ローンをしてまで家を買わない理由とは?長期ローンのデメリット

SPONSORED LINK

あれだけ買い物をして、お金を使って、物を増やしてきた私。

断捨離を数年してきて強く感じるのは、

「物に一生ものなんてない」ってこと。

結局は、物は、人がつくったものだから、当然、いつかは壊れるし、朽ちるし、捨ててしまえば焼けて灰になってしまいます。

大きな震災や自然災害が来れば、今日できた新築の家もその日のうちに壊れるかもしれない。

そういった物にいろんな会社や人が関われば、物そのものの価値以上に価格は上乗せされて

一生懸命働いてきたお金を支払うことになります。

「これ、30万円したんだ~」なんて自慢したって、

物自体の価値は10万程度、あとは製造した会社に支払うお金、

そのお店の家賃やら従業員の給料、包装代、ブランドの名前代、輸送費全て入っての価格です。30万の価値はありません。

払ったお金がその物自体の価値ではないんです。

人生で一番大きな買い物は、マイホームと言われています。

今、うちはほどよくボロい(レトロな)賃貸アパートです。

それでも、断捨離して少ないもので暮らすようになり、

そういった物の価値を考えるようになってから、

やはり私は30年とか35年ローンなどの長期ローンしてまで家は買わないなと思うのです。

以前書いた記事もぜひ読んでみてください。

家賃がもったいないから家を買う!その家にそこまでの価値があるの?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローンをしてまで家を買わない理由とは?長期ローンのデメリット

今、手元に余るほどの貯金があるよって方なら、

どんどんマイホーム買っても全然いいと思うのです。

マイホームを買うこと自体がダメではないです。

でも、日々電気をこまめに消したり、食費を削ったりして、数百円、数十円節約するのに、

家に関してだけは当然のように長期ローンを組むのってなぜだろうとほんと不思議に思うんです。

30年ローンや35年ローンくらいなら、普通に組みますよね。

50年ローンなんておったまげる長期ローンもあります。

ここまでくると、身の丈超えすぎ!分不相応ですよ。

大変な思いをしてもらったお金を捨ててもいい感覚でいるならいいと思うんですが・・・

今の仕事が35年後にあるとは限らない

スーパーのレジひとつとってみても、今どこのお店もセルフレジが増えましたね。

私の知り合いはスーパー経営しているので、話をきいたところ、

レジ担当の人数は10年前に比べて3分の1に減っているそうで、

あと数年したらサービスカウンターに一人いてあとは全部セルフかもよ~なんて言ってました。

一般事務だって、入力だけならAIが全部こなすだろうし、病院会計もボタン一つで出来るかもしれないし、ロボットだけのホテルがあるくらだからフロント業務もなくなりそうだし・・・

あれほどの大企業(シャープや東芝)の社員だって、まさか30年前には自分がリストラされたり、会社が縮小されるなんて夢にも思わなかったでしょう。

私がいた会社も倒産しましたが、40代後半であと25年ローンが残っている男性社員もいました。入社当時は、公務員同様の待遇だと聞いていたようですが、そんな待遇はいつのまにか無くなり、最後は倒産。

年齢もあり就職先はなく、家を売ろうか考えているそうです。

こういった世の中の変化は、これからさらにスピードアップして起こるのは確実なのに、

過去の産物、経済成長期にできた長期ローン制度を今だ変わらず利用するなんて危険すぎます。

「結婚したら家を建てるのがあたりまえ」今まで親世代が当たり前だとやってきたことは経済成長期だったからできたこと。

時代に合わせて自分の考えを柔軟にしてよく考えないと、数十年後に頭を抱えてお金に悩むことになります。

病気、災害などの不測の事態

今は元気でも、いつ病気になるかわかりません。

今が元気だから、実感わかないかもしれませんが、

40代にはいると突然健康診断にも引っかかり始めます、これほんとです。

20代後半で35年ローンを組み、生活がギリギリの状態なのに、

15年後くらいから常備薬や増え、検査代やら医療費もなにかと増えていく。

働けてるならまだいいですが、病気で長期入院もあるかもしれません。

災害だって、年中日本各地で起きています。

大雨の土砂崩れで一瞬で壊れてしまう家や地震で崩れた家などテレビで見ていると、

切なく苦しくなります。

人が作ったものなんて、自然にはどうしたっても敵いません。

地球の温暖化で、海水面は上昇、世界中各地で異変が起きているし、

日本はまるで亜熱帯気候になってしまったんではと思うほどの気候になったり、

ヒョウが降ったり、ゲリラ豪雨があちらこちらで起きたり。

おおげさかもしれないですが、今日35年長期ローンを組んで建てた家が、もしかしたら今日壊れてしまうこともある?なんて思いながら、私は家は建てられないです。

他にも、急な転勤があったり、親の介護がはじまったり、就職した子供が就職できないかもしれないし、仕事をやめて親のすねをかじることになったり、近所とうまくいかなくなったり、不動産価値がおちたり、35年やら50年後の想像もつかないのにそんな長期ローンをしてまで家は建てられないです。

なぜ家には長期ローンが組めるのだろう

なぜ、細かな節約はするのに、その家の価値以上のお金を不動産会社や銀行に払うことができるのだろうと不思議に思います。

クレジットカードのリボ払いなんて損だから絶対しちゃだめと私に言っていた元上司も、

35年ローンで苦しんでいます。

普段の買い物のリボ払いなんかより、マイホームローンの方がよっぽどリスクがあるのに。

私より10歳くらい上の上司なので、バブル世代。

なんでもいいもの?(値段が高いもの)にこだわり、買わないという選択肢はないらしい。

でももう、時代も環境も変化しています。

長期ローンしてマイホームを買うのが当たり前って感覚から抜け出す時なんではないかなと思うのです。

不動産会社、銀行に洗脳されない

素敵な家族を描いたマイホームのCM、キラキラしたモデルハウス。

全部幻想です。

不動産会社や銀行は、素敵な未来を想像し描かせて、その家の価値以上のお金を借金で買わせ、金利をとり稼ぐ商売だから。

4000万のローンで買った不動産には、買った一瞬しかその価値はないのです。

10年経ったら、価値は半減します。

不動産会社や銀行が、本当に4000万の価値があると思って4000万貸してくれたのなら、もしお金が返せなくなった場合はその不動産を担保にして明け渡しますという契約が出来るはずです。

でもそんな契約なんてしてくれるはずはありません。

10年後には2000万の価値しかないのを知って4000万借金させているので。

結局、払えなくなって不動産を手放しても、大きな借金がのこることになるのです。

長期ローンで家は買わない

やはり、私には長期ローンで家を買うことにはメリットがありません。

できれば、ローン無しで現金で買いたい。

一生ものではない家に対して、特に新築とか部屋数とかこだわりはないので、

できればローンを組みたくないです。

早期返済していくからって方もいますが、利子総額考えたことありますか?

35年ローンを早期返済をして20年返すぐらいなら、はじめから20年ローンを組めばいい話です。なぜ余計なお金を銀行に払うのか疑問です。

やっぱり私には・・・10年以上のローンは分不相応です。

これからしっかり現金を貯めて、資産を増やしていこうと思います。

★初心者にもいいほったらかし投資 ウエルスナビの記事はこちら

私はSBI証券からウエルスナビ投資をしています。

SBI証券を開設してみる

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク