お金を使わない生活をするために無駄遣いの4つの心理的ワナを知ろう

スポンサーリンク

以前、こんな記事を書きました。

お金が貯まっていくノーマネーデーの記事です。

シンプルにお金を貯める為のノーマネーデーについての記事です。

 

物を減らしたい、無駄な時間も減らしたい、でもお金は貯めたい。

これらの願望を満たしてくれるのが、やっぱり

ノーマネーデー(無買日)だ!!

と確信しています。

今も買い物に行く回数を減らし、買い物労働削減!

物の入りを減らす。

お金を1円も使わない日を作るミッションは継続中です。

最近はノーマネーデーのことをNMDと言うらしい!

DAIGOかっ!ですね~。

 

でも、なんだかんだ人間ってついつい無駄遣いしてしまいますよね(+o+)

なんでなんでしょうね?周りの人を見ていても本当そう思います。

他人のことは冷静に見れるのに、自分のこととなるとダメですよね。

 

今日は、そんな無駄遣いしてしまう心理的ワナについて考えてみようと思います。



スポンサーリンク

行動経済学からみる買い物時の典型的な行動習慣

毎回、買い物へ行ったときに合理的で正しい判断が出来ればいいんですが、

街中もネット上も売り手の販売戦略だらけ。

無駄遣いをするように仕向けるワナだらけなんですよ。

 

こちらとしても(消費者の私たち)、

そのワナにひっかからない為の対策を考えなくてはなりません。

 

それが、「ノーマネーデー」なのですが、

その前に無駄遣いのワナを知ることが大事です。

敵を知ろうって訳です。

 

人間の不合理な行動の法則を研究している「行動経済学」っていう学問があります。

行動経済学から無駄遣いの4つのワナを見ていきます。

 

返報性の原理

「返報性の原理」とは、

何かしてもらったらこちらもお返しをしなくてはならないと考える心理です。

 

例えば、スーパーに行くと、試食販売やってますよね?

ちょっと味見したかっただけなんだけど・・・

食べちゃったから買わないといけないかなって思い

お返しに購入する心理です。

 

私は試飲販売の仕事をしていてワナを仕掛ける側なので、よくわかるんですが、

始めは買おうとしていなかった人も私が試食を勧めて試食をした結果、

購入していくお客さんがほんと多いこと!!!

 

このワナにひっかりやすいぞと自覚がある人は、

「無料」

に気を付けること。

むしろ近寄らないくらいがいいです。

 

デイドロ効果

そうそう、これこれ!

私、このワナによくはまります・・・。

 

「デイドロ効果」とは、

何かを新しくすると他も新しくしたくなっちゃう心理。

何か新しいものを購入すると、

それに合わせて他もいいものに変えたい衝動に駆られる。

 

20代のころ、服で散財していたころは、

パンツを買えば、ニットも新しくしたくなって、

コートを購入したら、ブーツも新しくしたくなった。

まさにコレですよね・・・。

 

今は免疫がついたとはいえ、

今もたまにあります。

キッチン用品でフライパンを新しくしたんだから、

鍋もいいものにしたいと思ったり。

私はこのワナにだいぶ弱いですね~。

このデイドロ効果にやられると、完全に散財への道まっしぐらですよ。

 

確証バイアス

「確証バイアス」とは、

自分の希望を後押しする情報に注目することです。

 

SNSなどで、自分の欲しいものを検索して、

みんなの肯定的な意見を探してみたりしませんか?

 

欲しいものがあると、バイアス(偏り)がかかってしまいます。

そうすると無意識に自分の中の欲しい気持ちを後押ししてくれる意見や情報ばかり

偏って収集してしまうんですよ。

 

多分否定的な意見だってあるはずなのに、

バイアスがかかっているので、自然と目を背けるようにしているんです。

 

このバイアスにかからないためには、冷静に否定的な意見も見て、

冷静な判断をすることが大事です・・・とは言っても難しいですね・・・。

 

アンカリング効果

「アンカリング効果」とは、

相対的な安さにやられてしまうことです。

 

つまり、単に3000円の商品となっているよりも、

50%オフで3000円となっていたほうが、

よりお得に見える心理です。

いかり(アンカー)を下ろすように、

印象的な数値が基準になって、相対的な安さに魅力を感じ、

購買意欲が高まるんです。

セールの時期、無印良品週間なんて言うのは、

このアンカリング効果に要注意ですね。

無駄使いのワナにかからないための対策

4つの無駄使いのワナを見てきましたが、

敵を知った上で、じゃあどうすればそのワナに引っかからないのかと言うと、

やはり大事なのは、

必要な物だけを買う仕組み

 

いろんな貯金方法がありますが、

「ノーマネーデー」が最強なんではと思います。

シンプルな貯金方法ノーマネーデー

「ノーマネーデー」貯金方法は簡単でシンプルです。

自分でノーマネーデーと決めた日には、1円も使わない、これだけです。

 

私は、今火曜日と金曜日に買い物に行き、

その他の日をノーマネーデーに設定しています。

 

インドア派なので、土日に1円も使わないことが出来ますが、

家族構成や生活習慣でも使わなくても過ごせる日っていうのは変わってきます。

 

始めは、週一日ノーマネーデーにするくらいに目標低めに設定したほうがいいですよ。

徐々にステップアップしていくといいでしょう。

 

手帳で一週間計画を立てて、家にあるもの、冷蔵庫内の物もチェック。

お財布の中のお金の調整をしたり、

カレンダーや手帳にミッションクリア出来たら

マークをつけたり、ゲーム感覚で楽しんでできると長続きします。

 

お金を使わない状況をつくること、

買い物に行かない状況を作ること、

それが「無駄遣いのワナ」にかからない対策になりますよ。

おわりに

いつもまにかお金が無くなって、物ばかり増えていくって人は、

いくつもの「無駄遣いのワナ」に自覚無しにかかっているかもしれません。

 

一緒にノーマネーデー(NMD)を楽しみながらお金も貯めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事広告



お金
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事