花粉症皮膚炎で辛い!肌のバリア機能アップのための化粧水はこの2つ

スポンサーリンク

【2019.03.04記事修正】

こんにちは。

外は青空が広がってポカポカしていい天気の休日。

布団も干したいし、

外に出てお散歩にでもいきたいと思うけど、無理なのです!

花粉症がまだ知られていない時代、3歳から強烈な花粉症持ちの私は、

この時期、窓をしっかりしめて、洗濯物はもっぱら衣類乾燥機

 

ここまでしても、やっぱり花粉症辛いです・・・。

目も痒い、鼻もズルズル・・・

でももう一つ毎年悩まされるのが、花粉症皮膚炎なのです。



 

スポンサーリンク

花粉症皮膚炎で辛い!肌のバリア機能アップのための化粧水はこの2つ

 

花粉症皮膚炎とは

冬の間に肌が乾燥してバリア機能が落ちてしまっている状態の上に、

花粉がついてアレルギー症状を起こします。

さらに目をかいたり、鼻をかんだり、マスクの繊維でこすれたり、肌に摩擦が加わります。

そして、3月くらいから紫外線も強くなり始めます。

そうすることで、肌のバリア機能が落ちて、炎症、粉ふき、痒み、ぶつぶつなど

このような肌トラブルが起こるのが花粉症皮膚炎です。

 

私も、毎年花粉症による肌荒れが起こります。

始めのうちはマスクをするのですが、

マスクが当たる部分が痛痒くなり、目の周りはカサカサし、

頬のあたりに赤い小さなぶつぶつが出現します。

 

化粧のノリも良くなく、せっかくの春なのにテンションダダ下がり・・・

 

なので、この時期はスキンケアを一式変えるようにしています。

 

スキンケアを変えることで、肌の調子がかなりよくなります。

こちらの記事では、私がおすすめできる花粉症皮膚炎対応のスキンケアを紹介します。

同じように肌荒れに苦しんでいる方の参考になるといいなと思います。

 

バリア機能低下のお肌には「手作り化粧水」

 

まず、はじめのスキンケアは、かなりシンプル&安あがり「手作り化粧水」です。

でもこの化粧水、お肌の炎症がスーっと和らぎます。

 

私は、お肌がもうどうにもこうにもならない時には必ず、

このスキンケアに変更します。

今花粉症皮膚炎で悩んでいる人、他にもケミカル化粧品で炎症を起こしてしまったような方にも本当におすすめですよ。

 

 

手作り化粧水の作り方

この時期は、まずクレンジングは使いません。

 

石鹸で落ちるタイプの化粧(ベース類、マスカラ)

に変えます。

★石鹸で落とせる化粧品 ラロッシュポゼについてはこちら

 

それでなくても、肌のバリア機能が落ちている状態なのに、

クレンジングでまたまたバリア機能をこわすことはこわくてできません。

なので、石鹸でやさしくお化粧を落としてから、手作り化粧水を付けます。

 

以前は市販の敏感肌用の化粧水を使っていたんですが、

結局敏感肌用にもケミカルものがたくさん使われていて

バリア機能がた落ち状態の私の肌につけるのが怖くなったんですね。

 

でたどり着いたのは、やはり入っている成分はシンプルかつ安全。

何が入っているのか、何を顔につけているのか

自分で把握出来る手作り化粧水にたどり着いたわけです。

 

それでも、はじめは少しおそるおそる使い始めたんですが、

これが私の肌にぴったり。

花粉症皮膚炎が収まり、

手触りまでツルツルになるというメリットも。

 

そんな手作り化粧水ですが、

★ミネラルフォーター(軟水)100ml

★グリセリン 5ml

★ラベンダーエッセンシャルオイル2、3滴

以上、1分で出来ます。

 

精製水の方がいいって方はもちろんそれでもOK。

私は面倒なので、普段飲むミネラルフォーターで代用します。

使う前に、良く振ってから顔にスプレーしてくださいね。

 

グリセリンで、保湿レベルを変えることはできます。

基本5mlで作ってみて、そこから調整するのがいいと思います。

グリセリンも肌に合う人と合わない人がいるので、

少しずつ様子をみて加えてください。

ラベンダーエッセンシャルオイルは、

抗炎症作用や、消毒作用、軽いやけどなどの応急手当にも使える万能オイルです。

 

傷跡も綺麗に治りますし、以前炎症ニキビに悩んだときにも、

エッセンシャルオイル混ぜてみたら、次の日に落ち着いてました。

なので、花粉症皮膚炎にもパワーを発揮します。

もちろん、顔につけるときに香りに癒されますよ。

こちらのユーチューバーさんは、酒さ様皮膚炎になってしまったということなんですが、

やはり炎症を抑えるのに、パワーを発揮したのが、

「ラベンダーオイル」

だったそうです。

やはり、炎症にはラベンダーオイルがいい!納得しました。

▼大阪弁の方で、おしゃべりがおもしろい方ですよ~▼

注意点は、化粧水の入れ物はアルコール消毒や、煮沸消毒してから使用すること、そして

防腐剤は入ってないので、冷蔵庫保存で一週間から10日くらいで作り直しが必要な点です。

 

これスプレーすると、赤く腫れぼったい肌が、す~っと落ち着くのがわかります

これだけでもほんと十分なんですが・・・

かさつく部分だけ、これにユースキンAをプラスします。

乾燥する部分だけユースキンで保湿

寒い季節は身体の粉ふきもひどくなるので、

ユースキンAは常備しているのですが、

これをうっすらと、かきむしってカサカサに目の周りや、口のまわり、

頬骨部分などに塗ります。

黄色いクリームでおなじみのユースキンAは、

ひび、あかぎれ、しもやけにも効くビタミン系クリームですが、

わたしは、全身に使います。

顔の乾燥はもちろん、唇の荒れにもよく効くんですよ。

 

指定医薬部外品で、

70g 希望小売価格:830円(税抜)
120g 希望小売価格:1,240円(税抜)

 

これだけ使えて効果万能なクリームは他にないんじゃないの?ってくらい使えます。

化粧品一つだけ選べと言われたら、

ユースキンAを選ぶってくらいいいですよ。

 

手作り化粧水が合わない方にもおすすめのスキンケア

\2019.8.8から税込980円へ値下げされます/

手作りなんてめんどくさくてできないという方もいるかもしれません。

また、手作り化粧水には、グリセリンが入っています。

グリセリンは人によっては肌に合わない方もいます。

 

私は、大丈夫でしたが、心配という方は、バリア機能を高める敏感肌用スキンケアを使うといいですよ。

私が使用して断然肌の調子が良くなったのは、ディセンシアのつつむシリーズです。

 

ディセンシアはポーラ化粧品の敏感肌用スキンケアで、バリア機能を徹底サポートしてくれます。

お試しセットもあるので、花粉からお肌を守るスキンケアをぜひ試してみてください。

 

ディセンシア「つつむ トライアルセット」

\2019.8.8から税込980円へ値下げされます/


 

おわりに

花粉症の時期はもちろんですが、

普段ちょっとは肌のバリア機能落ちているんじゃないかって時にも

このスキンケアに変更します。

暑い季節なら、ラベンダー手作り化粧水だけで十分かもしれません。

抗炎症作用もあるので、日焼けした火照った肌にも良いですよ。

 

このケアがあるから、肌トラブルになっても大丈夫っていう安心感があります。

肌が弱ってしまっている方、花粉で肌がトラブル中の方、

ぜひ参考にしてくださいね。

 

▼こちらの記事でもラベンダーの効果がわかります▼

 

日焼けをしてもラベンダー馬油があれば大丈夫!馬油の凄まじい効果
ゴールデンウィーク遊びすぎて日焼けしてしまった~って方も多いかもしれません。 紫外線がますます強くなるこれからの季節ですが、 日焼け止めを念入りに塗っていたとしても完全防御は難しいものがあります。 先日、念入りに日...

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事広告



健康・美容
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事