少ないもので身軽に暮らすためにミニマリストがやめた3つのこと

Sponsored Links

自分の頭の中に余白が欲しいと思って自分基準の少ないもので生活をするようになって3年以上。

限られた時間やお金に余裕を持ちたくて

自分の物や行為を見直そうと

自分自身に向き合うことが多くなりました。

他人がこうだからって、

私に必ずしも必要とは限らない。

それがあると便利?

本当に便利かどうかは人によります。

しかもこれ以上便利にする必要あるのかなとも思います。

物も結婚当初よりだいぶ減りましたが、

その中で、いくつか

自分がやめて良かったと感じるものを3つほどご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少ないもので身軽に暮らすためにミニマリストがやめた3つのこと

img src=”puppy.jpg” alt=”少ない物で暮らす”




買うのをやめた、するのをやめた

なぜ少ないもので暮らしたいと思ったかというと、もともとかなりのめんどくさがりだからです。

物を探すっていう時間も嫌だし、

何か日用品が一つ無くなって、それを買いにわざわざ外に出て買い物することも嫌なんです。

できれば、買い物労働時間を減らしたいし、

元からその物が自分の生活に無ければ、買いに行こうと思わなくていいわけで、

無くなった➡買いに行かなくちゃ

みたいな気持ちや義務感自体が心に負担なんです。

じゃあ、どんどん物を減らしてしまおうって考えたことが少ないもので暮らそうと思ったきっかけです。

キッチンペーパーを買うのをやめた

Sponsored Links

「キッチン」

と名前がついているから、

キッチンでは必ず使うものなんだと深く考えずに購入してきていたんですよね。

だって、実家には常にあったから、結婚当初から当たり前のように購入していました。

キッチンで使うべき紙はこれなんだと思い込んでいたんですよね。

こういう限られた場所の名前が入っている商品って要注意ですよ。

自分が小さいころ、昭和の時代にはこんな〇〇ペーパーと名前がつくものなんてトイレットペーパーとティッシュペーパーしか無かった気がする・・・。

場所によって違うものを使うように

それぞれ区別された商品があったのだろうか?

そんな商品名に惑わされなければいい話なんだけど、

日本人はまじめだから、

それに当然のように従っちゃう人が多いと思うんですよね。

キッチンペーパーが無くなると、

「買ってこないと!」

と自動的に思っていますよね。

キッチンぺ―パーひとつないだけで、

いちいちドラックストアに行って時間も無駄だなと。

部屋中に代用できるティッシュペーパーもあるし、

そもそもそんなに揚げ物つくることもないし、それほど出番もないのに。

場所の名前だけじゃなくて、用途名が付いた商品も同様なんですよね。

バスタオル

フェイスタオル

ハンドタオル

しまいにはビーチタオル?

なんなんでしょう、この区分は?

別にハンドタオルで身体拭いたっていいじゃん。

ビーチでしか使えないのか?そのタオル。

もう、商品名がおせっかい過ぎるんですよね。

企業はなんとかして、

買わせようとアイデアを振り絞って、商品を差別化して商品価値を押し付けてくるけど、

それっておせっかい。

どのタオルで、ビーチに行こうと、

風呂上りに使おうと

顔を拭こうと

決めるのは自分だから~!と思うんですよ。

ファブリーズ系の消臭スプレーをやめた

Sponsored Links

これまた昔、小さいころ、こんなの無かったですよ・・・

今も実家には無いですが。

あのCM見てると、

洗えないものはファブリーズしないといけないのではと思えてきます(洗脳・・・)

どこもかしこもファブリーズしなきゃいけないの?

そんなのシューシューしてるから、

いろんな菌に弱くなってきているんですよね。

それかけたところで、

ちゃんと殺菌されているかなんて誰も調べたことないでしょう?

見えないんだから。

シューシューして自己満足。

消臭しても、

結局その家庭?家?特有のにおいって取れないと思うんです。

ありますよね?その家特有のにおいみたいの。

だからそこまで神経質になってもしょうがないと思ってしまいます。

安全性に疑問もある?

ファブリーズとかの消臭スプレーには、

除菌成分で第四級アンモニウム塩が使われています。

その除菌成分が、メスのマウスで妊娠率や生まれる胎仔数の減少、

オスで精子濃度や運動性が減少したという研究が米国で発表され

環境団体が警告を発表したとかしないとか?

私は科学者じゃないから、

はっきりとこれが正しいとか、

危険だなんて言いきれる立場ではないけれど、

私がものを買う基準として、

中身がなんなのかはっきりしないものにはお金を出さない。

ただそれだけのこと。

なので、私はファブリーズ系消臭スプレーは買わないと決めました。

手作りの消臭スプレーで十分

菌は殺せないけど・・・

気持ちよく服を着ることはできる、焼肉後のソファやカーテンにもかけられる手作りスプレーで十分なんです。

なんといっても安心感があります。

手作り消臭スプレーの作り方

★水200ml

★重曹10g

★無水エタノール少し

重曹はしっかり溶かしてくださいね。

じゃないと、スプレーが詰まってしまって出にくくなる可能性があります。

これだけで、さわやかに消臭できますよ。

これだけでもいいですが、

私は、これに数滴ハッカ油を足してさわやかさアップさせています。

お好きなアロマオイルでOKですよ。

匂いがかなり消えるのでこれはおすすめです。

ちなみに、これはトイレ掃除にも使えますよ。

しかも、消臭スプレーって結構高いですよね。

中身がよくわからないものに、そんなお金は出せないので、

手作りスプレーでお金も節約できて、一石二鳥です。

ヘアカラーやめた

これ、私の中ではかなり大きい変化。

だって、20年くらいずっと美容院で2,3か月に一度

染め続けてきたのをやめたから。

これも、地毛の色じゃ、おしゃれじゃないって思い込んでいたんですよね。

完全な思い込み。

カラー直後は、

トリートメントもしてるから髪の状態はいいんですが、半月もすればなんだかパサパサ。

パサパサになるから、

それをどうにかしようと

自宅用トリートメントやオイルにお金をかけて、ケアする時間もかかってしまいます。

自分で髪を傷めつけといて、

自分でいたわる。

これっておかしいことにやっと気がついたんです・・・。

今は多少、プリンっぽくなっていますが、

もともとそれほど明るくしてないから、それほど気にならない状態です。

それより、カラーをやめて驚いたことは、自分でもわかるくらい乾燥が減って手触りもかなり変わりましたよ。

白髪が増えたら

その時また考えなくてはならないけれど。

それまでは、20年ぶりの地毛そのままを大切にしたいなと思っています。

20代とは違うヘア事情。髪の乾燥、ツヤがなくパサパサ。 シャンプーやトリートメントに頼る前に、毎日使うコレ、変えてみたら 髪のツヤが復活してきたんです。

おわりに

企業の価値の押しつけ、まわりの人の価値観を基準に生活していたら、

お金は無駄に垂れ流すことになるし、

自分にとっての物の価値ってなんだろうと考えることもないだろうし、

まわりに振り回されないことが重要だなと感じますね。

まわりの人にとっては

必要かもしれないけど、

私には価値のないってもの周りにけっこういっぱいあるんです。

それを見つけるためにも、自分と向き合って物について考え続けていきたいなと思います。




おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク