無印の耐熱ガラスピッチャーに熱湯を入れてお茶を作る理由 

SPONSORED LINK

家で飲むお茶はペットボトルですか?

家は、ほとんどペットボトルのお茶は買いません。

それから、家で作るお茶は、

必ず耐熱ガラスピッチャーで熱湯を注ぎ作ります。

以前は、プラスチックの麦茶ポットで作っていましたが、

今どんどんプラスティック製品と使わない生活に変えていっています。

最近はプラスチック容器に入っていた麦茶はもうなんとなく気持ちが悪く飲めない。

今日はその理由をまとめました。

SPONSORED LINK

プラスチック製品をなるべく使わない生活

私たちの生活は、周りを見渡せば、

ほとんどの食品がプラスチックケースに入って売られています。

アメリカなどの海外では、

「プラスチックは体に危険な成分が溶け出す」

という認識を強く持っているそうですが、

日本人はあまりそういったことに注意している人はまだまだ少ないですよね。

乳児が使用するものも、子供たちの口にするものもほぼプラスチック。

海外ではそこのとこ、かなり

気を遣い生活しているようです。

プラスチックは高熱とアルコール類、油でよく溶け出す

プラスチックには毒性があって、

「高熱・アルコール類・油」によって特にその化学物質が溶けやすくなります。

スーパーで買ってきた揚げ物のお惣菜を

レンジで温めすぎたりなんてことはありませんか?

高熱で、しかも油が使われているこの状況・・・

溶け出すには最高の条件がそろっています。

プラスティック容器の化学物質が溶け出し

食品に付着している可能性が大きいでしょうね。

プラスチックの危険性は様々な実験がされてますが、

スチロール製のコップに入れられた水で飼育されたラットが2年間で、

腫瘍ができるなどしたことはよく知られています。

そういった研究により、

体にとって悪影響な化学物質がプラスチックから溶け出していることは

明らかになっています。

自動販売機の商品は買わない

日本の自動販売機って優秀ですよね。

冬の寒い日も、熱々にペットボトルを温めてくれて・・・

でも・・・いつからそのペットボトルが温めつづけられてきたのか

わからないですよね。

それってちょっと怖い。

プラスチック容器がどれだけ溶け出しているかなんてわからないのです。

余ったご飯をラップで包んで保存しない

容器に入れると、洗うのが面倒って理由で、

ラップにご飯を入れて四角く整えて凍らして保存をよくしてました。

でも、いつの日かとても味にうるさい旦那が言ったんですよね。

「ラップで包んで凍らしてあるご飯、なんか美味しくない」と。

味に疎い私にはわからなかったんですが、

もしかしたらラップの化学物質がご飯に付着し、

SPONSORED LINK

しかもレンジで温めることによって溶け出しているのではないかと思ったんです。

すぐにやめて、ガラス容器で保存することに変えました。

うん、たしかにご飯の味が変わりにくい気が!!

余計な味がしない。


それから、お肉類も今までラップに包んだり、

ジップロックで保存したりしてましたが、

これも同様に変えました。

お茶作りも無印の耐熱ガラスピッチャーへ

私は、水出しのお茶も熱湯で作るのですが、

無印の耐熱ガラスピッチャーなら、

沸騰した状態で入れることもでき、安全。

シンプルで使いやすい。

しかも税込み590円という安さで冷蔵庫にも入れやすい。

ガラス部分は女性の腕なら入るので、

手を入れて洗うことができ清潔です。

蓋のパッキン部分は、

使用しているうちに黄ばんできてしまいますが、

無印良品でパッキンのみお取り寄せ注文できます。(しかも160円!)

この耐熱ピッチャーは、1リットルサイズ(大)と0.7リットルサイズ(小)があります。

こちらお取り寄せしたパッキン。

こうやってパッキンだけ交換できれば、

大切に、長く使用できます。

プラスチックより長く綺麗に使えるのでとってもいい。

我が家の定番!カルディおススメ夏の冷たいドリンクの記事はこちらへ

まとめ

プラスチックは他の物質と比べ、

アレンジしやすく安価なので、

加工しやすい利点もあるため、

私たちのまわりはプラスチックを使っていないものなんて

むしろ無いぐらいですよね。

この状態で、すべてのプラスチックを避けるのは

ストレスだし無理がある。

でもせめて、毎日自分が疑問を持たずに行っているもの、

使っているものの習慣を変えて、

自分や家族の口に入るものには気を遣っていきたいと考えています。

おススメの記事&広告



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク