セルフブランディング力を石原さとみさんから見習おう!自己ブランド化

スポンサーリンク

【2018.06.30加筆修正】

石原さとみさんが主役のドラマ「アンナチュラル」見ていましたか?

安定した視聴率もとっていて、見始めると引き込まれるドラマでしたよ。

そのドラマも終了し、今注目されているのが、

石原さとみさんの「セルフブランディング力」。

 

 

 

 

スポンサーリンク

セルフブランディング力を石原さとみさんから見習おう!自己ブランド化

img src=”puppy.jpg” alt=”セルフブランディング石原さとみ”




セルフブランディングとは何か?

セルフランディングとは、字のままですが、

セルフ自己(自分で)ブランディング(ブランド化)することです。

 

自分で自分に一つの価値を植え付けるとでもいうのでしょうか。

自分を商品と捉えて、意識的に相手にその商品価値を伝える与えることですかね。

 

もちろん、うわっぺだけの価値なんかじゃ、周りは気が付きます。

ブランディングのことを、ただ単に周りによく見られる方法と

捉える人も多いようですけど違います。

そんな薄っぺらいイメージはすぐにばれます。

むしろ浅はかなイメージがつくことになるでしょう。

石原さとみさんのセルフブランディング力とは?

まず、石原さんは、出演するドラマのメイクを自分でセルフメイクしているそうです。

こんな有名な女優さんですから、腕のいいメイクアップアーティストがついてメイクしていると思いきや、私たちと同じセルフメイクです。

 

自分の顔の特徴をとらえながら、相手からどう見えるのかを考えて、演じる役柄のライフスタイルも性格も全部含めてメイクを考えて、役柄になり切るメイクをするそうです。

 

たしかに、今回のドラマ、法医解剖司だったんですけど、目と眉を狭くメイクし、全体的に締まる暗めの色でしたね。

自己プロデュースですね。

 

また、語学留学をきっかけに英語力をこつこつ磨いて、それをドラマで英語を生かしたり、撮影中は撮影現場のお弁当に手を付けす、自分で身体を作る食材を使ったお弁当や具沢山のお味噌汁、キャベツの千切りなどを自分で作って持参しているそうです。

 

すごく自分の軸がしっかりしていて、筋が通っているのを感じます。

自分の強みも弱みも全部わかっていて、自尊心もしっかりもっているからこそ、セルフブランディングができ、見ているほうに魅力が伝わるんだと感じます。

そして仕事でも自然に評価されるんですね。

 

 

セルフブランディング力は仕事をする上でも重要

 

img src=”puppy.jpg” alt=”セルフブランディング石原さとみ”

 

 

石原さとみさんは女優として、セルフブランディングしていますが、セルフブランディング力は庶民の私たちも、普段仕事をしていくうえで重要なスキルになります。

 

最近、物を減らしたので手間は全部省き、メイクも常に一緒。

そして、30代くらいから、メイクのテクニックも同じ・・・。

 

向上心もなく、今の自分をよく見ていない。

年齢重ねているのに、明らかに若い当時の顔と違うのに、その年齢の自分に合っているメイクなんて考えていない。

 

たまにいますよね、バブル時代のメイクのまま、平成(令和)を駆け抜けている方とか・・・

それと私も同じ。

 

その日、プレゼンがあっても、商談があっても、打合せがあっても毎日同じ。

 

商談を絶対決めたいと思えば、相手から信頼されるには、どんなメイクがいいのか?

説得力を印象付けたいならどんなメイクがいい?

こんなこと考えて出勤したことなんてありません・・・。

毎日、手間なし簡単メイク、こればっかり。

 

自分というものをもっと客観視することが出来たら、セルフブランディング力はすごく役立つスキルになるなと。

 

転職にあたりセルフブランディング力を身につけたい

わたし、数か月後に会社が倒産するんですね。

会社都合で無職となるわけなんですが。

まだ、イマイチ進む方向が決まっていません。

 

でも、自分の心に聞いて、やってみようといい感情が湧いてでたものに自然に任せて進んでいこうと考えています。

 

少ないもので暮らすようになり視界がすっきり開けたような感覚が確実にあります。

 

しかし、もう一方、無駄なことはしない、無駄な時間も使いたくない、向上心なんて疲れるから日々同じような毎日が幸せ、無駄な努力もしたくないというような気持ちがわいて出るときがあります。

 

自分と向き合わないといけない

自己ブランディングをするには、自分で自分のことを知ることから始めなくてはなりません。

私は、HSPで自律神経失調症。

昔から、自信ってものがありません。

向き合うと自分の弱さも知ることになるので、無意識にそれを避けているような部分があります。

 

いろいろ、そぎ落としてきましたが、

やっぱり向上心だけは捨てたくないなと今回感じました。

せっかくたった一度の人生なんだし・・・。

 

まず、自分を見つけて、自分の進む方向を明確にする。

進みたい方向がはっきり自分でわかって、

もしその現実との間にギャップがあったら、

そこを埋める努力をする。

そうすることで、自信も自然にもてて、自分軸が出来る。

自己ブランディング力はそうしたことが出来たら、

身についていく力なのではないかと思います。

石原さとみさんのようにはいかないですが、

まだまだ自分で自分をあきらめてはいけないですね。

アラフォーのみなさん、がんばりましょう!

 

 

おすすめ記事広告



仕事・資格悩み
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事