500円貯金のやり方!10万以上貯まった500円貯金は最強

SPONSORED LINK

二年前くらいから始めた500玉貯金。

はじめは、なんの目的もなく、

ただ新しいお財布にたくさん小銭を入れたくないって理由だけで始めました。

やり始めると、500円貯金の魅力を感じるようになりました。

 

500円貯金のやり方!10万以上貯まった500円貯金は最強

img src=”puppy.jpg” alt=”人気レザー財布レディース”



500円貯金のやり方と魅力

私は今のところ、2年くらいで10万3000円貯まってました。

 

お財布に500円玉は入っていれば、チャリンと入れる。

またうまく500円玉がおつりで来るようにしてみたりね。

 

写真のお気に入りのイケアの缶に入れて貯めていますが、

500円玉貯金はずっしりと貯まっていく感覚を実感として感じる事ができます。

すごく重いですよ。

どんどん貯まっていくたびに重みを増して来る・・・

これは、通帳の額面や、お札、普通の貯金では味わえない楽しみがあります。

 

毎月5万貯金しよう!って急に始めるのは大変だと思いますが、

500円があったら入れようなら痛みも伴わずに、気楽にできますよ。

あと、私、500円玉のフォルムが大好きなんですよね。

500円玉、お財布の中でも存在感があるお金だと思うんです。

重くて、大きくてね、目立つ!

500円貯金はゲーム感覚で貯める

500円玉でお釣りが返ってくるように、

頭を使って買い物をすることで、ゲーム感覚で貯めることができます。

いくらだせば、500円玉をより多く得ることができるのかミッションにする。

レジでの支払い金額を工夫する。

また、買い物の際に500円を残すことを意識すると余計なものを買わなくなったり・・・

ゲーム感覚で取り組むことで、自然と貯まっていくのです。

500円を貯めることで、貯まる体質に自然となっていきますね。

10万円を貯めるには

私は2年で10万超えましたが、

10万貯めようと思ったらどのくらいのペースで貯めればいいのか?

 

1年で10万円貯めるぞーとやる気満々な方だと、

10万÷12=8333円なので、1か月約8500円。

 

私は緩ーくやってきたので、1か月8500円分も500円貯めるのは難しそうに思えますが、出来ちゃう人は出来ちゃうんでしょうね^^

500円貯金でピアノまで購入した野際陽子さん

数年前に、野際陽子さんが、

「500円硬貨が、初めて発行された1982年4月から、これまでに使ったのはせいぜい20枚くらいだと思うんです。今日まで33年間、貯金し続けています」

と発言していたものを見たことがあります。

500円玉を手にしたら、とにかくその中に入れるそうです。

私と同じ方式ですね。

 

最初はとくに目標や目的があったわけでもなく、

なんとなく始めたそうだが、いつの間にか習慣になったというところも同じ。

 

それから、銀行では500円玉だけの預金通帳を作り、他の預金とは厳然と区別して、

入金専用にするそうです。

これ、いいアイデアだと思います!!!

 

しかも、おろしたのは1度だけで、300万円まで貯まったところで、

自分のために念願のグランドピアノを買ったんですと!!

 

500円玉を塵というには、ちょっと抵抗があるけれど、

まさに“塵も積もれば山となる”です。

小銭も貯められない人は大きな貯金なんてできない!

500円貯金の目的を持つこと

家は、新婚旅行にも行っていないし、二人で海外にいったことがありません。

旦那にしては海外が一度もありません。

500円貯金でハワイに行くというのが目標です。

実際にやって振り返ってみると長く続けるには、私は、ガツガツやるより、楽しみながら、

適度なユルさがポイントのように思います。

貯金箱は愛着のあるもの

500円玉貯金のためにはじめは専用貯金箱を購入しようかなって思ったんですが、

1000円の貯金箱買うくらいなら、

缶や瓶に500円玉2枚入れたいというビンボー根性で購入はしませんでした。

 

今、かわいいジャムの瓶や紅茶の缶など再利用できるものはたくさんあります。

 

私はたまたま気にって持っていたイケアの缶にしましたが、

一つ言えるのは、

愛着のわくものにしたほうがいいですよ。

長いお付き合いになりますしね。

 

あとは、中身が見えないもののほうが向いています。

いくら貯まったのかのワクワク感が全然違うのと、

透明で中身が見えていてなかなか貯まらなかったりすると

モチベーションが下がります。

 

また、ちょっとお金がない時に、視界に500円玉が見えてしまうと、

ちょっとだけ使っちゃおうって誘惑されますよ^^私だけかもですが・・・

 

それでも、モチベーション上げるためには初期投資が必要、形から入るのだ!

という方にはこちらの貯金箱が人気のようですよ。

500円玉1個からできる「貯金の旅」が楽しめるそうです。

500円玉をこの本で貯めながら訪れるのは、

全国の絶景、温泉、グルメ、文化、おもしろ、不思議、穴場スポットなど。

 

ページの穴に500円玉を1枚はめるたびに、隣の町、次の見所へと貯金の旅が進んでいきます。日本一周すると、本の中には10万円貯まっているという楽しい貯金本です。

500円貯金を家族の楽しみにする

家は旦那にも話をしているので、

たまに二人で貯金箱の貯まり具合を確認します。

今回、旦那にいくらになっていると思う?ってきくと、

5万くらい言っていましたが、10万と聞いてびっくり、嬉しそうでした。

ハワイまで、あとどのくらいかな・・・

なんて考えたり。

なんとなく始めた500円貯金がシンプル生活の中の夫婦の楽しみに

いつのまにかなっていました。

 

認知症予防にもなる

ニュースで見たのですが、

認知症の人は買い物時に大きなお金で払う傾向があるそうなんです。

年をとり、計算が苦手になってくると、

108円とか216円のものを買うのでも千円札、一万円札をパッと1枚出す。

確かに楽ですよね…。

 

日常何気にやっているお金を出し入れすることにもそんな傾向があるなんて!!

ニュースをみて驚きました。

日常のスーパーでの買い物で、

合計金額で500円玉のお釣りがもらえるように考える。

支払いが1750円だったら、2250円を出す。

そして500円玉のお釣りをもらう。

これって、500円貯まる上に、自分のためにも大切なんじゃ!

 

もちろん、レジが行列になっている場合は500円のおつりにするには・・・

なんて時間をかけて考えるのは辞めたほうがいいですが、

レジ前でこうした計算をサッと瞬時にすることは脳にはいいんですね。

 

 

何事も楽しみながら続けるのが大切。

500円貯金なんてチビチビしたことなんてしたくないって方もやってみたら意外とはまるかもですよ^^