人混みが疲れる!しんどい!HSPはエネルギーが奪われる場所を避けるべき理由

SPONSORED LINK

私は、小さいころから友達とつるんだり、大勢人がいる場所、盛り上がる場所が苦手でした。

友達といるその場ではニコニコ楽し気にしていますが、心の中は「早く帰りたい」「自分の部屋に居たい」こんな気持ちでいっぱい。

 

帰宅したあとは、しばらく動けなくなるくらいグッタリするのです。

きっとこの記事に来られた方もそうなのかもしれないですね。

 

別に一緒にいる子が嫌いな訳ではない。

楽しくないわけでもない。

でも、疲れるし、しんどい。

 

大人になってもその傾向があり、同僚が大勢いる職場は苦手なので、いつも少人数の職場を選ぶし、グループラインは嫌いだし、わざわざたくさんの人が集まるであろうオープンしたての場所や、混んでるスーパー、ディズニーやアウトレット、セールも苦手です。

 

若い頃はそれでも体力があったので、誘われれば行きましたが、最近は誘われても断ることがあります。

中学の友人から集まろうとメールきたけど、数年前からなんか気が乗らないからお断りした。

子どもが大きかったり、小さかったり、いなかったり、生活圏が違いすぎて聞いてもわからないし、想像するのも疲れる。

自分のために自分のやりたいことに時間を使いたいのだよ😺ブログがんばろ。

 

人混みが疲れる!しんどい!HSPはエネルギーが奪われる場所を避けるべき理由

人混みが疲れるしんどい




世の中には、人混みや盛り上がっているところにわざわざ行って楽しめる人がたくさんいるのに、なぜ私はこんなに人混みが疲れるのか・・・。

私がHSP(ハイリ―センシティブパーソン)だからってこともあります。

HSPとは正式名称Highly Sensitive Person(ハイリ―センシティブパーソン)の略で、簡単に言うと「繊細過ぎる、敏感すぎる人」のこと。

 

 

だからといって、人混みが疲れる人がみんなHSPってわけではないんですよ。

他にも人混みが疲れる理由はあるのです。

 

人のエネルギーに影響をうけるから

ちょっと無理をして周りに合わせて出かけたものの、いつも帰宅するとグッタリ・・・。

人といると、元気がもらえる!パワーチャージされるって人もいると思うんですが、私はゲッソリ、パワーが奪われているんですね。

人といることで、クタクタになるんです。

私がエネルギーチャージするには、スッキリした部屋で、一人布団の上でゆっくりするのが一番なんです。

 

誰もがいろんな悩みを抱えていたり、考えごとをしていたり、イライラしたりしながら過ごしているときがあるはず。

人混みは、そういう様々なことを心に抱えている人たちが、あちらこちらから集まってくる場所。

人混みはいろんな人達の感情や思考が渦巻いています。

 

そして、人混みで一瞬すれ違うだけでまわりの人のエネルギーを受けます。

 

それが良いエネルギーであればいいのですが、その人の思考や考えはいいものだけではありません。

人混みでは、そういった負のエネルギーを無意識に受けてしまうのです。

 

パーソナルスペースが侵されるから

人混みはあちらこちらから人がやってくるので、どんなに気を張っていたとしても、人をよけたり、ぶつかりそうになったりします。

人混みは常に知らない他人が自分の近くにいる空間です。

 

つまり、この状況は、パーソナルスペースが侵されている状態です。

こっちゃん
こっちゃん

パーソナルスペースとは、社会心理学的に、相手が自分に近づくことを許せる自分の周囲の空間のことです。

 

縄張りみたいなものなので、このスペースに他人が入ってくると、不快感を感じます。

ただし、これが、親しい相手だったら、受け入れることができます。

無意識に人に応じてスペースの距離を使い分けているのです。

 

人混みは、このパーソナルスペースが保てないため、不快感で疲れてしまいます。

例えば、エレベーターで、知らない人と乗り合わせているときに、なんとなく端と端に立ち距離をとって、階数の表示板を見つめているケース。

 

これは、パーソナルスペースを侵されているために、不快感を感じていて、表示板を見ることに意識を集中させて紛らわしているのです。

 

人混みが疲れる人向け!日常の対処法

人混みが疲れる、人混みがしんどいと感じる方に、私がやっている人混みを避ける日常の対処法をいくつかまとめておきます。

買い物は夜かネットスーパー

スーパーへの買い物は疲れますね。

とはいえ、食材を買いに行かなくてはいけません。

私の場合は、

  1. ネットスーパーを使う
  2. 夜(ほかの人が忙しくしている時間)にスーパーへ行く
  3. 週に何回か食材宅配サービス を利用する
  4. 地元の小さめのスーパーへ行く
  5. 混んでいたら帰る(他へ行く)

この4つを使い分けています。

こっちゃん
こっちゃん

今回、コロナの自粛生活中はほとんどネットスーパーを利用。

普段は全国にあるような大手スーパーではなく、こじんまりとした地元のスーパーを利用したり、週に数回は食材宅配サービス も利用しています。

オイシックス公式>>税込4,000円相当が1,980円試せます。 

 

また、なるべく他の人が忙しくしているであろう夕飯の時間から夜にかけて買い物に出かけることも多いです。

夜スーパーで行く場合は、道、駐車場の人混みも避けることができ、終始落ち着いて買い物できます。

ついでに時間も節約できます。

セールには行かない

今は全くセールへ行きません。

昔、街中で働いていたことがありましたが、セールは、どこも駐車場が満車。

まともに歩けないくらいの人だらけ。

休憩するようなカフェもすべて満員。

道端に座り込む人がいたり、大きな紙袋をすれ違いざまに人に当たっても知らんぷり。

自分の欲しいものを手に入れる欲望が渦巻いています。

 

こんな状況でまともな買い物なんてできるはずなんてないんですよね。

今は、時間もお金も無駄になるし、心も体も疲れるセールは避けています。

 

人混みが疲れる・しんどい!のまとめ

昔は、なんで私はこんなに人混みに疲れてしまうんだろうと漠然と考えてただけで、疲れるのに人に流されてばかりでした。

ようやく自分の性質にも気が付き、どうして人混みが疲れるのか理由もわかり、自分が不快に感じることはしないことにしました。

 

自分で自分の性質を知れば対処もできます。

人混みに疲れてしまう方、ゆっくり自分に合う生活方法を考えてみませんか?

こっちゃん
こっちゃん

オイシックスなら、人混みに行く必要なし&美味しい&時短です!

オイシックス公式>>税込4,000円相当が1,980円試せます。