買い物しすぎる人は要注意!ブラックフライデーに流されない考え方

SPONSORED LINK

昨年くらいから、イオンがアメリカでおなじみのブラックフライデーを日本でもやり始めましたよね。

そして今年は、昨年やっていなかったお店もやり始めました。

しまむらなんかでも、半額や福袋など話題になっていますね。

スマホにはしつこいメルマガのようなものもたくさん入ってきています。

「最近買い物しすぎではないですか?」

「買ったもの全部ちゃんと把握できてますか?」

「消費した分、大切に使ってますか?」

買い物しすぎて後悔している人へ、

ブラックフライデーは消費意欲をくすぐるワナが沢山あります。

流されて買ってしまい後悔しないように、自分軸を考えを持って買い物しましょうね。





スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラックフライデーってなに?

11月第4木曜日は祝日、Thanks giving day(感謝祭/サンクス・ギビングデー)です。

この翌日の金曜日をBlack Friday(ブラックフライデー)といって、

米国ではこの日に大幅な値引きセールが開催されます。

どのお店も黒字になるので、ブラックフライデーというそうです。

メディアも騒ぐブラックフライデー

こういうアメリカからきたお祭り、すぐに日本って便乗しますよね。

イオンやユニクロ、しまむら、あらゆる小売店でブラックフライデーの企画でお得セールを打ち出しています。

でも、私は今全く興味ないです。

今、すぐに欲しいと思うものがないし、

私自身が自分のタイミングで買いたいし、

欲しいものをよく見極めてから決めたいのです。

混んでいる場所にいくと、群集心理が働くので余計に興味はない。

群集心理についてはこちらを参照

日本の経済のために、その企業のためにはお金は落とせません。

私が働いて得たお金は自分の冷静な判断で使いたいです。

今、日本は企業はたくさんお金を持っていますが、

消費者の消費が落ちていて、

一般市民がお金を使ってくれないので、

あらゆる手を打ってお金使って~というメッセージに見えてしまってひいてしまう。

なので、一切ブラックフライデーではお金を使いません。

過剰消費社会に反発している企業がある

次から次へと消費させる過剰消費社会にIKEAノルウェーなどが反発しているそうです。

ノルウェーの通信社NTBによると、

スウェーデン発の家具量販店IKEAのノルウェー店が、

今年はブラックフライデーを開催しないと発表したそうです

すばらしい~~~!!

ノルウェーでもブラックフライデーで騒がれるそうなんですが、

人々が長い行列に並び、安物買いをして、

無駄な消費を増やす傾向に

「アンチ」の動きも目立ってきているそうです。

「どうしても買い物をしたいのであれば、ヴィンテージを買おう。

互いに無料でモノを交換しあおう。

ブラックフライデーに振り回されず、ゆったりとした自分の時間を過ごそう」

というような、「グリーン・フライデー」も各地で開催されるようになっているそうです。

ノルウェーでは大企業にブラックフライデーをしないでほしいと、

市民がSNSなどでお願いすることもあるそうです。

でも、企業も収益を上げるためには必死ですから、簡単には受け入れられないようです。

「ネジで今ある家具を引き締める日」を提案している

ブラックフライデーは

私たちのコントロール不可能なところにまできてしまいました。

そろそろ私たちの気を引き締める頃です。

私たちは365日、モノを大事にしようとしていますが、

ブラックフライデーのような一部の日には、

買わなければいけないという圧力巨大化します。

そこで、私たちは新しいものを常に買う必要はないということを

思い出してもらうために、

モノを修理するというキャンペーンをおこないます。

【IKEAノルウェーHPより】

と、IKEAノルウェーではこのようなキャンペーンを打ち出しているそうです。

とても素敵だと思います。

私は断然こちらに賛成です。

買わなければいけない?

そもそもこの感覚がおかしいと思いませんか。

本当に、そんなに物を買ってどうするの?

その物を手にしないと本当に困ってしまうの?

そんなにお金余っているの?今あるものって大切にしているの?

こんな気持ちが渦巻く私は、この考えが本当に素敵だなと思うのです。

昔はあらゆるものを欲望のままに買っていたからこそ、

今その時のことを考えると反省しかありません・・・。

増加する買い物ストレス

ノルウェーでは家族などにクリスマスプレゼントを大量に買う伝統があって、

買い物をしなければいけない

「クリスマス・ショッピング」という言葉が存在しているそうです。

そしてその言葉は「ストレス」も意味するようになっている・・・

それにともない、

過熱してきているブラック・フライデーに

警報を鳴らすニュースを伝えるようになっているそうです。

お店だって馬鹿じゃないので、お店が儲からないような仕組みにするはずがないのです。

ブラックフライデーで打ち出しているそのセール、

ほんとにお得といえますか?

ブラックフライデーの次はサイバーマンデー

Cyber Monday(サイバーマンデー)というものもあって、

これはブラックフライデーの次の月曜日を指すそうです。

ブラックフライデーはもともと店舗でのお買い物ですが、

サイバーマンデーは、ネット、オンラインでの買い物だそうです。

アマゾンがはじめ、このCyber Monday(サイバーマンデー)は

ネットショッピングが最も盛り上げる記念日として設定したとのことです。

アマゾンは2012年にサイバーマンデーを日本記念日協会に登録しています。

昨年は気が付きませんでしたが、今年はCMも流れていますね。

サイバーマンデーが騒がれる日も近いかもしれません。

シンプルな生活で買い物に変化が起こる

昔は、買い物の基準が周りでした。

自分の考えがなく、周りがみんなこうだから、

雑誌で今年はこれって言っているから・・・

そんなことしているうちに大切なお金もどんどん減りました。

それが、ものを減らしてシンプルに生活するようになってから、

自分の気持ちも頭もクリアになり、判断は自分でできるようになりました。

政府やお店がどんなセールや企画を打ち出してきても、乗りません。

店員さんが仲良さげに送ってくるセールのメールも無視です。

私は、自分が必要だと思ったときに、必要だと思ったものにお金を使いたい。

自分が買う物があるときにお店に行くので、お店側からのアプローチはいりません。

終わりに

こんなに物があふれていて、

割と治安もいい日本は幸福度ランキング51位でしたね。

幸せの形は人それぞれとはいえ、こんなにあれこれ手に入れなくても、

物がなくても幸せに感じることができる国もたくさんある。

そういうところから、流されるのではなく

自分基準の幸せを考えたいなと思います。

私にとっての幸せは消費することではないってことです。

ブラックフライデーで騒いでいるこの週末は、

のんびりユーチューブでジャズでも聞きながら

おうちカフェしてゆったりした時間を過ごします^^

8割の服を捨てて気が付いたこと お金を使い果たしていた私の変化とは?少ないお給料を服購入につぎ込み、貯金が一桁の20代。今は、8割の服を減らし、貯金もしっかりできています。浪費家の私が8割の服を減らして気がついたこととは?

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク