身軽になるためにやめた&捨てた4つのこと すべては自分基準で決めよう

SPONSORED LINK

身軽になりたいですよね~

心も体も。

あ~軽くなりたい。

身軽になって、

自分にとって大事なものだけに囲まれて

ついでにお金もいつの間にか溜まってて、

いつもご機嫌でいたいですよね。

他人がどうとか、

みんなはそうだからとか

もうさ、どうでもいいじゃん。

全ては、自分基準!自分軸!

こちらもおすすめ記事です▼

生活の質は落とさずに少ないもので身軽に暮らしたいミニマリストがやめて良かった3つのことをご紹介





スポンサーリンク
スポンサーリンク

身軽な生活のためにやめた、捨てた、変えた 4つのこと

まだ身軽になるために、自分と向き合っている最中ですが、

すでに断捨離したことを紹介します。

市販トイレ洗剤と消臭スプレーはやめた

うちのトイレには、結婚当初から

市販のトイレ洗剤と消臭スプレーは必ず二本置いていました。

わりと便器はこまめにブラシで磨くので、

そこまで汚れることもないけど、

洗剤が無くなれば、必ず何にも考えずに自動的に買ってましたね。

とにかく、軽い汚れと、匂いが解消されればいい。

これだけを解決させるために、

いまは、手作りスプレーで対応。

一つも困ったことはないです。

手作りスプレーは、服や布の消臭スプレーと基本同じです。

水と無水エタノールと重曹とハッカ油です。

トイレなので、ハッカ油は多めに入れます。

掃除してると、さわやかな香りは広がって気持ちいいんですよ。

この手作りスプレーで、汚れも匂いもダブルで解決です。

トースターは捨てた

今まで、トースターで食パンを焼いてましたが、

これは断捨離しました。

食パンをトースターで焼くと、

だいだいマーガリンやジャムで食べますが、

マーガリンもジャムも体にいいもんじゃないなと思ったから・・・

マーガリンのトランス脂肪酸の危険性はずっと言われてきているし、

カロリーは高いし、糖分たっぷりだしね。

この習慣を止めるには、

トースターと言う物を断捨離するしかない。

でも、食パンは食べたいので、

家が選択したものは、ホットサンドメーカーです。

最近、ポップアップトースターを断捨離しました。 数年前に見た目に惚れて購入したこちらです。 ポップアップ...

もうね、これ最高

買って良かった家電上位に確実に入りますよ。

食パンだけでは取れない栄養素も取りやすくなりましたよ。

チーズとハムだけで美味サンドが出来上がるし、

きゅうりやレタスなどの野菜も手軽に取れるし、

夕飯残りのカレーとチーズでカレーサンドなんてのも出来ちゃう。

パンを焼く家電として、

なぜトースターではなく、

ホットサンドメーカーは主力にならないのだろうかと

疑問に思うほど、めちゃくちゃ快適でいいです。

安い靴は買わない

いままで、安い靴ばかり買って、

いろんなタイプで靴をかかえていることが安心でした。

この服には、これ、あの服にはこれ・・・てな感じで。

でも安い靴で歩いて、

腰痛を悪化させて、

心から靴の重要性がわかった・・・

アラフォーの身体には靴、重要!

もう一回言います。

アラフォーの身体には靴、重要なのです。

安い靴を沢山所持してましたが、今回腰痛で病院通いになったのをきっかけに見直すことにしました。「靴だけはいいものを」その理由とは。

靴一つがアラフォーの健康に大きな影響を与えます。

歳をとればとるほど、身体を支える靴は

よく考えて買ったほうがいいと身をもってわかりましたね。

マニキュアをやめた

基本、ずぼらなので、

マニキュア塗るのもめんどくさいなと思ってはいたんだけど、

なかなか捨てられずにいたんですよね。

でもみんな塗っているし、私も地爪じゃ恥ずかしいなんて思っていました。

でも、よく考えたら、

塗るのも嫌いだし、

取るのも嫌い。

匂いも嫌い。

「あっ、わたし、マニキュア嫌いじゃーん」

気が付いたんです。

なんで嫌いなのにやってるのかわけわからないですよね。

ってなわけで、全部断捨離しました。

一つだけ今気になっているものはあるんだけど・・・、

これね。

はがせるマニキュアってやつ。

多分これも

面倒だなって思って

結局嫌になると思うんで買わないでいるけど、

このマニキュアは結構人気みたいですね。

おわりに

当たり前と思っていたこと、

それってただの思い込みかもしれないです。

その一つ一つが、自分に負担をかけて、

お金や時間も無駄にしているかもと疑ってみるのが大切です。

周りを基準にしていると、

あれもこれも買わないと、揃えないと、やらないとって

自分を苦しめることになります。

もう習慣になってしまっているから、

なかなか変えるのは難しいかもしれないですが、

ゆっくり自分軸で考えながら向き合い続けていきます。

SPONSORED LINK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク