SNSやめた私。自己肯定感があれば薄っぺらい繋がりなんていらない

スポンサーリンク

 

私はもともと自己肯定感が低いので、

他人の目が気になり、HSPなので他人い影響されがちだったんです。

 

もちろん年齢もあると思うんですが、数年前から少しづつですが自分で自分を認める

認めるっていうとなんかすごいことのようですが、

自分に「もう私はこれで十分いいんだよ」と言えるようになってきました。

 

まわりに完全に振り回されていた頃っていうのは、

SNSもいろいろやっていたし、

常にSNSを気にする生活。

ラインをやめたい理由の記事はこちら

 

 

なんとなく心の中で違和感を感じている人とも近づこうと努力をしたり、

時間も労力も無駄に使ってました。

今思えばほんとバカバカしい。

 

そして、今は無職生活。

さらにミニマムな人間関係になっています。

せっかく自分にとってそこまで重要な人じゃない人と会わなくていい環境にいるのだから、

一瞬でも「あっ、嫌だな」と思った誘いは全部断っています。





スポンサーリンク

ネガティブで自己肯定感の低い人といれば似てくる

自分の周りをみてみてください。

 

常にネガティブに考えてる人

何を言っても「でも・・・○○じゃん」と相手も自分も否定するような人

いつも「お金がない、足りない、欲しい」と言っている人

家族(旦那など)の文句ばかり言う人

自分はダメだと常に言っている人

自信が無いことを周りに言っている人

いませんか?

 

そういう人と常に一緒に居たり、SNSで関わりを持ったりしている

確実に同じようなステージの人間になります。

 

もともとが自己肯定感低めの私が常にこういう人といれば、

さらにさらに、確実にもっと自信がなくなり、

全てネガティブに見えてくるでしょうね。

 

属する環境によって自分は作られるわけで、

ネガティブパワー炸裂な方々といれば、多くの影響を受けて

考え方も行動も似てきます。

 

仕事をしていた時、仕事上、常に世の中、自分、他人全てに汚い言葉で文句を言いまくっている人がいたんですが、ほんと迷惑で不快で聞くのも嫌でした。

 

仕事の関わりでしょうがないので、

その人が文句言いまくっているときは、

自分は卵の殻みたいなのに包まれているイメージをして、

本人にネガティブパワーを跳ね返すような感覚で聞き流す方法をとっていました。

 

それでも、文句をたくさん聞かされた日には、

どうしてなのか自分の気分も落ちて、旦那にイライラしてしまうことも多かったです。

 

ね、やっぱりうつってしまうし、似てくるんですよ。

SNSでもおんなじですよ。

 

面倒な「かまってちゃん」はSNSで自分のことを発信し続ける

 

以前、習い事をしているときにいた彼女。

毎日のようにSNSで長文で自分のことを発信し続けていました。

 

その時に彼女のSNSによく出てくる言葉としては、次の通り。

いちいちいちいち入れている頻出言葉ですよ。

 

大好きなA子ちゃんと○○に行ってきました」

大好きなB子ちゃんと大好きなB店にランチに行ってきました」

かわいいB子ちゃんと大好きなお店に行ったよ」

「美味しくって幸せ~、幸せってこんな近くにあるんだね」

 

これ、読んでわかります?

あっ、ちなみに彼女、もう30歳とっくに過ぎています。

 

深層心理としては、

大好きと言った友達に嫌われたくない

その友達に同じように大好きと思われたい

友達に私のことを同じように認めて欲しい

私もかわいいと思われたい

私は本当は幸せではない

 

こんなところでしょう。そこに気が付いていないことにかわいそうになります。

読んでいる他人にはバレバレですよ。

 

SNSあげる暇があれば、本を読んで自分を見つめたほうがいいのではとおせっかいにも思います。

 

結局、他人に認めてもらわないと、

自分で自信が持てない。

自分を認められない。

 

幸せな人はいちいち幸せだの、幸せってここにあるんだねなんて言いませんから!

 

実際、習い事中も、先生にしょっちゅう、

「先生、私のもやってよ」「先生、私の方も見てよ」

まるで幼児かってくらいかまってちゃんでしたから。

 

こういう人の話を聞いたり、

SNSでいいねしてあげたりすることは本当に無駄ですよ。

 

ただただ、他人からの注目が欲しいだけなんです。

こういう人種はSNSに多く生息しています。

SNSをやめることで、こういう幼いステージの人を離れて、

自分の環境を変えることが可能です。

 

人間関係をミニマムに。人間関係断捨離後残ったものは?

 

SNSはやめて、SNSつながりの人と疎遠になり、

実際の生活の中で、違和感を感じていた人は自然と私の周りからいなくなりました。

初めからそこまでのご縁だったのでしょう。

 

無理に引き取めたとしても、お互いとも違和感を感じているのは確実なので、

いつか同じ結果になるでしょう。

 

人といるときの、なんとなく感じる違和感って大抵合っていますよ。

そう、その人とは合わないんです。

 

しかし、不思議なことに、

SNSをやめても、無理な付き合いを私がしなくても、

自分の居心地のいい人が数人ちゃんと私のまわりには残っています

 

人間関係の断捨離をしても、自分と同じステージ、自分と同じ空気を持っている人っていうのは、断捨離されることなく自然に周りに残ります。

安心して大丈夫です。

 

おわりに

SNS辞めたいけど、自分だけ仲間はずれにされたらいやだな・・・とか、

SNSが苦痛でしょうがないのに続けている人がいたら、

そんなのやめても、あなたの人生にはなんにも影響ないですよ。

ノミにさされたくらいの影響しかないです。

 

そもそも、幸せな人はいちいちSNSでアピールしないですよ。

 

日常に満足できていない人、

なにか不安を抱えている人、

自分で自分を満たせないから他人に頼っている人、

こんな人たちばかりが集まる世界にあなたも属していたいですか?

 

私には無理です。

 

そんなことに時間(自分の命)も労力もかけたくありません。

 

 

 

 

 

悩み
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事