いい靴を履く女性は運気も気分上がる!靴だけはいいものを選びたい

SPONSORED LINK

最近、新しい靴を買いました。

2足購入したので、こちらの2足断捨離。

今までネットで適当に安い靴を買ったり、実店舗で安くなっているからって理由で靴を購入、そういった靴を何足も所有していましたが、

本当に気に入った履き心地のいい靴で毎日を過ごしたいと思い、

今回は、ちゃんとお店で試着してじっくり考えて購入に至りました。

靴を自分の足に合う履き心地もいいものに変えると気分も上がるし、

フットワークまで軽くなるから運気まで良くなります。

今回靴を丁寧に選ぶことでそれを実感しています。





スポンサーリンク
スポンサーリンク

何年も修理しながら靴を愛用する

今回購入した靴は、ラボキゴシのSAYAのブーツとworksの革靴です。

この2足、革が柔らかくて、軽くて、足にすごくなじむ。

着る服も選ばなくてデザインも最高。

長時間履いても全く足が痛くならず、安定して歩けます。

お値段は、私にとったらちょっとお高いです。

でも、この靴は、職人さんは丁寧に作っている靴で、修理をしながら何年も履き続けている方も大勢いるそうです。

革なので、自分の足にもなじむし、よれ自体が味になってくるので長く履くことができます。

ネットで見てみましたが、どれもデザインが素敵な靴ばかりですよ。

一例を載せておきますね。

いい靴を買った経緯

適当に靴を選んで履いてきたんですが、ちょっと歩くだけで、足中マメが出来たり、

足がだるくなったりすることが増えてきました。

一度足が痛くなると、その靴自体手にとることが無くなるし、

ひさしぶりに履いてみようかなと思って履いてみても、やはり痛いマメが繰り返されるだけ。

そんな生活をして来たら、ついに体に異変がおきてしまいました。

安い靴で坐骨神経痛に

クッション性がなくて、靴底が硬い、2500円くらいの靴を履いて30分くらい歩いた翌日に、

その衝撃が腰にきてしまったのです・・・

今回の坐骨神経痛の直接の原因はまさにこれです。

筋力も落ちてくる40代、今まで履きなれた靴でも腰痛や関節を痛めやすくなるそうです。

40代から腰痛になったら、これからかなり不自由になるでしょう。

やはり、安い靴は素材がそれなりなんですよ。

歩くと、足の裏が痛くなる感じは前からあり、疲れるなとは思っていたんです。

若いころはそれでもいいかもしれません。

デザインだけみて靴を選んでもいいかもしれません。

でも、ある程度歳をとると、

靴は安く手に入ったとしても、体を痛めることになりますよ。

靴は安くても、結局、通院代かかります。

体のケアにお金がかかります。

靴選びの重要性が、今回身をもってわかりました。

長く履いても足になじまないし愛着が湧かない

もう一つの理由。

たしかに、マメは出来ないかもしれないけど、履いても履いても全体的に硬いまま。

革のように、自分の足の体温や汗を吸収しないから、

いつまでたっても足になじまないんです。

靴は、安めの靴を10足以上所有していましたが、どれもしっくりこないし、

この靴じゃなきゃ嫌!みたいなこだわりのある靴にもならず、

汚れてもすれても、この靴が良いんだ!っていう愛着がわかなかったんです。

つまり、履けば履くほど、自分なりの味が出るような靴が欲しかった。

修理しながら大切に履くことに魅力を感じた

今まで、さんざん、いろんな靴履いてきて、

満足できなかったわけだから、

私が本当に履きたい靴は、

今まで選んでいたものとは違うってこと。

たくさん所有はしたくない。

少ないものに愛情を持って過ごしたい。

身体に優しいものがいい。

味が出るものを長く使いたい。

今、こんな風な生活にあこがれているので、

この靴は修理しながら10年以上大切に履かれている人がいるって話に魅力を感じて、

今回購入即決でした。

靴が決まれば、普段着も底上げ

私、通勤電車の中で、

他人の靴を結構見てるんです。

好きなんですよね。

靴底が浮いているスニーカーや、

ヒールが傷だらけのパンプス、

ビニール製のパンプスが破れていたりね。

靴ってわりと手を抜いていたり、あまり劣化に気がついてない人が多いんです。

でも、そう人に限って、

ちょっとしたブランドバック持ってるんです。

そして、ファッションもいろんな色を使って、

気遣っているんだろうなっていうように見えます。

でも・・・

その靴じゃあ、

こんな風に思ってしまう。

「あ~無理してバック買ったんだ・・・靴買うお金は無いのかな」

「ヒール修理すればいいのに、細かいとこは気にしないんだ~」

「せっかくのおしゃれが、その靴じゃ台無しでしょ」と。

逆にね、靴おしゃれな人を見かけると、

ラフな格好してても決まって見える。

おぉ♪ってなる。

20代の時に、服は安くても、靴はいいものを履いたほうがいいって

周りが良く言っていました。

でも、そのころは、

かわいい服を優先にお金をつぎ込んでいたんですよね。

靴までお金が回らなかった。

でも、この歳になってようやくわかってきた。

靴って大事!靴って全部を底上げしてくれて、全体を〆てくれる!

いい靴で運気もアップ

「良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる」

イタリアのことわざです。

靴は、自分の身体を支え、

大地のエネルギーと直接触れ合っています。

風水でも、質の高い靴を履くと、

大地のエネルギーだけでなく金運も呼び寄せるを言われています。

安さで選んだわけではない、自分が本当にいいと思って選んだ

履き心地のいい靴を

大切にお手入れしながら愛用する。

それだけでも気分のいいので、たしかに運気も上がりそう!

おわりに

今、少しずつ自分の気に入ったものだけ、

少数精鋭のものとの暮らしに変えていっています。

靴も、だいぶ減って、好きなものが増えていました。

靴が決まっていると、服選び、服やカバンを購入する際にも、

系統がある程度定まってくるからすごく楽です。

自分が好きな店、自分が好きな職人の靴。

末永くお付き合いできたらいいなと思いますね。

どんな靴を履いても足が痛い方必見!歩きやすく、履きやすい靴なら「リゲッタ」が超おすすめ。サンダル、スニーカー、パンプスなんでもありますよ。



SPONSORED LINK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク