レコルトホットサンドメーカーを購入!使い心地は?口コミ?90%の満足度!

Sponsored Links

最近、ポップアップトースターを手放しました。

数年前に見た目に惚れて購入したこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レコルトホットサンドメーカーを購入!使い心地は?口コミ?90%の満足度!

img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”




ポップアップトースターを手放した理由

さすが、デロンギなので、見た目はおしゃれでした。

そこにあるだけで、インテリア替わりになる。

ある意味、置いてあるだけで満足なものでした。

でも、いざ使用してみると、

日本製のような細かな部分にちょっとした不満が・・・

パンくずの取り出しが大変だったり、

使う頻度が少ないため、

パンの差し込み部分からほこりが入ってしまうなどの問題点もでてきてしまいました。

食パンの食べ方と言えば、

バター、マーガリン、ジャムなどですが、

どれもカロリー、糖分ばかりが多いですよね。

それを止めたいなと思ったこともきっかけです。

それと、意外と場所をとるんですよね~ポップアップトースター。

見た目はかわいいけど、パンを焼くしかできないのに、

場所をとるので、

邪魔になってしまいました。



買いたいホットサンドメーカーに求める条件

Sponsored Links

パンだけだと、栄養は偏りがちですが、

おかずも取れるものがほしいということで、

ホットサンドメーカーを買うことは決まっていました。

あとは、どのメーカーにするかで悩んでいました。

うちは二人暮らしなので、

二枚一度に作れるものだと大きすぎる。

例えば、こういうの。

これ、実物を雑貨屋でみたんですが、

可愛かった。口コミも良し。

カバンみたいに持ち歩けるし、お値段も4000円くらいで

買いやすい。

でもやはり、二人暮らしなら、

ちょっと大きすぎると思い・・・

決めたのが、こちらのレコルトホットサンドメーカーです。

私のホットサンドメーカーへの条件としては、

★ホットサンド1つが作れるもの

★耳まで焼けるもの

★シンプル

★軽い、場所をとらない

この条件を満たすものとして

こちらのホットサンドメーカーに決めました。

レコルト プレスサンドメーカーキルトの特徴と少し不便な点

Sponsored Links

img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”

こちら、ホットサンド1つ分を焼くものなので、

大きさは食パン一枚分で小さいです。

そして、軽いです。

img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”

中はこんな感じ。焼き上がりは、キルト模様がついておしゃれです。

img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”

こんな形で、コンセントは裏側にくるくるっと巻くことが出来るので

邪魔になりません。

しかも、立てて隙間に保管できるコンパクトさです。

私は、定番のハムチーズサンドが一番好きです。

他にも、レシピ集を見ると、

いろんな種類のホットサンドが作れます。

img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”img src=”puppy.jpg” alt=”ホットサンドメーカーおすすめ”

前日のおかずをうまく使って、

朝食のホットサンドの具にも利用できますね。

レシピ集では、6枚切り食パンを推奨していますが、

8枚切りの方がいいんではないかと思いますね。

結構、ギュっと押してサンドするので、

6枚切りにするとせっかくにふっくら感が

かなりペタンコになります。

レコルトホットサンドメーカーを実際使ってみて、

ホットサンドは簡単に美味しくできるので、

いい買い物したなと思っています。

便利だし、だれでも作れるし、

家には合っていると感じていますが、

気にっている反面、

ここが改善されればもっといいなと思う部分がありました。

改善希望点①コンセントが短い

本体の裏に電源プラグを巻いて保管できるのはいいんですが、

これ、本当に電源プラグが短いんです。

95センチしかありません。

どうしてこんな短くしてしまったのかと疑問に思うほど・・・

なので、置き場所によっては、どのコンセントにも届かない・・・

延長コードを使うしかないのですが、

これは、不便だなと感じますね。

改善希望点②電源スイッチが無い

これ、本体に電源スイッチがありません。

はじめ、一生懸命探しちゃいましたよ。

でもついていませんでした。

電源プラグをコンセントに差すと、

加熱開始になり、

切るときも、電源プラグをコンセントから抜く必要があります。

自分以外の家族にも伝えておかないと、

コンセントから電源コードの抜き忘れが起こり、

ずっと電源が切れていない状態になる可能性があります。

この点は気を付けないとなりません。

改善希望点③プレートの取りはずしはできない

プレートは取り外しが出来ないので、

まるごと水洗いはできません。

柔らかい布などで、よく拭きとってお手入れをします。

プレートは加工されているので、

汚れはさらっととれるので、私はそこまで気になりませんが、

丸洗い出来ないのは嫌だという方には不向きかもしれません。

おわりに

このホットサンドメーカーは、

日本製のものに比べると、

簡易的な作りかもしれませんが、

ホットサンドを作るという点、目的だけみたら、

すごくシンプルな作りで100点です。

もうジャムやバター、

マーガリンを体に入れなくていいという点だけでも嬉しいし、

なんといってもコンパクト。

辞書くらいしかないので、少ないもので暮らしたい家には

ピッタリの商品でした。

購入希望の方がいましたら、参考にしてください。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク