焦り、焦燥感に駆られるのはなぜ?その理由を考えてみる

スポンサーリンク

12月年末ですね。

もう今年も一か月きりました。

最近、私は、やることなすこと、スムーズにいかないんことが多いんです。

 

化粧水をつけたつもりがなんとコンタクトの洗浄水を顔にペタペタ”(-“”-)”。

洗濯ハンガーが壊れてしまい、新しく購入し袋を開けたらプラスチック部分が欠けていて、また店に出向くことになったり・・・

ふとんシーツを買えば、シングルではなくダブルを二つ購入し、返送代が余計にかかったり・・・

こんな感じで手間がかかる。時間がかかる。一度で終わらないんです。

 

スポンサーリンク

焦り、焦燥感に駆られるのはなぜ?その理由を考えてみる

img src=”puppy.jpg” alt=”焦り焦燥感の理由”




 

なぜこんなに物事がスムーズに進まないのか?

その原因は、焦り、焦燥感・・・

焦燥感で心ここにあらずなんですね。

 

私は普段から、昔から焦燥感をかんじていることが多いんです。

なんでそんなに焦っているの?と自分でもよくわからない焦りがあって、

問題山積み、やること山積みなような気持ちになっているのです。

 

それでなくても周りがみんな忙しそうなこの年末。

12月の焦燥感が一番ひどいのです。

 

同じような方、いませんか?

 

 

焦燥感にかられるとどうなるのか

仕事でも、家にいても、じっと落ち着いていないと感じることが多い自分。

どんなに、一日一生懸命働いても、資格の勉強してみても、家事をいろいろこなしても、

ホッとできることが少ないです。

「まだこんなんじゃだめだ、自分は頑張れていないよ」

と自分に追い打ちをかけ、

「あれもやらないとね、これもやっておきたいし・・・」

と自分に課題を課す。

でも、そんなこと思っていても、全部なんかできるはずがないのです。

 

そして一日が終わり、結局できなかったとなった時には

焦燥感を感じ、自分を責めてしまうこともあります。

自分をどれだけ追い詰めれば気が済むんでしょう。

 

 

目の前のことをやりながら、頭の中は別の何かを考えている。

別の何かが気になってしまい、目の前のことは中途半端になる。

 

結局、何をやっても、どれからやっても、心ここにあらずで、ただ焦るばかりなのです。

平日は、みっちり一日仕事なので、ほとんど時間がない。

そうなると、土日にやりたいと思うことが山のようにあります。

 

リビングももっとスッキリさせたい。

物をもっと減らしていきたい。

布団の模様替えしたい。

玄関も少し変えたい。

でも趣味の刺し子ももっと進めたい・・・

 

こんな感じに。

なので、土日は何かに追われるように必死に動きます。

でもいつも、私の中では何も「済んでいない」のです。

 

頭ではわかっています。

ひとつずつやればいいってこと。 

 

しかし、その目の前の一つに集中できず、他のことにも手を出す。

心が迷っているから、スムーズにはいかない。

ますます焦る・・・

 

たくさんこなすことや早く済ませることが優れているのではない

うちの旦那は

済まさなければならないことが実際に山ほどある時でも、

まったく焦りません。

 

自分の興味をもったものに集中して、ひとつひとつやっていきます。

常に目の前のもののみです。

 

たとえ、何かトラブルが起きても少しくらいのロスは気にせず進めます。

 

ところが、私は、やりながら迷い、焦りを感じているため、

トラブルが起きた時に、そのロスをとり返すことが心理的に負担になってしまうのです。

そんな私に言いたいことはこれ。

 

日々の生活で大切なのは、

たくさんのことを進めるのではなく。

早く進めることでもない。

ってこと。

 

幼少時代に原因があるのかもしれません

私は、幼少期、母親から

あれをしなさい、これをしなさい、まだこれやっていないでしょ、早くしなさい。

こんなことをよく言われていました。

 

わたしは、母親のこの言葉に答えるために、

一生懸命言われるがままやっていました。

 

正直あまり甘えることもできず、言われたことを早く沢山遂行するために生活していました。

 

もし、私のように常に何かに追われているような気持ちになる方、同じようなこと言われていませんでしたか?

 

もし、上記の言葉を子供にかけていると、もしかしたら大人になって私のような気持ちになる人がいるかもしれません。

 

焦りを感じている方におすすめの本

私のように何かに追われているように感じている方、

焦りを感じている方におすすめの本です。

 

 

自分の心のコンディションによって心に響く言葉が違ってきます。

物事に追われているような気持ちになることがありますが、自分で自分に課しているだけで、

人生で本当にやらなきゃいけないってことは、少ないのかもしれません。

 

ぜひ、年末年始の忙しい時期に、

どっしりゆったり構えていられるように、この本を読んでみてはいかかでしょうか。

 

私は、「ん?なんだか焦りだしたぞ!何かに追われている、落ち着かない」

と気が付いたときにすぐに広げられるほうにカバンにいつも入れています。

お守りのような本です。

おわりに

今日一日で、できたこともあるし、うまく済んだこともあるし、出来ていなかったこともある。

今日は、美容院に行ってカラーもしたし、トリートメントで気になっていたパサパサ感も収まって綺麗になった。

でも、やる予定だったアイロンは出来なかった。

 

人の人生はそれでいいんですよね。

 

今日できなかったことではなく、できたことに目を向けないとですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事広告



悩み
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事