アラフォーメイクの要注意ポイントはここだ!痛いメイクはもうやめよう

スポンサーリンク

 

メイクは自分を引き立たせるものなのに、

絶対そのメイクマイナスでしょ?痛いよ・・・

と失礼ながら感じることがあります。

お金かけて、時間かけて、メイクがマイナスって嫌ですよね。

 

周りを見て、自分に置き換えると、

やはりアラフォーメイクって20代の若い肌とは別物だから、

それなりに注意点があると考えています。

 

もちろん、人それぞれ悩みも骨格も違いますが、

メイクが自分にとってマイナスなものにならないような

若々しく見えるようなメイクで気を付けていることを

まとめてみたいと思います。





スポンサーリンク

アラフォーメイク注意点、老けて見えないメイクポイント

普段で生活していて、

人のメイクを結構よく見るタイプなんですが、

同じくらいの年でも、老けて見えるな・・・という人と、

わかわかしく見えるって人とだいたい分かれるんですけど、

その違いに気が付いたんです!!!

やはり、艶(つや)なのです。

 

★こちらの記事もどうぞ 40代アラフォーは絶対艶が大事

 

アラフォーメイク注意点① マットなメイクはしない

若いころは、何にも気にせずメイクしてましたが、

この歳、アラフォーになってマットなメイクってすごく老けて見えるってことに気が付いた!

 

しわしわ感が増して、ハリもなく見える。

もうね、この歳に大事なのはやっぱり艶なのですよ。

 

どんなに世の中がみんなマットなメイクをしたとしても、

私は艶肌一筋で行きますよ。

 

よくテカるとかいいますが、アラフォーはむしろテカってたほうが良い”(-“”-)”!!

そのくらいマットなメイクは余計老けさせるし、しわも目立つ。

 

アラフォーメイク注意点② 目の周りに濃いコンシーラーは塗らない

最近、ほんと目の周りに年齢が出てきたーー!!!

 

しわしわっと小じわに、黒くくすんでいるし、クマはひどい。

そんなときは、ファンデを濃く塗ったり、コンシーラーを駆使して一生懸命かくしてみたり、

努力するんですけど、

それ全部逆効果です。

 

それでも使いたいなら、

クマの部分にゴマ粒くらいのコンシーラーをうすーくうすくつける程度。

 

シミも隠せるようなカバー力が強いコンシーラーなどをつけるのはほんと危険!

逆に隠してあるのがまるわかりです。

一日過ごしてる間に、ひび割れのようにもなり、汚くなります。

 

若い子たちは、下のまぶたにアイシャドウを入れたりもしてますが、

これも同じです。

むしろアラフォーは塗らないで、肌色に近いハイライトを置くくらいでちょうどいいと思います。

アラフォーメイク注意点③ アイラインはひかえめに

アラフォー以降のアイラインも気を付けたほうがいいところですね。

 

常々そう思ってたんですが、最近特にそう感じたことがあったんですよ。

 

それは最近、テレビで相撲協会の会長?の女性が会見しているのを見た時のこと。

 

多分60歳くらいの人なのか?あまり興味ないんでわからないですが、

がっつりがっつりアイメイクしていて、

でも年齢で目の周りのハリがないのでアイラインはよれてるし、

目の極まで引いているから、目じりのしわは余計目立ってるし・・・

 

こわいなと思った。

若いころからずっとメイクしていくと、歳をとった時に、

自分の変化が客観視出来なくなるのか、

変化に気が付いていないのか、

周りの若い人達と同じと思えるのかわからないけど、

まあ、とにかくこわいな、自分は気を付けようと感じたのでした。

 

毒舌続きですけど、いや、ニュースなんて耳に入らないくらいメイクにびっくりした!

 

歳をとってくると、目がが小さくなってくる気がするし、くぼんでくるし、

アイラインもうまく使えるなら必要だと思いますよ。

でも、引き方が大事!

 

10代20代と同じではもう駄目なんですよ。

アラフォーのアイラインは、

細く細く目の極に沿って繊細に引くこと、

目じりまではみ出すような長さでは引かないが絶対だと思ってます。

 

アラフォーメイク注意点④ チークの場所

ミニマリストに憧れてメイク道具を減らしたときに、

チークを断捨離したんですが、やっぱり必要になり復活させました。

 

歳をとると、どうしても顔が黄ぐすみするんですよ。

チークが無いと、完全な疲れ顔の出来上がりだったんです。

 

チークで血色をプラスさせるんですが、

入れ方に注意。

お笑い女性芸人のガンバレルーヤのよしこさんみたいなチークでは日常生活では浮きますよ!(^^)!

頬骨のすこし高い部分に軽く丸く中心側に柔らかく入れる感じがいいですよ。

 

アラフォーメイク注意点➄ マットなリップは使わない

これも、注意点①のマットなメイクはしないとほぼ一緒なんですが、

やっぱり唇も艶があったほうが若々しくも見えます。

 

マットで濃くくっきり口紅を塗っている人、最近あまり見ませんけどね、

唇も歳をとれば縦しわが増えて、乾燥もしています。

そんなときは、ティントやグロスを足すといいですよね。

まとめ

20代のころの肌の悩みって、吹き出物くらいで、

アラフォーになるとこんなに肌の悩みが増えるなんて想像していなかったです。

 

でも、ちょっとしたコスメの使い方とコツで

わかわかしく見えたり、逆に老けて見えたりするのもわかってきたので、

上手にメイクを生かして楽しい気分で生活したいですよね。

 

私は、これからも物を減らしつつ、ミニマムな生活にしつつ、

メイク、コスメは減らせなくても厳選しつつ、気分よく生活していけるようにしたいなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康・美容
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事