鞄が重い女性の性格と心理は?性格変えたきゃ荷物の少ない女性になれ

SPONSORED LINK

私は、学生時代から

いっつもカバンが大きくて重くて、

常に人に「どこ旅行行くの?」ときかれてきました。

そんなこと言われたって、

鞄の中身全部大事だから何を減らせばいいのかわからないんでよね。

自分だって、こんな重いもの持ってたくないって、ほんと。

でも、ここ数年間断捨離して、

自分の性格を見つめてきたところ、

今が人生で一番荷物が少なく、カバンも小さくなりました。

めちゃくちゃ身軽です!



楽天総合評価が4以上の高評価!シンプルな大人スニーカーベスト7をまとめました。どんなファッションにも合わせやすいスニーカーばかりですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

重い鞄をもつことにメリット無し

自分自身も大きな重い鞄を持って毎日生活していて、

あまりメリットを感じることは無かったですね。

骨盤がゆがんで腰痛を起こすこともあるし、

満員電車では邪魔だし、

帰りにどこかに寄りたいと思っても

荷物が重いからやめとこうみたいに、フットワークも重くなる。

いろいろ持っていたとしても

ほぼ80%は使わないものだし、

今となっては何であんなに苦痛を感じつつも

持っていたか謎。

重い大きな鞄をやめようと思ったキッカケ

職場にいる荷物持ちの女性。

荷物持ちの私の2倍は持っている。

大きな鞄を二つ抱えて毎日出勤してくる姿を客観視したんですよね。

大きな荷物を持っているから、

歩き方も颯爽としていないし、

背筋は伸びていないし、

いつもだるそうに見える。

荷物が多すぎるから、探しているものが見つからず

常に必要なものを探している。

何でも持っているとしても、

これじゃあ全く意味ないよね。

とにかく、「よいしょ!」みたいに

荷物を運んでいる姿が何と言っても

美しくない!!

もしかして、私もこう見えているのかな・・・

と感じ客観視したのがきっかけ。

重い鞄の女性の性格・心理

自分含め、周りにいる常に重い大きな鞄の女性の共通する性格、心理を見てみると、

いくつか共通点があります。

①心配性

②自信がない

③常に自分の思うようにしたい

④客観視出来ない

➄フットワークが重い

マイナス要素ばっかり。

①心配性で不安が大きい人

私も心配性ですが、

同じ職場の大きな鞄の女性は、

私も話を聞いていると嫌になるくらいの心配症。

だいたいの人が

まあ、確率的に起こりもしないだろうと考えるレベルのことも

まるで98%起こるというような決めつけをするのです。

荷物は、予備の予備の予備を持つ。

ポイントカードだけで、本一冊くらいの量。

財布は3つ。

家族全員分の身分証になるようなものを持つ(なぜ?)。

荷物パンパンなのに、

会社に置いてある荷物もロッカーを二つ使うレベル。

はっきり言って

心配って心配かけられる方は

迷惑でうざいと感じること多いのです。

自分は心配性だからよくわかるんですよ。

②自信が無い人

万が一、ピンチなことが起きたとすると(ほぼ無いが)、

自信がある人はその時

「何とかなる」と思えます。

これは、自分を信じているから。

そばに物が無くても、

自分を保てるって思っているから。

鞄の中に足りないものがあっても、

その時に自分で対処できると考えているから、

余計な心配はしないのです。

自信が無い、自分を信じていない人は、

その時、困ってしまう自分がわかっているのでそうなりたくないんです。

そして鞄にあらゆるものを詰め込むんです。

神経質ですね・・・

③常に自分の思うようにしたい人

鞄にあらゆるものを詰め込んでいれば、

万が一の場合でも対処できることが確かに多いでしょう。

でも、万が一のことなのです。

その万が一のことも、100%自分の思うようにしたいという深層心理。

多分、このタイプは

対処できないことが起きた場合、

パニックになる場合が多く、

他人までもコントロールしたいタイプです。

その鞄の大きな女性と話をしているとわかるんです。

旦那、そして子供も自分の思うように

コントロールしていて、

うまく行かないとキレて無駄にストレスをためてますね。

どうにもならないこともあるさ、そんなの当然。

どうにかならなかったらしょうがないじゃん。

っていう柔軟性に欠けています。

④客観視出来ない人

③で書きましたが、

人をもコントロールしたいと深層心理で思っていることに気が付いていません。

しかし本人以外周りにいる人はそれに気づいています。

自分がいないと職場も回らないと思っているところもありますね。

でも、その方がいない日も職場は余裕で回っています。

客観視できていないですよね。

さすがにパンパンの大きな荷物を二つ両肩にかけて通勤しているその方の姿、

美しいとは言えません。

鞄は良いものしか持たないとよく言っていますが、

鞄にお金をかけるこだわりがあるなら

その佇まいにも気が付いてもらいたいです。

➄フットワークが重い人

仕事帰りに、気になるお店に行ってみたいね・・・

なんて話をしていても、

結局行かない。

習い事したいねと言っていても、何年たっても始める気配すらないのです。

常に、そのおもーい荷物を持っていたら、

身体を動かすのだっていやになるのは当然ですよね。

家族とどこかに行くにしても、

奥さんが常に大きな荷物を持って行動するって

まわりも嫌ですよね。

「ちょっと持ってて」なんて言われたくないし、

一緒にも出掛けたくない。

男性なら特にそう感じるかも。

だから、大きなバックの女性はモテないっていうんですね。

性格を変えたいなら鞄から

私も、上の5つの特徴を自分で感じていた一人。

心配性、不安がある。

だから鞄にいろいろ詰め込んでいた。

じゃあ、もう物理的に色々はいらないようにしてしまえばいいじゃん!

軽い、小さめの鞄に変えればいいじゃん。

そして、いろいろ迷って購入したのがこちらの鞄です。

このバックで生活するようにして本当に身軽になったし、

可愛いのですごくテンションも上がるバック。

このバックに入らなければ後は持たないって決めたんです。

迷ったら持たない。

何か困ったら買えばいい。

どうにかなるさ。

何か起こってから考えればよい。

過度な心配が減りフットワークが軽くなった

鞄を小さく、荷物を小さく軽くするようにしてから、

自分でもわかるくらいに気持ちに変化がありました。

どうにかなるさと思える。

私はこれだけの荷物で余裕で過ごせる。

気になったらすぐに行動に移せる。

余白ができたおかげで、

吸収できることが増えた。

自分を変えたいなら物理的な部分から変えよう

こんなにすんなり自然に変わってくと思わなかったですね。

自分も同じような性格で変えたい、

自分に疲れてしまっている・・・

など思っている人がいたら、

ぜひ持っているもの、物理的に思い切り変えてしまうもの手ですよ。

断捨離で自分を見つめることも忘れずに。

SPONSORED LINK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク