アラフォーの痛いファッションは即断捨離!アラフォーは客観視が必要

スポンサーリンク

服の断捨離進めてますか?

私は、すごい服の数の時に比べたら服の数の8割ほど減りました。

お気に入りの服だけ残して、あとは断捨離。

自分が気に入っている服なら残す。

気に入っている服なら残してこれからも着続ける。

 

でも断捨離していてたまに思うんです。

5年前に購入して気に入っている服を捨てずにこれからも着たいと思う気持ちと、

はたして40代の今の私の雰囲気や自分の40代のなりたい女性像に合っているのだろうかと。

 

他人は服などからその人の性格、傾向を読み取ろうとするのも事実です。

客観視するその視点も重要だと思うんですよね。

自分が良くても、第一印象で損をする場合もあるわけです。

 

街中や電車の中で、

同じような年代の方の服装などを

観察するのが趣味な私。

 

その中で、

「やはり客観視することは大事!服の断捨離時には気を付けよう」

と感じることがあるのです。

今日は、そのとき感じたことをまとめてみようと思います。





スポンサーリンク

素敵なアラフォー女性と痛々しいアラフォー女性の違い

素敵なファッションのアラフォー女性

私が、素敵だなと常に感じるアラフォー女性は、

自分の年齢を受け入れて、

それを生かしたファッションをしている女性。

つまり、ちゃんと自分を客観視出来ている女性。

ちゃんと自分のことがわかっている。

 

通勤中、2名ほどすごく素敵なアラフォー世代の女性がいるんですよ。

色使いも上手で顔に合っているし、小物の使い方も上品。

毎日ファッションを見るのをこっそり楽しみにしています。

 

誰もが、歳をとるっていう事実を受け入れて、

今の自分に一番似合うものを選ぶことのできる視点とセンスを持っている女性って素敵ですよね。

これこそ、今断捨離しながら私の目指すところにいる女性なのです。

 

骨格診断とかも流行っていますが、

結局自分を客観視して見れる人って、

いちいち人に診断してもらわなくても

自分で今現在の自分に合っているものを

選ぶことが出来るんだと思うんですよ。

 

骨格診断してもらったところで、

自分の状態が見えていなかったら

今の年齢に合っていないものを選ぶんじゃないかな・・・

他人に痛いと感じさせるファッションのアラフォー女性

たかがファッションかもしれませんが、

他人はそこからその人に関する

いくつかの情報を読み取ろうとします。

初対面の場合は特にそうです。

 

いつまでも、若々しかった20代の頃のファッションや流行にしがみついて

今現在の顔や髪、身体に不釣り合いの場合、

周りが見えていない人なんだなと感じます。

 

そして、怖いところは、他人は服だけでなく、この人はきっと

何をしても周りが見えないのだろう

と人は判断します。

洋服一つ客観視出来ないなら、仕事においても、日常生活でもそうなんだろうと想像します。

 

「自分が好きで着ているのだから、

他人にどう思われようが関係ないのよ!」

 

こう思えて、何にも気にしない人はいいですが、

社会生活を送る上で損をしていることは言うまでもありません。

 

他人がどう見ようと私には関係ないわ!

こういう頑なに自分の意見を変えないところも

おばちゃんと言えるかもしれないですが・・・

もったい無いですよね・・・

痛いアラフォーファッション

他の人に「痛いな」と思われがちなアラフォーファッションの特徴をあげてみます。

①リボンとフリフリ

②甘いピンク

③刺繍

④柄と柄

➄娘と共有

①のリボンとフリフリと②の甘いピンクは、

もう私は25歳くらいで違和感を持ち

最近のタンスの中には一枚もありません。

 

先日、40歳以上の方が集まっている

あるセミナーに行ったときに、

2名ほどリボンがいっぱい表についているピンクセーターと

フリル多めのシャツを着ている方がいました。

50歳近い方だと思いますが、やはり

シンプルな服装の方よりも

逆に歳が目立っていました。

もう少し自分の年齢を生かす服を選択すれば

第一印象も変わってくるのにな・・・と。

残念ながら・・・他人にはこうやって見ている人もいるんですね。

 

そして、この方は

何人かで意見交換になった時に、

「自分はこうだけど、他の人はこうで全然理解してもらえない」

というような自分中心の意見ばかり述べていたのが印象的でしたね。

自分は、自分は、ばかりで他人目線が全く無かったのです。

客観視出来ない服装をしている方は他の場面でも客観視が難しい。

やはり、

その人の考え方や視点は

服装に現れる。

それをすごく実感しましたね。

 

③の刺繍ですが、これってもともと

相当おしゃれでファッションセンスがないと難しいアイテムだと思うんですよ。

職場の年配女性が、刺繍のついたジーンズをはいてくるんですが、

上の服とのバランスを取りずらいし、短いアウターからは刺繍がはみ出て見えてしまうし、

着こなせる人って少ないような・・・。

大人っぽく刺繍アイテムを着こなすって相当難しい。

 

若くてかわいらしい子が着る分にはいいと思うけど・・・

 

かわいい刺繍と自分の年齢の差が出れば出るほど違和感は感じさせやすい。

 

しかも、昔刺繍アイテムがはやったような気が・・・

少し年齢が上の人は今刺繍アイテムを着ると、

時代を感じさせてしまうので要注意。

 

④の柄と柄っていうのも、刺繍同様に

おしゃれなセンスが無いと完全にやぼったくなります。

 

おばちゃんがてきとうにタンスのあったものを着てきたんだぐらいの

やぼったさです。

水玉系、チェック系は特に年齢に合った選び方が大事です。

柄と柄を合わせられるセンスは初めから持ち合わせていないので、

私はしませんけど。

 

➄娘と服を共有しているは、

一番他人を驚かす、やってはいけない事例です。

このケース、

数回街中で出会ったことがありますが、

他人は本当にぎょっとします。

 

前に二人女性が歩いていて、

きっと中学生か高校生の友達同士なんだね

と思っていたら、

振り返ってびっくり。

親子じゃないですか~!

 

膝も肘も出して、

洋服だけでなく、

鞄も中学生が持っていそうなものだったので、

てっきり中学生同士かと・・・。

 

これは、隣にピチピチな若い中学生がいるので、比較してしまうし、

いい年して勘違いしているってこと丸出しになるので、恥ずかしいですよ。

「娘と一緒のお店で購入してて、お互い服の貸し借りしてるの」

なんていうアラフォーの方がいたら、

それ自慢じゃなくて、周りは引いている可能性があります。

 

特に、体重やサイズ自体は昔と変わっていない女性の方が要注意です。

例え、同じサイズが着れたとしても、ただサイズが同じというだけで、

体のハリや、引き締まり具合、乾燥具合など細かな部分は全く違うし、

周りは違和感感じます。

昔の服が着れちゃうのと思っても、要注意です。

 

私と一緒にいた友達も顔を見合わせ、かなりびっくりしていたので、

そう感じる人ってかなりいると思いますよ。

 

もう、このケース、娘さんにおかあさんを注意してくれと願ってしまう・・・

周りを引かせるし、驚くのでやめたほうがいいでしょう。

アラフォーの服の断捨離は客観視を忘れない

「断捨離は自分が気に入っているものだけを残そう」

それだけを基準にすると、

歳を受け入れられない、自分が見えない状態の人だと

今の自分に合っていない服も残して

着続けるでしょう。

 

何でもカバーできる若さが無くなっていく現実を

受け入れて、

アラフォーの服の断捨離には

客観視する

って基準が大切です。

客観視した上での自分に似合うファッションが出来るアラフォー女性は素敵だと思います。

 

自分を見つめたうえで、

若作りではなく、

昔にしがみつくのではなく、

今の年齢を生かした大人の女性を目指したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日用品
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事