8割の服を捨てて気が付いたこと お金を使い果たしていた私の変化

Sponsored Links

私は、小さいころ自分自身が気に入った服を購入というよりは、

親に迷惑が掛からない様に

ある程度安い服を指さし、「これがいい」と言って買ってもらうような子でした。

本当は、他の服がいいけれど、それは高い。

子供ながらにわかっていて親に気を遣っていたんですよね。

おしゃれでレースがついているような服を着ている友達には劣等感も感じていました。

そんな私が大人になり、小さいころ出来なかった

思い切り好きな服を買うという行為にひたすら走るようになるのです。

今日の記事は服をなかなか減らせない方、服にお金をじゃんじゃん使ってしまう方の参考になるといいなと思います。

アラフォーの痛いファッションは即捨てる!アラフォーは客観視が必要!アラフォーは「気に入っている服を残す」だけではなくアラフォーの痛いファッションにならないためにも「客観視」も必要です。

img src=”puppy.jpg” alt=”服を買うのをやめられない”




スポンサーリンク
スポンサーリンク

8割の服を捨てて気が付いたこと お金を使い果たしていた私の変化

買い物したくてたまらない

働くようになりお給料が出るようになると、

毎週のようにデパートで買い物へ行く暮らしが始まりました。

そこに彼氏ができるとそれに拍車もがかかりましたね。

常に服のことを考えていた浪費家の20代

Sponsored Links

お給料だって手取り14万くらいの実家暮らし。

実家に3万いれると、あと自分で払っていたのは携帯代1万。

10万は自分の好きなことにお金を使い切ってました。

貯金とか言う概念はまったくなく

どこかにまずいなと感じつつも(親に罪悪感を感じていたかも)

いい服、良い靴、いい化粧品など何でも手に入れないと気が済まないかったんです。

特に服の買い物はひどかった!!

一番記憶に残っているのは、

バーバリーの40000円のスカートに、25000円のニットの購入。

上下合わせて150000円のスーツ←着る機会無いのに・・・

あ~意味不明!!!あ~もったいない。

ボトムを購入すれば、上の服も欲しくなり、

鞄を購入すればそれに合う靴も欲しくなる。

欲しくなるというより、

買わなくてはいけない、買わなくちゃ!

みたいな心理なんです。

私、昔から完璧主義なところがあって、こんなところにも完璧を求めてしまうんですね。

全身完璧でないと(自分の中での完璧ですよ)、

釣り合わないから、買うべきなんだと思っていたんですね。

いまだに記憶に残っていてたまに風景が浮かぶんですが・・・

ATMの前で悩んでいる自分。

銀行のATMの前で残金85000円という表示を見ているのに、

50000円のコートを買おうか真剣に考えていたこと。

とんでもないアホですよね。

20代、こんな感じで服と服を買うお金のことそればかり考えて過ごしていました。

今となっては、もっと旅行にいったり勉強やセミナーに行ってみたり、

自分の中身を磨けば良かったなんて思いますけどね。

自分ではどうにもならなかったのです。

もちろん、貯金はほとんどありませんでした。

ミニマリストに衝撃を受けた

Sponsored Links

20代後半に彼氏と別れたことをきっかけに、

30歳なったころから、

「こりゃ、まずいぞ!お金がない」と気が付くのです(遅すぎです)

もう時は戻らない。

これから貯金を頑張るしかないと気持ちを入れ替えたつもりなのですが、

どうにもこうにも買い物癖が抜けない!

20代よりは浪費が減ったとはいえ、服は買い続けていました。

精神的に不安定になると洋服を買い、

気分が乗ってると洋服を買い・・・どっちにしても買っているという状態でした。

ミニマリストのブログを読み漁ってあこがれを抱いた

シンプルな暮らしがしてみたいなといろんなブログを読んでいたところ、

出会ったミニマリスト

その人にとっての心地よい必要最低限の荷物で生活している方々。

ほとんど荷物が無く、着心地のいい数枚の服を着こなしている方々。

かなりの衝撃と感動、そしてあこがれを抱いたんです。

がらりとした部屋。

スーツケース一つで引っ越せそうなくらいの身軽さ。

少しずつでもいい、私もこんな生活をして、

身軽に生きていきたい。

毎日服のことで頭がいっぱいなんて嫌。

せっかく働いて得たお金を後悔するような使い方をしたくない。

img src=”puppy.jpg” alt=”服を買うのをやめられない”

ついに8割の服を捨てた!

今までの過去を捨てるように、クローゼットにパンパンに入っている服は、

あまり深く考えない様にどんどんゴミ袋に詰め込みました。

最近着ている気に入っている服はよけて、それ以外全部です。

色々一点ずつときめくかときめかないかなんて考えていたら、

いつまでたっても手放せません。

生まれ変わりたい!!変わりたい!!

そんなことを繰り返し頭の中で考えていたと思います。

今まで手放した服は150着以上あります。

だいたい8割の服を手放しました。

結構高い服もたくさん購入していましたが、

平均8000円くらいだとして、

8000円×150着=120万!!!ですよ・・・

やっぱりアホです・・・

もったいないことしました。

本当に着つぶすまで着るか問いかける

8割服を減らしてから、今はというとその当時とほとんど服の在庫数は変わりません。

減らした状態で維持できています。

具体的な数は決めてはいないのですが、

クローゼットにこの間隔で服が入る程度が私の適量

とゆるいですが決めています。

着つぶすまで着て、もし補充が必要なら買うし、

補充しなくても他の服で十分と感じるのであれば、買いません。

今も、本当に気に入れば高い服も買います。

GUなどでも買います。

でも、安かろうがかなりめんどくさいくらい真剣に考えて買います。

本当に着つぶすまで大切に着れるの?

この服が無いと生活で困るのか?

どれだけの服とコーディネートできるの?

いろんな聞き方を自分に対してします。

めんどうな女ですが、これが効果てきめん。

あとは捨てたものの金額を思い出します。

「あなたは、服で120万を捨てた女よ~」と。

もの全体に対する気持ちも変化

服も購入していましたが、化粧品や雑貨、小物なども気に入ったら絶対に手に入れたいと考えてしまう人間でしたが、服を減らしたとたん、そういったものもどんどんミニマムになっていきました。

選び方は服同様、ずっと大切にできるのか?

買ったら、お手入れ、掃除そういった面倒なこともしていけるのか?

物に対しても、持っているお金に対しても、

大切に考えられるようになりました。

旅行用折りたたみバッグなら「ハピタス」一択ですよ。メイドインジャパンでおしゃれで便利なバッグをお探しの方必見!

まとめ

20代、やっと自由なお金を手に入れてほしいもの、興味をもつものもたくさんあって、

買い物ばかりしてしまう・・・

でも心のどこかで買い物から離れたいと思っている人がいるかもしれないですね。

ぜひ、服のミニマム化に挑戦してみてください。

それから、ミニマリストのブログを読むことおすすめします。

買いたい、欲しいという衝動や物への執着が

静かになっていくのがわかります。

多くのものを持っていると、

その場の人間を惑わし、自分を見失わせます。

必要なものってそんなに多くはないんですね。

浪費から抜け出すことができたので、ミニマリストさんたちに感謝です。

あと、できれば20代から少しでいいのでお金をためておくと30代楽ですよ。

貯金があると、したいことに出会ったときに躊躇なく進めます。

私のようにならないでね。

物欲がやばい人必見!お金がないのに買い物する心理と11の対策(実体験)お金がないのに買い物してしまう人、物欲がやばい人必見!買い物が止まらない心理と私が実際した対策をまとめました。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク