ティーポットの断捨離!100均で購入したミニマムなお茶グッツ

SPONSORED LINK

こんばんは~。

一日疲れましたね。

今はユーチューブの癒し音楽をかけて

緑茶のティータイムです。

やっぱり、緑茶っていいですよ。ほっとする。

若いころは緑茶の良さなんてさっぱりわからなかったけどね、

歳を重ねるとわかってくることもあるんですね。

歳を重ねることは悪いことじゃないね~。

でもね、私、丁寧な暮らしが出来ないので、

おしゃれな急須やティーポットでゆったり入れれないんです。

以前は持ってましたが、断捨離しました。

でもね、急須の代わりのいいもの100均で見つけてから

それを使って緑茶タイム、満喫してます。

今日はそんな便利なグッツを紹介しますね。

(これは私ではないです(^^))



スポンサーリンク
スポンサーリンク

急須やティーポットは断捨離

先ほど書いたように、私は急須やティーポットで丁寧にお茶を入れて、

ゆったりその時間を楽しむとかできない性格。

急須にお湯を注ぎ、「早く早く~」と待っていられない。

そして、中途半端にお湯を急須内に残すので、

次に入れるとき濃くなりすぎたり、

そもそも茶葉が適量なのかもよくわからない。

そして、一番嫌いなのが、

急須やティーポットを洗うこと。

茶葉を取り除き、

蓋、本体、網をそれぞれ洗う。

網目に入り込んでる茶葉をとるの、めんどくさい~っていつも思っていました。

そして、乾きにくく、保管は意外と場所をとる。

3回ほどおしゃれな急須買いましたが、

割ってしまうこともあったし、断捨離してしまいました。

お茶パックで代用する

急須の代わりにお茶パックを買って、そこにお茶を摘めて

一つ一つティーバックを作る作戦?に変更。

こういうのね。

ティーバックは一気に作っておいてあるので、

飲みたいって時には、

お茶自体すぐに飲めてよかったですよ。

手軽なので。

でも、やはり、お茶パックに詰めるって面倒なんですよ。

テーブルの上に細かい茶葉は落ちてしまうし、結構大変。

それから、お茶パックの紙を通して飲むのがあまり好きではなく、

これも結局断念。

なんとかならないか、でも持ち物は増やしたくないし・・・

なんて思っていた時に、いいものに出会いました。

100均のトング式茶こしが便利すぎる

茶こしだけで生活してみようかなと思い、

取り合えず100均へ。

始めは、こんな感じ⇩のを買おうかなと思ってたんですがね・・・


こんなの見つけちゃいましたよ。

トング式茶こし!!

開閉するので、中に茶葉を入れてこして飲みます。

私はワッツっていう100均で見つけましたが、他の100均にもあるかもしれません。

アマゾンに似ているのあったので、こんな形のです。

へえ~、これならマグカップにつけておけば、お茶の出来上がりだね。

しかも、場所もとらないし、最高じゃん、ってことで

即買いしましたよ。

トング式茶こしでお茶を入れる

ティースプーン一杯の茶葉をトング式茶こしに入れて、

マグカップ2杯以上はいけます。

茶葉をトング式茶こしに入れて、それをマグに差し込んで、

そこにお湯を注いで、そのままにしておけばお茶が出来てるので

なんとも便利。

普通の茶こしじゃ、お茶が出るまで茶こしを持っていないとならないですからね。

ここ、重要です。

朝の忙しい時にその場から離れられるっていいです。

お茶の出方もちょうどいいです。

これは、100円でいい買い物しました。

トング式茶こしは片付けが楽ちん

片付け、すごく楽ですよ。

あっという間ですよ。

まずですね、トング式茶こしを流しに持って行って、

マラカスのようにフリフリします。

フリフリフリフリってすると、

こんな感じで茶葉が団子のようにまとまる~!

今回は、写真のためにお皿に出しましたが、

トング式茶こしをふりふりして茶葉を団子状にしたら、

トング式を開けて、生ゴミ入れにパッと入れるだけで、

めんどうな茶葉の片付け終了~。

ねっ、便利でしょ。

しかも、あとは、トング式茶こしを水でサッと洗えば綺麗になります。

そして、箸立てとかに立てて置けば乾きます。

100均で買って良かったものナンバー1

このトング式茶こしは、100均で買って良かったもの№1です。

急須やティーポットのときより、

緑茶タイムは明らかに増えました。

片付けのストレスも無くてすごくいいです。

ただ、ひとつだけ、

トングを開けるときに指の力が要ります。

トングがしっかり閉まらないと茶葉が出てしまうからなのか、

バネの力があるので、そこだけは注意かな。

年配の方やお子さんは結構、力がいるかもしれません。

もちろん緑茶以外でも、紅茶でもいいですよ。

ミニマムに暮らしたいって方、物を極力持ちたくないって方にも

おススメです。

SPONSORED LINK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク