「靴はいいものを履きなさい」靴だけはいいもの選ぶ理由

SPONSORED LINK

「靴はいいものを履きなさい」

そんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

最近、やはり靴だけはいいものを選ぶべきだなと感じています。

 

普段、ネットで安い靴を適当に買うことが多かったのですが、今回実店舗で丁寧に靴を選んでみました。

自分の足に合う履き心地のいい靴に変えると気分も上がるし、フットワークまで軽くなります。

 

「靴はいいものを履きなさい」靴だけはいいもの選ぶ理由

靴はいいものを履きなさい




修理しながら靴を大切にする

今回実店舗で購入した靴は、ラボキゴシの「SAYAのブーツ」と「worksの革靴」です。

いい靴を履く運気アップいい靴を履く運気アップ

この2足、革が柔らかくて、軽くて、足にすごくなじみます。

着る服も選ばなくてデザインも最高!

長時間履いても全く足が痛くならず、安定して歩けます。

 

ただ、お値段はちょっと高いです。

とはいえ、このラボキゴシの「SAYAのブーツ」と「worksの革靴」は、職人さんが丁寧に作っている靴で、修理をしながら何年も履き続けている方も大勢いるそうです。

 

革なので、自分の足になじみやすく長く履くことができます。

こっちゃん
こっちゃん

ネットで見てみましたが、どれもデザインが素敵な靴ばかりです。

靴だけはいいものを!いい靴を買った経緯

適当に靴を選んで履くことが多かったのですが、少し歩くだけで、マメが出来たり、足がだるくなったりすることが増えてきました。

一度足が痛くなると、その靴を手にとることが無くなり、ひさしぶりに履いてみても、やはり再びマメができるだけ。

そんな生活を続けていたら、体に異変が起こったのです。

安い靴で坐骨神経痛になってしまった

クッション性がなく、靴底が硬い、2500円くらいの靴を履いて30分くらい歩いた翌日に、その衝撃が腰にきてしまったのです・・・。

診断結果は「坐骨神経痛」。

 

筋力が落ちてくる40代、今まで大丈夫だった靴だとしても腰痛や関節を痛めやすくなるそうです。

40代から腰痛になってしまったら不自由なことも多いでしょう。

普段から安い靴をはくと、足の裏が痛くなるし、疲れるなと感じてはいたのですが・・・。

いくら安く靴が買えたとしても結局、通院代かかったら意味がないです。

 

こっちゃん
こっちゃん

今回結局、病院と整体代がかかりました。

靴選びの重要性を感じます。

 

長く履いても足になじまないし愛着が湧かない

安さで選んだ靴は、履いても履いても全体的に硬いまま。

革のように、自分の足の体温や汗を吸収することもなく、いつまでたっても足になじまないんです。

 

安めの靴を10足以上所有していましたが、どれもしっくりこない。

履いても履いても愛着がわくこともない。

履けば履くほど自分なりの味が出るような靴が欲しかったんです!

修理しながら大切に履くことに魅力を感じた

今まで安く靴を買って使い捨てのような生活でしたが、今回購入した靴は、修理しながら10年以上大切に履かれている人がいるという話に魅力を感じました。

こっちゃん
こっちゃん

一つの靴を大切に履くって素敵ですよね。

RABOKIGOSHI web storeでは、靴の修理の受付をしております。
ただし、RABOKIGOSHI web storeにてご購入したお客様に限らせていただきます。
【出典:ラボキゴシ公式HP】

【出典:ラボキゴシHP】2020.6.13現在

靴が決まれば普段着も底上げ

こっちゃん
こっちゃん

通勤電車の中で、他人の靴をよく見ることがあります。

靴底が浮いているスニーカーや、ヒールが傷だらけのパンプス、ビニール製のパンプスが破れていたり・・・靴ってわりと手を抜いていたり、劣化に気がついてない人が多いんです。

 

しかし、そういう方に限って高いバック持っていたり、洋服にお金をかけていたり、メイクは気合が入っていたり・・・。

それなのに、靴が残念。

 

「無理してバッグを買って、靴を買うお金は無いのかな」

「ヒール修理すればいいのに、細かいとこは気にしないのかな」

「せっかくのおしゃれが、その靴じゃ台無し」

こっちゃん
こっちゃん

逆に、靴まできちんと気をまわしている方は、ラフな格好をしていても素敵に見える!!

 

20代のころ、服は安くても靴はいいものを履いたほうがいいと言われたことがあります。

しかし、そのころは、かわいい服を優先にお金をつぎ込んでいたので、靴までお金が回りませんでした。

でも、ようやくこの歳になって靴の大切さがわかりました。

いい靴で運気もアップ

靴はいいものを履きなさい

「良い靴を履きなさい。

良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる」

これは、イタリアのことわざです。

 

靴は、自分の身体を支え、大地のエネルギーと直接触れ合っています。

風水でも、質の高い靴を履くと、大地のエネルギーだけでなく金運も呼び寄せるを言われています。

 

安さで選んだわけではない、自分が本当にいいと思って選んだ履き心地のいい靴を

大切にお手入れしながら愛用する。

それだけで気分がいいので、たしかに運気も上がりそうですよね!

「靴はいいものを履きなさい」靴だけはいいもの選ぶ理由まとめ

大量にあった安い履きずらい靴も減って、気に入っている靴が増えてきました。

靴が決まっていると、服選びもすごく楽です。

自分が好きな店、自分が好きな職人の靴を見つけてみませんか?

 

「良い靴を履きなさい。

良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる」

靴選びの際、思い出してください。