繊細すぎるHSPが楽に生きられるようになるための2つのアドバイス

SPONSORED LINK

(2018.06.20加筆修正)

ここにたどり着いたってことは、きっと今生きずらさを感じているのかもしれないですね。

私も、物心がついたころから、ずっと生きづらさを感じていた一人です。

でも、自分が「HSP」だってことに気が付いてすごく気持ちが楽になったんですよ。

「私はHSPだから、今こう思っているんだね。だからこういうところは次から避けよう」

とか「HSPだからこういう仕事が初めからやめておこう」って、対処できるようになった分、楽に生きられるようになりましたよ。

今、特に大きな問題がないのに、

環境や人間関係に疲れている方、

もしかしたら、私と同じHSPかもしれませんね。

でも自分の性質を知れば、必ず対処できるから大丈夫。

今、辛くても絶対大丈夫です。HSP本人が断言しますよ!




スポンサーリンク
スポンサーリンク

私がHSPだと気が付いた経緯

小学校の頃から、自分が苦しいことに少し気が付き始めていました。

少人数の小学校でしたが、担任の目が気になってしょうがない、登校中も近所の人の目が気になるんですよ。

人の目が気になれば、人の評価も気になる。

先生が朝からいつもの表情と違うことに一瞬で気が付き、一人緊張し続け、意見が言えない。

もちろん、先生からの評価は、「神経質・消極的」。

でも、相手の心を読んでばかりだから、違う意見を言ったらどう思うかも感じ取るし、

子供らしくない子供でしたね。

こんな感じの生きづらさを感じて学生時代を過ごしましたが、

もっと辛くなったのはやはり大人になってからです。

カウンセリングにも行ったし、精神科にも行きました。

でも、結局病名をつけられて、デパスやらパキシルやら定番の安定剤出されておしまい。

自分の中で腑に落ちないんだから、解決するはずが無いのです。

親にも何て言ったらいいかわからないし、よく占いに電話して相談相手になってもらってました。

占いなんて当たらないし、うさんくさいなんて思っている人はいませんか?私も昔はそうでしたが、今は一人で思い詰めて悩むくらいなら利用したほうがいいと思っています。電話占い経験から信用できる占い2社を紹介します。

そんな時に、本屋で目にしたのが、こちらの本です。

私を救ってくれた本とも言えます。

これを読んだときに、ほぼほぼ私のことが書かれているのか!!っていう衝撃と、やっと楽になれるという気持ちになりました。
それが治るはずもなく、自分を責めることを繰り返してましたから。
そのあとも、結構HSP関連の本を読みましたね。
たまに図書館で借りようと思うと、50人待ちってこともあり、
どれだけ今生きづらく感じている人がいるんだろうかと驚きましたよ。

生きずらいあなたに。HSPとは?

HSPとは正式名称Highly Sensitive Person(ハイリ―センシティブパーソン)の略で、

アメリカの心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。

アローン博士自身が敏感な人だったのがきっかけとなり、その研究をはじめ、

人種や性別、年齢も関係なくどの国にも一定の割合で「繊細・敏感な人」がいることが判明したのです。

日本は他国に比べ多いと言われています。

また、そのHSPの性質は生まれ持った性質であることが分かったのです。

HSPの主な特性は

もちろん、HSPは病気や障害ではありません。

私のよう、精神科に行っても「あなたはHSPですよ」なんて診断がくだることもありません。

その人の持っている特性です。

特性なので、

その場面場面で、

その特性が良く発揮されることもあれば、

逆に悪く出てしまう時もあります。

●その場の雰囲気、他人の考えていること(気持ち)を即感じ取ってしまう。

●人との境界線がうまく引けないので、他人の感情が移ってしまう。

●感受性が強いので、様々な刺激に疲れてしまう。

●人より深く考える(真に受ける)。

●多数のことを一度に言われるとパニックになる。

●まじめで繊細(神経質)。

●打たれ弱い部分がある。

●細部までよく気が付き、思慮に富む。

●監視されていると実力が発揮できない。

主な特性をあげてみましたが、思い当たることありますか?

私はほぼ全部当てはまります。

HSPで仕事が続かない

先ほど書いたように、幼少期から自分の中で生きづらさを感じてましたが、

何といっても辛くてしょうがなくなったのはやはり大人、社会人になってからですね。

就職してからは金曜日が終わると、

土日はずっと布団の中で寝込んでいました。

たくさんの人に気を遣い、目を気にし、相手の感情に振り回され、

言われたことは真に受け、もうグッタリでした。

ひどい時は、土日はずっと

原因不明の微熱が続きました。

彼氏とデートの予定も原因不明の熱で何回もキャンセル。

まるで仮病かと思われるほどの頻度でしたよ。

でも、月曜日になると、本当に熱がなぜか下がるんです!

何もなかったような顔をして、職場に行っていました。

本当につらかった・・・

しかし、それも長くは続かず、

5か月で限界を迎え、職場に行くことができなくなりました

多分、職場の人は相当驚いたと思います。

全てをきちんとしっかりやろうと真面目に必死に働いていたので、

就職して2か月目には、

周りの先輩に

「もう5年くらいいるような働きっぷり」

「中堅ぐらいに感じる」などと言われてました。

でもね、これは、ただただ、相当無理をして、演じていただけのこと・・・

周りの表情や感情が分かるから、細かく意識を張り巡らしていただけのこと。

周りの空気を読み取って、自分の実力以上のことをしようと。

怒られたくない、少しでも、怒られたら立ち直れないことをわかっていたから、

打たれ弱いのをわかっていたから、そうしていただけだったのです。

その後、何度も転職をしました

そこでも、同じことの繰り返しなのです。

今は、会社が倒産し、無職なんですが、なんだかんだ快適です。

目標は家でネットで収入を得ることを目標にしています。

結婚後、家庭内でのHSPの問題

HSPの人は、

いろんな刺激に対しても人一倍敏感です。

そんな特性は、家庭内でも問題になるのです。

うちの旦那は、アニメが大好きなので、パソコンで見ているんですが。

その時、聞こえてくる、声優の甲高い声(キャー)、

戦闘シーンのガチャーンドーンみたいな音や映像を見ると、

イライライライラ・・・・・・

何とも言えない不快な気持ちが出てきて、

「うるさい!」と言ってしまい、

旦那と険悪になってしまうこと多いんです。

最近は耳栓をして過ごしていますが、

そういった普通の人なら気にならないような刺激にも弱いのです。

もちろん、人混みは本当に嫌いで、

スーパーに行くのも、

わざわざセールの安い日以外に行くことが多いんですよ。

あの、セールの我先に得しようと買いこむ女性たちの空気に舞い込まれ、

これまたイライラが止まらず、買い物が終わると疲れ切ってしまうのです。

家計にしたら問題ですよね。

HSPが生きやすくなるための方法

今までも繊細過ぎて辛い思いをいっぱいしている人も多いでしょう。

何をやっても生きづらいし、年齢を重ねてもいろいろ気にしすぎて

堂々と出来ない。

でも、HSPは欠点ではありません

HSPの私なりに生きやすくなる方法を考えました。

HSPの優れた才能をうまく利用して生きていく

生まれつきの感受性の強さは、

社会の中で、優れた才能にもなります。

人の気持ちや状況をすぐに察知するので、

気が利きますし、コミュニケーション力に長けています。

すぐに相手の気持ちや考えを自然に察知できる人達なので、

仕事でも活躍できる場面が多いでしょう。

これは、今まで私も周りの方に良く言われてきました。

これを生かすしかないんです。

「HSPはなんでも辛いんだ」こういう思い込みを

もう反対に変えてしまいましょ。

私は、おおざっぱな機械ではなく、精密機械なんだからと思い込みます。

精密機械の方が、ひとつひとつのパフォーマンスは高いのですから、

みんなが欲しがります!

芸術家や科学者にも、HSPの方は多いんですよ。

もし、芸術や化学に強い方がいたら、こういった道に進むでもいいでしょう。

感性が高い特性が十分発揮できるでしょう。

HSPはミニマリストが合っている

HSPの人は、

音や光、映像、環境、ものなどあらゆることの影響を

すぐに受けてしまいます。

HSPの人こそ、

自分にとって安全な場所となる自分の家(部屋)を

すっきりさせて、ものの影響を少なくさせるのがいいと思います。

実際、数年前から半分以下のものに減らし、断捨離をしてきて

確かに精神が落ち着いてあれほどごちゃごちゃ考えていた頭が

クリアになってきてる効果を感じています。

これ、本当にすごく感じてます。ほんと、おすすめです。

HSPの私たちには多くのもの、大勢の人は不要です。

HSPの人には、自分を守るためにも、

ミニマリスト生活が合っているのではないかと思います。

まとめ

HSPは今だいぶ話題になってきています。

全世界の2割はHSPと言われているので、これからもっと知れ渡る気がします。

書籍もたくさん出てきています。

本を手に取って読んでみるもよし。

ネットで検索するもよし。

自分の心の動きを把握することで、対処は必ずできます。

この記事が生きづらく感じているだれかのお役に立てたら嬉しいです。

《こちらもよく読まれています》

生きづらさに悩み続けてきた時に、一冊の本をきっかけにようやくHSPだと気が付きました。HSPの私がが今まで読んできたHSP関連の本で本当におすすめしたい本を7冊選びました。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク