ラインをやめたい理由 アラフォー主婦のライン疲れ事情

Sponsored Links

広く浅くの友人関係は友達とは思っていないので、

私のラインには30人ぐらいしか入っていません。

それでも、実際連絡を取っているのは数人。

さらに、自分から連絡を取ることが少ないので、

友達とラインするのは月に数回。

主に旦那との連絡手段に利用していました。

こんな少ない人数しか登録していないのに、

何度となく「うるさいな、いいかげんにしてくれ」

って思うことがありました。

たった登録30人なのに、いろんなタイプがいるんですよね。

ライングループ慣れしている人
スタンプをガンガン押してくる人
写真ばかり送ってくる人
既読、未読にこだわる人等。

もうラインに振り回されるのは本当にコリゴリ・・・

もう疲れました。

もう私、ラインやめようと思っています。

今までのことを思い返して、ラインのデメリットやこれからのことなど、

今の自分なりに考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラインに疲れた。ラインをやめたい。

私は昔のメール全盛期から、友達にほとんどメールしないタイプでした。

親はメール出来ないし、送ると言ったら彼ぐらい。

そんなメール時代にも、一通送るときには、

結構神経使って文を入力して送っていました。

今は、ライン。

特に深く考えないで、

おしゃべりするように次々会話調の言葉が押し寄せてきます。

短文すぎて何が言いたいのかわからない時もあるし、

スタンプの意味わからないし、

終わり方のタイミングもよくわからないし、

それから、一番は相手が待っているであろう「既読」の文字の圧力

疲れてしまいました。

今まで何度となく

「ラインが鬱陶しい」

と思ってきました。

相手の今の状況を知らないのに繰り広げられるグループトーク

私は数年前、半月ほど入院をして手術をしました。

首を切る全身麻酔の手術で、

術後は一日中吐きまくり、

入院中は首にはドレーンという血液を貯める管をつけて生活していました。

そんな時、個室にあるスマホのラインが

ひたすらピコピコなっているのです。

30人しか登録していない私のスマホがそんなに鳴るはずないでしょ・・・

そう思いながら見ると、

学生時代の友達がグループを新しく作り、

私も招待されて加わっていたのでした。

もうその人たちとは、15年以上会っていません。

今の私の状況も、もちろん病気のことも知りません。

しかも全員県外在住です。

ラインメッセージは午前中から始まり、150件もたまっていました。

その中のメンバーは、9人既婚、子供あり。

1人は独身。

そして私は既婚、子供なし。

ほとんど、子供の話で勝手に盛り上がっているのは言うまでもありません。

独身の人もはじめに2,3回やり取りが入っていて、途中から消えていました。

でも、そんなこと誰も気が付かず、

そんなやり取りは夜中まで続きます。

9時消灯の病室で夜中までラインの着信ライトが光ってました。

私は、速攻全員ブロックしました。

術後の不安定な気持ちもあったとは思いますが・・・その時は、

「こんな常識もない、想像力も働かない人は友達でもないし、私の人生には必要ない」

こんな気持ちだったと思います。

でも、あれから5年以上・・・

その友達たちと特に何も不便なこと、困ったことも起きていません。

連絡事項以外に使用する習い事グループライン

Sponsored Links

私はある習い事をしていました。

もちろん、習い事なので、10代から50代まで各年代がいます。

習い事の場所変更や、日程など

全員に知らせないとならないことは

グループラインで回すことになりました。

始めは連絡事項用のラインのつもりで開始したのですが、

結局、みんな自分の考えるやり方でグループラインを使うようになったのです。

先生への休む連絡を直接ラインではなくグループラインで送ってきたり、

妊娠報告、出産報告、台風、雨、冠水情報、電車の混み情報、酔った先生から意味不明のラインなどなど・・・

各年代がいるし、専業主婦がいれば、正社員でバリバリ働いている人もいる・・・

こんな生活リズム、パターンが違う人がそろっているから、

ラインは朝から夜まで鳴りっぱなし。

私はストレス発散で通っていたというのに、

ストレスたまりまくり。

結局習い事自体やめてしまいました。

既読にこだわる人

Sponsored Links

確かに、メールでは何も気にならないのに

ラインで送ったものが既読にならないと気になってしまいます。

それは、よくわかります。

でも、相手に既読にすることをしつこく強制したことはありません。

しかし、いるんです。

既読を強制する人っていうのが。

「今、飲んでいます。街中は混んでいます。」

「今仕事の帰りです。眠いです。」

ポップアップで読めてしまうな内容で、

返事しなくてもいいような情報を送ってくるので

未読のままにしていました。

なかなか既読にならないためか、

ブロックされたと勝手に思いこみ、

なんとショートメールで「既読にしてください」「ブロックしないでください」

と要求が来たのでした。

完全にラインの弊害です・・・

これからラインを止める方向で準備します

ラインのアカウントを削除するのは、

なにか不便になるのだろうかと思いがありますが、

今の私にはデメリットが多いので、やめる方向で準備します。

もう、ラインに時間もエネルギーも無駄に消耗されたくないんです。

事前に、友達にはGメールでお願いするようにして、

旦那とのやり取りにはライン以外のチャット式のものを利用しようかと思っています。

便利さより自分の気持ちを重視して、

連絡手段のシンプル化をする。

用事があるときに、ゆっくり文面を考えてメールをする。

もうそれでいいと思うのです。

SNSをやめた私。自己肯定感があれば薄っぺらい人間関係なんていらないの記事はこちら



おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク