下肢静脈瘤通院から手術までの全て!足のむくみからの解放された!

SPONSORED LINK

【2019.03.04修正】

ここに検索でたどり着いた方、きっと足のむくみや痛みに悩んでいる方ですよね?

私も、20代働くようになってから、

座り仕事であっても、立ち仕事であっても

足の重たい痛みと熱っぽい感じは毎日感じてました。

でも、女性はよくむくむっていうし、

みんなそんなもんかななんて思って何年も過ごしてきたんですよね。

ただのむくみだと思って過ごしてきたのです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

下肢静脈瘤通院から手術までの全て!足のむくみからの解放された!

その足のだるさは、ただのむくみが原因?

私が足のむくみに悩んでいたころ、

私の60代の母親も、毎日のように

「足がだるい」「足がつる」と常に言ってました。

たまにマッサージをしてあげますが、それでも解消せず・・・。

しまいに、母親の足は、血管がぼこぼこしていて全体的に太くなっていて、

見るからに何かおかしくなっていったんです。

「なにかこわい病気が隠されているのではないか?」

「血管が病気なのか?」

足全体に血管のコブのようなものが多数あり、足自体が太くなっていって歩くのも辛そうでした。

そして、ある日、たまたま行った外科でぼこぼこの足の血管を指摘され、

手術することになったのです。

その病気の名前は

下肢静脈瘤

でした。

下肢静脈瘤って何?どんな病気なのか?

「下肢静脈瘤」

なんか名前を聞くとすごく怖そうな名前ですよね。

名前の通り、

動脈ではなく、二酸化炭素が多い血を運ぶ静脈の異常です。

具体的には、静脈の弁が壊れてしまっている状態です。

見た目的には、ぼこぼこした静脈や蜘蛛(くも)の巣状の静脈が、

ふくらはぎや、もも、膝の裏にあらわれます。

長時間の立ち仕事、肥満、遺伝、お産などで悪化します。

女性がなりやすいのも特徴です。

一度なると、マッサージなどしても完治できないそうです。

下肢静脈瘤にもいくつか種類があります。

①伏在型静脈瘤

一本の血管がうねうね、ぼこぼこと足表面に見えるタイプで、一番凹凸が目立ちます。

➁網目状静脈瘤

血管網が全体的に足表面に見え、ところどころぼこぼこしていることもある状態で、膝の裏に起こりやすいそうです。

③くもの巣状静脈瘤

赤紫色の血管が皮膚表面にあらわれ、そこまで、ぼこぼこしません。

私の母親は、➁と③の両方でした。

足の痛みとむくみの悪化 下肢静脈瘤専門病院へ

20代から毎日感じていた足の痛みとむくみ。

当時、30代後半になり、寝ていてもだるいし、足がつることも増えて悪化していました。

仕事帰りに、足のマッサージばかり行き、出費はかさむ。

マッサージ最中は気持ち良くていいんだけど、

マッサージの帰りにはすぐだるい。

結構高い弾性ソックスをいろいろ買いました。

お金かけすぎ。

あ~もう取りあえず、

検査だけしてもらおうかなっていう気持ちで私も下肢静脈瘤専門病院へ行きました。

何もなければただのむくみだしね。それはそれで安心するしね。

病院へ到着!

足の診察でどうやるんだろう・・・。

ちょっぴり不安に感じていましたが、

そこの病院では、自分のパンツの上に紙パンツを履きます。

先生「見た目は全く大丈夫だけどね・・・ぼこぼこもないし・・・取りあえず、エコーで見 てみようか」

「右足どこも異常ないよ。」

「え・・・でも本当にだるくて火照る感じもします。足もたまにつります」

先生「じゃ、左足も見せてね」

「あれっ、左足、静脈瘤だね

やっぱり・・・!

私のように、見た目がぼこぼこしていなくても、

下肢静脈瘤ってことも多いそうなんです!

ということで、私も母親と同じ下肢静脈瘤になり手術することとなったのでした。

下肢静脈瘤の日帰り手術を実施

下肢静脈瘤の手術は、

手術で異常のある静脈を焼いたり、

引き抜いたり、または固めたりしてその血管を使えないようにします。

異常な血管を、薬や手術で元通りにするわけではなく、

悪い血管を対処療法的に処置するだけです。

なので、処置しても、今後また違う血管が同じように静脈瘤になってしまうケースもあります。

しかし施術をすると、かなり見た目がキレイになります。

ストリッピング手術

家の母親はこの手術でした。

伏在静脈瘤など、ぼこぼこが目立つ静脈瘤の治療法で、

問題の血管の中にワイヤーを入れて血管そのものを引っこ抜いてしまいます。

ももの内側と膝の二箇所に小さな穴を開けて行う手術で、日帰りで30分くらいで終わったそうです。

血管を引っこ抜くなんて身震いするほどこわいですが・・・

全然痛くないと母親が言っていました。

硬化療法

細めの血管にできる静脈瘤に行う施術です。

注射器でできる治療ですので短時間でできます。

くもの巣状静脈瘤などにおこないます。

傷も目立たないのですが、大きな静脈瘤にはできません。

高位結さつ術

血管が枝分かれする上流の方で、

異常のある血管を糸で縛り血液が流れないようにする方法です。

ストリッピング手術よりも簡単にできるのですが、

再発することが多いので、ストリッピング手術の方をすすめられることがあります。

レーザー治療

これは私が行った手術です。

30分くらいで終わりました。

下肢静脈瘤のレーザー治療は痛い?

下肢静脈瘤のレーザー治療。

一番痛かったのは、部分麻酔の注射だけであとは何も感じませんでした。

ただ手術中30分うつぶせになり、

斜めになっている(足が低く頭側が高く)なっているため、その体勢がきつかったっていうのはあります。

レーザー治療というのは、

問題の血管の中から、もしくは皮膚表面からレーザーをあて、

その血管を焼いてしまう方法です。

焼くことで血管が閉じますので、そこに血が流れなくなります。

その焼いた血管は自然に消えてしまうそうです。

「血管焼いて大丈夫なんですか?」と先生に質問したら、

「その血管は昔むかし四足歩行の時代のなごりである血管だから無くなっても大丈夫なんだよ」

と言っていましたよ。

言葉だけ聞くと、血管を焼くとか抜くとかかなりおっかないですよね。

でも大丈夫でしたので安心してくださいね。

下肢静脈瘤 手術後はずっと弾性ストッキングを必ず履く

術後は、包帯を巻き、その上から弾性ソックスをはきます。

包帯の上から弾性ソックスを自分で履くことは不可能なので、

術後、機械で履かせてもらえます。

これを履くことで治りも良くなるし、

合併症も防げる、とっても大切なソックスです。

この弾性ストッキングは、手術する前に、

足首やふくらはぎなどを測って、その人に合ったサイズのものになります。

これがね、めちゃくちゃ高いんですよ。

これに関しては完全に自費です。

保険証は使えないので。

私の手術した病院では6000円くらいでした。

でも、この時購入したソックス、今も仕事中にいつも履いてます。

市販で購入した弾性ソックスでもいいんですが、

自分の足のサイズに合っているので快適に使えます。

下肢静脈瘤 手術後の経過

私の場合ははじめがそこまでぼこぼこしていなかったので、

今は蜘蛛の巣状の血管が少し残っているだけで、

本当にきれいになりました。

あとは、カテーテルを差し込んだ穴のあとが一つ残っているだけです。

この写真の黒いほくろみたいなのが、カテーテル差し込んだ穴です。

こんなにきれいに治ります。

あとは上の方に、もやもやの血管があるだけです。

横しわは気にしないでください。

術前は、すぐに足がだるくなるので、

いろんなことに消極的になることが多かったんですが、

術後は積極的に動けるようになったと思います。

むくみ防止のための着圧ソックスは生活必需品

下肢静脈瘤になりやすい理由はいくつかありますが、

医者の話だと遺伝することが多いようです。

もちろん、座り仕事でも、立ち仕事でもむくみから下肢静脈瘤になるケースも多いです。

下肢静脈瘤になってからでは、弾性ソックスを履いたところで治らないので、

しっかり予防しておきましょう。

毎日履いているので、

病院の弾性ストッキングと一緒に

市販の弾性ソックスも併用しているので、おススメをいくつかご紹介しておきます。

下肢静脈瘤のおすすめ着圧ソックス、ストッキング

病院で作った弾性ストッキングに履き心地や機能が似ていたもの

このレッグドレナージュです。




強めの段階圧力設計で、遠赤外線機能でなんといっても見た目はシンプルで使いやすいです。

また、ストッキング、タイツタイプがそろっていてお気に入りなのは、こちらのお店で買ったものです。

着圧・弾性・加圧ストッキングの決定版!キュットスリム!

ここのタイツはいつも寒い時期お世話になっています。

気持ちいい着圧のタイツ、ストッキングなんですよ。

おわりに

というわけで、術後は毎日ケアをしつつ、

むくむことも無くなって、夜中に足がつることもなく快適です。

下肢静脈瘤の手術の多くは、日帰りで手術できますし、

痛みもほとんどありません。

悩んでいる方、ぜひ病院でまずは診察を受けてみてくださいね。



おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク