほとんど出来ない時期がありました。

 

お金がないのに、買い物したい。買っても買っても物欲が止まらない。

 

この精神状態って何なんなのでしょうね。

 

当時は自分自身でも全然わかりませんでしたが、物欲も買い物熱もなくなった今、当時を思い返して記事を書こうと思います。

物欲が強くて、今自分でもどうにもならない方、お金がどんどん無くなって不安なのに買い物をしたくなってしまう方の参考になるといいなと思います。

 

物欲がやばい!お金がないのに買い物する心理と12の対策(実体験)

お金がないのに買い物してしまう物欲




「物欲がやばい」止まらない物欲

「嗚呼・・・また買ってしまった」

「カードの請求やばいな・・・どうしよう」

毎月こんな風に思って、悩んでいる人って多いと思います。

 

自分でわかっているのに、止まらないってつらいですよね。

当時、親にも言えず、ただただ自分で自分を苦しめていたように思います。

買い物がやめられなかった20代

20代は本当に服ばかり買っていました。

 

1つ買っても次は何を買おうか常に考えていて、実家暮らしなのに貯金はなく、今考えてもどうかしていましたね。

 

そして今、その時のお金があれば・・・と本当に悔しく思います。

 

あんな生活してなければ、今どのくらいお金が溜まっているんだろうって本気でよく思いますよ。

お金が戻ってくればいいのに・・・って後悔。

 

思い返せば、当時の至福の時間は、買いたいものリストを作っている時間でした。

常に考えているのは、欲しいもののこと。

 

実際給料手取り14万程度。

それなのに彼と一緒にめちゃくちゃ高いセレクトショップに行ったり、デパートに行ったり・・・。

買ったばかりの新しい服が入っている紙袋を持っているときの高揚感はすごく気持ちよかったですよ。

 

パンツを購入すれば、スカートもニットも買わないと!なんて思って連鎖的に購入たくなるんです。

「私っていいもの着ているの、いいでしょ」みたいな気持ちだったのかな・・・

 

あ~今考えると恥ずかしい。

楽しみが買い物しかない20代でした。

 

お金がないのに買い物する心理とは?

 

お金がないのに、買い物がやめられなくて苦しい方、次の理由にあてはまりませんか?

買いものを止められない理由

  • 仕事、家庭のストレス
  • 他の人に負けたくない、よく見られたい見栄
  • 心が満たされていないこと
  • 空虚感を埋めようとしている
  • 興味がもてるものがない(やりたいことがない)
  • 寂しい、孤独
  • なんとなく習慣で買っている
  • 店員からのお客様扱いが気持ち良い
  • 彼のセンスに合わせたい、好かれたい、かわいいと思われたい
  • 実家だからお金がかからない
  • 趣味がない
  • 自分の考えに軸がない
  • 自分自身に自信がない
  • 幼少期に好きな服を買ってもらえなかった

私は当時、上記のすべてに当てはまっていたと思います。

心の空虚感を必死に埋めようとしていたんです。

 

でも、どれだけ買っても、どんなに高い洋服を身に着けても、空虚感は埋まることなかったです。

むしろ大きくなっていきます。

 

物欲がおさまったその方法とは

いまだに覚えています。

家にある小銭をかき集めて、ATMに入金して、お札にしてお金を引き出したこと。

今思い出しても、みじめで心が苦しくなります。

もうこんな状態ではだめだ!

そこで私は手探りで物欲と戦うために次のことをしていきました。

 

誰でもいいから現状を正直に話す

親に相談できない、友達にも相談できなかった私は、市で行っている無料のカウンセリングで相談することにしました。

本格的なカウンセリングするほどもうお金はなかったですし、自分で心に問題があることは気が付いていたのでそれを言語化してはっきりさせたかったんだと思います。

人に相談することがきっかけになると考えたんです。

現状を恥ずかしがらず人に話すことで、自分の中で抱えている問題がはっきりしてきました。

 

 

所有物の見直し!服全体を把握しお気に入りだけを残す

当時、いっぱい服があるのに、結局着ている服は半分にもみたない量でした。

余計なものがたくさんあるせいで、本当に大切なものが見えない状態です。

 

そこで、ゴミ袋10袋分以上一気に捨てました。

すると、残った服に自分の好みが見えてくるんです。

私は、こういう色味が好きなんだ、こういう着心地が好みなんだと。

 

結局自分で自分自身のことがわかっていなくて、さらに心が空っぽだったため、店員や世の中の流行りなどに踊らされていたんだということですね。

不思議なことに、少数精鋭になると、満足感がでてくるんですよ。

 

クレジットカードは一枚だけにして他は解約

当時、クレジットカードを数十枚所有していました。

当然、支出の全体像が全く見えない状態になりました。

 

クレジットカードを一枚だけにするために、ポイントすぐに貯まる、自分の生活習慣に合っている楽天カードだけを残して、あとは一気に解約しました。

楽天カードは、生活に密着しており、ポイント還元率も高く、スマホアプリで支出の把握が簡単にできるのでとても効果がありました。

\主婦でも簡単に作れる安心のカードです!/

公式ページ>>楽天カード

 

テレビ、雑誌は見ない

テレビ、雑誌は購入意欲をあおるワナが仕掛けられています。

ぼ~っと見ているだけでも、洗脳されていきます。

「みんなと同じものを持たなくては」「こういうのはもうダサいんだな」とか

余計な情報は遮断しましょう。

 

ショッピング系のアプリを整理する

スマホを見るたびに、ショッピング系のアプリが目に入り、何となく開いてしまうことはありませんか?

不要なショッピング系アプリは削除し、必要なアプリだけ一か所にまとめて目につきにくくしましょう。

 

また、同様にショップのメルマガも登録解除しておきましょう。

ショップ側は、買ってほしいからメルマガを送ってくるわけで・・・お得とか割引とか期間限定とか買いたくなるような魅力的な言葉が並んでいます。

目につかないように、登録解除しておくといいでしょう。

 

服の価値の無さを知る

今持っている服をいくつか買取りに出してみましょう。

そこでわかることは、服の価値の無さです。

買取金額は、1枚30円、結構よくて500円とか・・・

購入したときは数万円した洋服は実際大した価値がないということを思い知るんです。

 

どんな時に買いたくなるのか書き出してみる(客観的に見る)

常に買い物したくなる私でも、日々、気持ちがゆらゆら揺れていました。

そこまで買い物したくないという日もあったり、朝からお店に行きたくてしょうがない日など。

 

そこで、どんな心理状態の日に買い物にいきたくなるのか、何があった日に行きたくなるのか?ノートに書きだしてみることにしました。

すると、私の場合、なぜか気分のいい日の方が買い物に行きたくなることがわかったんです。

 

逆に、落ち込むようなことがあり精神的に落ちている状態だと、買い物に行く気力もなくなるのです。

また生理の日も物欲が落ちましたね。

 

こういう感じで、自分の物欲の癖を客観的にみると、対策が練りやすいです。

 

時給換算する(労働換算する)

私は、働くことがあまり好きではありません(笑)!

 

私と同じような方なら、買いたくなったときに、「この服を買ったら、今お財布に入っているお札が〇枚無くなって、何日働かなきゃならない」「〇時間働かなきゃならない」と時給換算してみてください。

この服を買わなければ、〇時間は働かなくていいんだ!!

常にこのように時給換算すると買いたい気持ちが減ってきますよ。

 

500円のお弁当が何個買えるのか換算する

これは主婦の方におすすめ。

この服を買うお金で、スーパーの500円のお弁当が何個買えるのだろうと換算するんです。

 

私は、今も余計なものや服が買いたくなったら弁当換算するようにしています。

「10,000円の服がほしい!でも、500円の弁当なら20個も買える。食べることは生きるために必要だけど、この服はなくても生きていけるし」

みたいなことを頭の中で考えています。

 

コンプレックスを解消できるものに投資する

余計な服を買うくらいなら、自分のコンプレックスを解消できるものに投資しましょう。

もし、コンプレックスで自信がないなら、コンプレックス克服にパワーもお金もつかうんです。

 

服を買って着飾っても、中身が変わらない限り、何も変われないからです。

私は、たるんだ体と心を鍛えるためにジムに通い始めましたよ。

 

お店自体が自分のクローゼットと思うようにする

お金さえたまっていれば、私はいつでもこのお店の服を手に入れることができると思ってます。

お店が私のクローゼットでただ預けているだけ。

お金をためさえすれば、いつでも手に入ると思うと、いますぐ手に入れなくてはと気持ちが落ち着いてきます。

 

ミニマリストや節約ブログや動画を見る

今は、ミニマリストの方や、買わない生活をしている方、節約を頑張っている方のブログや、動画を簡単に見ることができます。

考えや方法を知ることで、自分の考え方も変えていくことができます。

ミニマリストならしぶさんがおすすめ!

 

そして、お金を貯めたい!と言う方なら、剣者の流儀さんはめちゃくちゃおすすめ!

お金がたまってからの方が物欲が無くなる

上記の方法を繰り返していくと、少しづつですが物欲がおさまり、自然と口座にお金が残るようになっていきます。

お金が口座に残るようになり、まとまった金額になっていくと、不思議とお金を使いたくなくなってくるんです。

 

もちろん、今も服が欲しくなったり、新しい雑貨が欲しくなったり、葛藤したりすることはあります。

物欲がゼロなわけではありません。

 

でも明らかに違うのは、自分で調整ができるようになったこと。

その場に流されなくなったこと。

 

いついつ何を買ったから、あと1か月は買わないようにしようとか自分に言い聞かすことができるのです。

すごく心が楽になりましたよ。

 

 

物欲コントロールできるようになれば買い物は楽しい

すぐには変われなくても、私が実践したようなことをマネしてみたり、毎回毎回洗脳するように自分に言い聞かせたり考えたりすると、少しずつ変わっていけます。

 

焦らなくても大丈夫!ゆっくり少しづつなら絶対変わることができます。

 

買い物自体を自分自身でコントールできるようになれば、買い物ってとっても楽しいものです。

買ったあとに、罪悪感も後悔も感じる必要はありませんよ。

大切なのは、「自分で買い物をコントロールできるようになること」です。