ロックダウンに備える備蓄リスト30選!主婦目線で厳選

SPONSORED LINK

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。

いつまで続くかわからない不安、ウイルスという見えない敵との闘いに疲れ切っている方もいるでしょう。

そんな矢先、志村けんさんの訃報・・・。

仕事も手につかないほどショックを受けた方も多いでしょう。

私も訃報を聞いた日は、油断すると涙が出てくるような精神状態になってしまいました。

 

しかし、これが現実なんですよね。

なんとなく自分とは関係ないと思っていた方も、ウイルスの怖さ、驚異を身近に感じているはずです。

各都道府県では、外出自粛等の要請が次々と出されています。

➡【参考】NHK外出自粛各地の呼びかけ

外出自粛報道が出されると、必ず起こるのがスーパー等の買い占め行動です。

外国諸国を見ても、日用品や食品などの必需品は買えるような対策を打っています。

この先、日本でも「ロックダウン」が起こるとしても、

このあたりの対策を打つはずですから、必要以上の買い占めは必要ありません。

 

一人暮らしの高齢者の方、車等の足がなく遠くまで買いに行けない方、病気や障害を持っている方など、生活弱者の方は特に、物が買えないというだけで心細いはずですから・・・。

不必要な買い占めは厳禁です。

 

ロックダウンに備える備蓄リスト30選!主婦目線で厳選

 

以前、このようなツイートをしました。

万が一、新型コロナウイルスの影響でロックダウンする場合、他の災害とは異なる点。

「電気・ガス・水道は止まらない」という点。

そして、「最後は自分の免疫が自分を守ってくれる」という点。

今回の敵は、ウイルスです。

このあたりも意識を置いた備蓄品を厳選します。

今回は、免疫力を落とすような食事・備蓄では本来意味が無いんです。

ロックダウン(災害)に備える備蓄リスト【食料品編】

ロックダウン・災害に備える備蓄品、まずは食料編です。

ミネラルウォーター

水は災害時欠かせないものですが、今回のコロナウイルスに関しては水道水でも十分対応できます。

私は、ローリングストックでミネラルウォーターを2ケースほど常備していますが、

普段は主に水道水も飲んだり、料理に使用したりもしています。

普段から、ちょっとした浄水器を付けておくと水道水も美味しく飲めます。

created by Rinker
クリタック
¥1,009(2020/05/28 16:30:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

お米

レトルトのご飯もいいですが、外出自粛で気持ちが落ち込むことが多い今回、

おいしいホカホカのご飯を炊いて食べましょう!

 

イモ類(じゃがいも)・ニンジン・玉ねぎ

冷蔵庫の中に入れておかなくても長持ちするジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ。

栄養面、使い道の多さでもかなり優秀な備蓄品です。

ジャガイモをラップで巻いてチンするだけでも、十分腹持ちののいい食事になります。

 

キノコ類

img src=”puppy.jpg” alt=”ロックダウン備蓄品”

シイタケ、えのき、まいたけ、シメジなどのキノコ類は、ジップパックに入れて冷凍しておきましょう。

うちでも安いジップパックに入れてキノコミックスを備蓄してあります。

魚肉ソーセージ

img src=”puppy.jpg” alt=”ロックダウン備蓄品”

魚肉ソーセージは、普段からローリングストックしています。

安い、栄養もある、手軽にそのまま食べられる、おやつになる、料理にも使える、冷蔵庫保存不要と備蓄品としてかなり汎用性が高いです。

created by Rinker
¥1,382(2020/05/29 09:18:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

豆乳

img src=”puppy.jpg” alt=”ロックダウン備蓄品”

タンパク質たっぷりの豆乳。

常温保存OK、しかも賞味期限が長いので、備蓄品におすすめです。

最近はいろんな味の豆乳も出ているので、飽きずに栄養が取れるのもいいですね。

豆類

 

img src=”puppy.jpg” alt=”ロックダウン備蓄品”

 

冷凍のサラダ豆(左)、常温保存可能な豆類(右)も備蓄品として便利です。

普段からおかずを一品増やしたい時に使えますし、スープを作る時にも使える豆類は、

備蓄品としても栄養面でも優秀です。

乾燥豆もありますよ。

即席スープ

あったかいスープは、心も体も温めてくれます。

お湯さえあれば簡単に作れる即席スープは備蓄品として必須です。

春雨、味噌汁、コーンスープ、トマトスープなど種類も豊富なので、普段からローリングストックしておくといいですよ。

既製の即席スープが無くても、乾燥ワカメとコンソメがあれば簡単にカップスープが作れます。

 

インスタント麺

カップラーメンも備蓄品としていいですが、

カップ麺に比べて、コスパもいい、具を追加しやすい、置き場所も取らないインスタント麺は便利です。

 

乾麺

ラーメン以外にも、いろんな乾麺があります。

そうめん、蕎麦、うどん、パスタなどいくつか常備しておくといいでしょう。

乾麺と合わせて、めんつゆもあると便利です。

created by Rinker
¥1,382(2020/05/28 11:06:16時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥493(2020/05/28 10:48:41時点 楽天市場調べ-詳細)

プロセスチーズ

100円程度で買えるプロセスチーズも備蓄品として便利です。

おやつに、食事にも使え、栄養価が高いので、食欲がない時にもいいですよ。

created by Rinker
¥1,177(2020/05/29 09:18:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

レトルト食品

レンジでチンするだけで美味しく満足感が得られるレトルト食品も備蓄品に欠かせません。

うちでは、電気が使えなくなった場合も考え、レンチンが必要なレトルトご飯より、

そのままでも食べられる消化のいい(水分も一緒に取れる)レトルトお粥を多めに備蓄しています。

おかずになるレトルト食品もいくつか備蓄に入れておきましょう。

 

冷凍食品

外出自粛のあと、冷凍食品コーナーに走った方も多かったようで売り切れているスーパーも多かったです。

ロックダウンの場合は、冷蔵庫が使えるので、冷凍食品はいくつかあると便利です。

野菜類、餃子、うどん、チャーハンなど定番商品の種類も豊富ですが、

おすすめは、フルーツ系の冷凍食品。

ビタミンも取れるし、甘味も取れるので、備蓄に一つ入れておくといいですよ。

もし、冷凍食品が売り切れていても焦る必要はありません。

普通に野菜を買ってそれぞれの野菜に合わせ下処理をし、冷凍しておけば同じように保存がききます。

ちなみに納豆も冷凍保存できます。

冷凍後は自然解凍が一番いいですが、急いで貯めたい時には、中のたれ類はだしてレンジで30秒チンすれば食べられます。

 

調味料(特に塩・砂糖・味噌)

地震などの災害と違い、ロックダウンの場合は、電気もガスも水道も使えるのでいつも通り調理できます。

 

調味料のローリングストックは、特に塩・砂糖・味噌は常に常備するように意識しています。

塩さえあれば何でもおいしく食べられますし、味噌は料理の味付けやお湯を足せば味噌汁にも使えます。

他にも、夏の災害時は塩分も不可欠ですし、砂糖はパニック状態を回避するための必須栄養源になりますよ。

こころ
こころ

ほら、ドクターXでも大門未知子が術後のガムシロを一気飲みしますよね?手術で疲れ切った脳に糖分補給しているんですよ。

砂糖は体に悪いと置いていない家もあるかもしれませんが、砂糖、大事です。

非常食の乾パンに氷砂糖が入っているのもそういう理由です。

created by Rinker
カップ印マーケット
¥691(2020/05/28 10:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

缶詰

保存期間が長く、魚などの取りにくい栄養も手軽に取れる缶詰。

こちらもローリングストック必須の保存食です。

ツナ、イワシ、サバ、サンマ、また肉類もコンビーフなどタンパク質がしっかり取れて、かつ経済的な備蓄品です。

created by Rinker
美味しい鯖
¥4,675(2020/05/29 03:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

ドライフルーツ

果物があるといいですが、長く保存がきかないので、ドライフルーツも備蓄品に入れておくといいでしょう。

ミネラルやビタミンをとることができますよ。

ホットケーキミックス

ホットケーキミックスも、砂糖やふくらし粉などが絶妙に配合されていて、調理がしやすく、

非常時に頼れる存在です。

お子さんのいる方は特に重宝する備蓄品です。

created by Rinker
森永製菓
¥2,100(2020/05/28 16:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

普段慣れ親しんでいる味があるのは安心にもつながります。

野菜ジュース

食欲がなくなってしまっても、糖分やビタミン、ミネラルをとることができる野菜ジュースもあるといいですね。

created by Rinker
1日分の野菜
¥3,082(2020/05/28 23:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

昔ながらの伝統保存食:凍り餅や漬物など

昔から食料が不足する時期にそなえ、その地域や家庭に根付いた保存食があります。

例えば、、信州に伝わる「凍り餅」。

凍り餅は、昔から多くの家庭で作られていた保存食で、

お茶うけや離乳食、病気の時の流動食として親しまれてきた伝統ある食品。

 

「戻せば通常のお餅になるの?」と思う方もいるかもしれませんが、

戻すと離乳食として使われるほど柔らかくとろ〜っとしたお餅になります。

 

 

凍り餅以外でも、漬物、干した食品など、自分が住んでいる地域特有の伝統保存食が災害時にも役に立ちます。

 

ロックダウン(災害)に備える備蓄リスト【日用品編】

トイレットペーパー等紙類

つい最近トイレットペーパーのデマで買えなくなってしまったばかりですが、

トイレットペーパーを作っている工場の倉庫には、大量の備蓄があることがわかりましたよね?

一人一人は適量を買っていれば、買えなくなることはありません。

それぞれ、自分の家族の人数を踏まえ適量を備蓄するようにしましょう。

 

こころ
こころ

ドイツでは、トイレットペーパーの必要量、適量を計算するサイトが登場したそうです。

 新型コロナウイルスの影響で自宅にこもる人々が増える中、ドイツで、トイレットペーパーの備蓄が何日もつかを計算してくれるウェブサイト「Blitzrechner.de」が登場した。

このサイトでは、トイレットペーパーの備蓄量と1日にトイレに行く回数を入力するだけで、必要量を持っているかどうかを教えてくれる。1回あたりに拭く回数や家族の人数、外出を控える日数など細目の設定も調整できる。

例えば10ロールの備蓄があるとすると、1日に3回、標準量のトイレットペーパーを使用する人は53日分を有していることになり、新型肺炎の症状があった場合に推奨される14日間の隔離期間よりも39日分の余裕があることになるという。

 

固形石鹸

シャンプー類、洗顔、ボディーソープ、洗濯洗剤、食器洗剤などが無くても、

最低「固形石鹸」があれば代用できます。

今回コロナウイルスは、殺菌系の洗剤を使わなくても、水でもほとんどのウイルスを流すことができるようです。

ですので、固形石鹸でしっかり衛生的にすることが大事かなと考えています。

カウブランド 赤箱 10コ入
カウブランド

 

黒いビニール袋

黒いビニール袋は、目隠しにも使えますし、汚物等を入れることもできますし、防寒、防水用としても使い道が多いです。

最近は、透明のゴミ袋が定番ですが、黒いビニール袋をもっておくのもいいでしょう。

 

生理用品・おむつなど

生理用品や赤ちゃんのおむつ、介護用のおむつなど、このあたりも普段使いしながら在庫を意識して過ごしましょう。

 

ペット用品・ペットフード

人間はまだ我慢できるとしても、言葉が通じないペットの場合、災害時の備蓄がないと困ってしまうことも多いですよね。

普段から、食べ慣れているペットフードが多めに備蓄しておきましょう。

 

ロックダウン(災害)に備える備蓄リスト【熱源編】

電池

自分の持っている懐中電灯などの災害用家電の電池サイズをきちんと確認したうえで電池を保管しておきましょう。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥988(2020/05/28 16:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

カセットコンロとカセットボンベ

昨年も台風被害の停電が続いた記憶もまだ新しいですが・・・

カセットコンロとカセットボンベも準備しておくととても心強いです。

心細くなる災害時、火があるというだけで少し安心するものです。

注意点としては、カセットボンベの使用期限。

カセットボンベの使用期限は、7年となっているメーカーが多いので、

使用期限前には使い切って新しいボンベと入れ替えるようにしましょう。

 

懐中電灯

普段から懐中電灯がしっかり使えるかどうかの確認をすること、そして家族全員が懐中電灯の置き場所を把握しておくようにしましょう。

 

スマホの充電器

災害時、スマホの充電がなくなってしまうことが無いように、スマホ充電器の用意をしておきましょう。

充電式のモバイルバッテリー・ソーラータイプ、乾電池タイプなどいろんなタイプの充電器がありますが、

最近見直されているのが乾電池式。

充電式のモバイルバッテリーの場合、本体に充電された電力を使い切ってしまえば終わりですが、

乾電池式モバイルバッテリーなら、普段から乾電池をストックしておけば、充電ができます。

電池がなくなれば、普段使っている家電から抜き取って使うこともできますし、

災害用支援物資で手に入る可能性もあります。

 

ロックダウン(災害)に備える備蓄リスト【その他】

踏台昇降用ステップ台

ロックダウンや災害等で自宅からなかなか出られないと、運動不足になり、健康にも被害を及ぼします。

そんな時には「踏台昇降用ステップ台」がおすすめです。

どんな年代の方でも適度な運動ができる上、リズミカルに足ふみができるので、気持ちにもいい影響を与えられますよ。

高さも変えられるタイプの踏み台もあります。

 

現金

最近は、キャッシュレスで現金を持っていない方も多いですが、自宅に多少のお札と小銭は常備しておきましょう。

小銭は災害時、公衆電話を使う時に役に立ちます。

電気が止まればキャッシュレスは使えません。

今回のコロナウイルスにおいては、現金受け渡しよりキャッシュレスの方が安全かもしれませんが、多少の現金の保管は必要です。

 

 

ロックダウンに備える備蓄リスト30選!主婦目線で厳選

普段とは違う生活、先が見えない不安で疲れ切っている方も多いかもしれません。

今、コロナウイルスでこのような生活になって、

普段の生活がどれだけ贅沢で恵まれていて自由だったかわかりますね。

 

普段使っている物は本当に全部必要な物なのか?

代用できる物はないか?

 

少し頭を使って、工夫することを考えるいい機会でもあります。

 

コロナウイルス以外でも、日本では毎年必ずどこかで災害が起きてますから・・・

いつも通りの生活を死守するための備蓄ではなく、何もかも揃えなきゃと思うのではなく、

自分の生活に見合った備蓄品を考えてみてくださいね。

 

厚生労働省新型コロナ情報はこちら

 

お家で映画やドラマを無料視聴できるおすすめサービス

>>日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!