「隠し口座」バレないのはどこの銀行?へそくり主婦が教える解決法!!

スポンサーリンク

【2019.07.02記事修正】

先日、へそくりがバレてしまった友人は、イオンカード使って再びへそくりを開始したとのこと!!

 

↓まだ読んでいない方はこちらの記事へどうぞ

イオン銀行が主婦のへそくり口座・隠し貯金口座におすすめの理由とは
【2019.08.17記事修正】 みなさん、へそくりしていますか? 突然ですが・・・。 先日、私は専業主婦の友人と会ったのですが、へそくり通帳が旦那に見つかってしまって毎月もらっていた食費が5万から2万に減らされて...

 

やはり、へそくりを上手に貯めていくには、

断然「イオン銀行(イオンカード)」がおすすめなんです!!

 

 

しかし、きっと世の中には、まとまったお金を見つけると

すぐに使ってしまう浪費家の旦那さんをお持ちだったり・・・

見つけにくいお金の隠し場所はないかな~とお探しの方もいると思います。

 

ちょっとまだイオンカードで入れておくだけでは、

見つかるのではないかとちょっと不安・・・

ということで、今日は、

イオンカードはイオンカードでもさらにバレない方法について紹介しようと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

公式サイト

イオンカードセレクト



\只今、カード利用代金の最大20%がキャッシュバックされます!(上限10万まで)/

 

イオンカードの最新入会キャンペーンがすごい!カード利用代金20%戻るって本当?
私は、へそくり口座としてイオンカードセレクトを利用しています。 \参考記事はこちら/ 今日イオンカードのホームページを見たらなんと!!こんな表示を発見。 (出典:イオンカードセレクト公式ホー...

 

スポンサーリンク

隠し口座 バレないのはどこの銀行?

img src=”puppy.jpg” alt=”バレない隠し口座”



 

まずは結論から!イオン銀行の定期預金に少しづつ移動する

詳しい説明や理由は後程書くとして、先に結論から!

 

 

『イオン銀行の定期預金に預けましょう』

 

イオンカードセレクト

イオン銀行にへそくりしておくでも十分なのですが、

絶対に下ろされたくない、絶対バレたくないという方は

へそくりが一万円に達したら、イオン銀行の定期預金に振り替えをする方法がすごく

いいですよ。

 

 

簡単ですよね!この方法なら、へそくり貯金が守れますよ!

 

 

 

夫の金遣いの荒さにストレスを感じる主婦たち

主婦の方は、

万が一のためを思ってへそくりをしている方が多いと思いますが、

世の中には金遣いの荒い旦那さんに困っている方が結構いるようです。

 

金使いが荒いまではいかなくても、

趣味にどんどんお金をつぎ込んでしまい、

いざというときに、

まとまったお金が出せないというケースも・・・

 

img src=”puppy.jpg” alt=”バレない隠し口座”

 

【グラフ引用】

「キッコーマンニュートリケア・ジャパン からだ想い」調べ 女性のからだの悩みと女性を輝かせるパートナーに関する調査より

 

こちらのアンケートによると、

女性のストレス第一位の原因は、「家計のやりくり」

 

さらに注目なのが、

女性のイライラ原因の第6位は「旦那の金遣いの荒さ」です。

2割の方が悩んでいらっしゃる・・・。

 

 

一生懸命、奥さんがやりくりしてお金を貯めても、

旦那にどんどん湯水のごとく使われてはストレスは感じるし、

毎日が不安でしょうがないですよね。

 

通帳などを見て、お金はまだまだあると思われてしまっては困る!

 

 

 

これは、お金を安全な場所に避難させるしかない!

そして旦那に見つからない場所に隠さなきゃ!

と考える主婦がいるのは当然ですよね。

 

 

そこで、先ほどの方法、イオン銀行の定期がおすすめなんです。

🌸公式ホームページ▷▷▷イオンカードセレクト

\只今、カード利用代金の最大20%がキャッシュバックされます!(上限10万まで)/

 

 

イオンカードがへそくり、隠し口座におすすめな理由

まず前回の記事のおさらいから・・・

 

イオンカードセレクトが、なぜ隠し口座に向いているのか?

へそくりの隠し場所としてもいいのか?

 

理由は次の通りです!

 

  1. ネット銀行なので通帳がない!
  2. キャッシュカードとクレジットカードが一体化しているカードなので、万が一聞かれたら、クレジットカードだと答えれば良い!
  3. キャッシュカードとクレジットカード、イオン電子マネーも一体化してるので、万が一突っ込まれたら、イオン電子マネーカードを作ったと言えば良い!
  4. 年会費、入会費無料(これは大事)
  5. 全国約55,000台のATMで、入出金手数料0円!(イオン銀行ATMが365日0円)気軽にへそくりを入金できる!
  6. 「イオン銀行Myステージ」でステージごとの特典を受けられる▶「イオン銀行Myステージ」についてはこちらへ

 

つまり、もし旦那に、

「ねえ、このイオンカード何?」と聞かれたら、

「イオンのクレカだよ、買い物の時に5%OFF受けられるからさ」

「イオンの電子マネーWAON使うから、このカードでお金チャージして買い物してるんだよ」

って答えれば、その場はクリアできます!

 

 

これでもへそくり対策はバッチリですが、

さらに念には念を・・・という方には

ここから定期へ移動するのがおすすめ!

 

 

へそくりの保管はイオン銀行『定期預金』へ

もちろん、先ほどの方法でも、バレることはないと思いますが、

念には念を入れて、『イオン銀行の定期預金』にお金を入れておきましょう。

 

【重要ポイント】イオンの定期預金には、1か月から5年までの預け入れ期間が選択でき、一万円から普通預金からの振り替えで預け入れができます。
イオンの定期は、何と言っても
一万円からこまめに定期へ振り替えできるのがいいんです!

 

つまり、

イオン銀行内の普通預金のへそくりが1万になったら、

インターネットバンキングで定期預金に移動させるだけ!

 

 

万が一、万が一、万が一、見つかった場合でも簡単には下せないというわけです。

 

 

 

イオンカードセレクトの公式ホームページより定期預金のポイントをまとめると、

ポイント1

確実にふやせる定期預金(1万円からOK)

1万円からお預け入れができ、お預入れ期間を1カ月から5年までご自由に選べます。
「余った家計費(つまり、へそくり)をこまめに定期に」なんて方にピッタリ!

ポイント2

24時間365日いつでも定期預金のお預入れが可能
インターネットバンキングならパソコン・スマートフォンで、いつでもどこでもお取引きが可能!

ポイント3

インターネットバンキングを利用すれば、定期預金の満期を迎える前にメール連絡が来る。

また満期を迎えた明細もネットで確認できる!

 

※ちなみに解約は、店舗・コールセンター・ATM・インターネットバンキングで手続きできますが、コールセンターの場合は解約書面でもやりとりになるので、そのほかの方法を選択してくださいね。

 

イオン公式サイトイオンカードセレクト

\只今、カード利用代金の最大20%がキャッシュバックされます!(上限10万まで)/

 

私の時は、ポイントキャッバックだったので・・・このキャンペーンは羨ましいです。

 

イオン銀行ATMが無くても入金が簡単

イオンやミニストップなどのコンビニも近所にないからイオン銀行に入金ができないよ~という方は、近くに郵便局はありませんか?

 

 

イオンカードセレクトは、ゆうちょ銀行ATMでも、

普通預金への預け入れや引き出しが平日日中手数料無料なんです。

 

ですので、平日に近所の郵便局にいってイオン銀行にへそくり入金可能です!

 

イオン銀行ホームページより引用

 

 

バレない隠し口座を作りたい方は、

2019.09.30までの入会キャンペーンをお得にに利用してみてくださいね!

 

 

公式サイト

イオンカードセレクト


\只今、カード利用代金の最大20%がキャッシュバックされます!(上限10万まで)/

 

まとめ

ということで、結論!!

隠し口座、へそくり口座、へそくり保管場所なら、

イオンカードセレクトが一番安全ですよ。

 

そして、さらに安全なのは、そのまま定期預金に移動しておくことです。

 

手順をおさらいします。

  1. イオンカードセレクトに申し込み(専業主婦でも大丈夫!)
  2. カードが来る(あくまでもクレカ・電子マネー用ということで)
  3. インターネットバンキングを登録しておく
  4. イオン銀行にへそくり入金(イオンATM、ゆうちょATM)
  5. 1万貯まったら、定期預金へ移動(ATMやインターネットバンキングで)

これで、大切なお金を安全に貯めていくことができますよ。

自分のために、家族のために、楽しみながら心の安定剤『へそくり』をしていきましょうね!

 

通帳と印鑑の保管 隠し場所リスト12選!泥棒は見ないでください!
自宅で通帳、印鑑などの貴重品はどういう方法で保管していますか? 隠してしまっていますか? 私は実家に住んでいた時に、1度泥棒に入られたことがあります。 それから、結構貴重品に関しては神経質になっている部分があります。 ...

 

おすすめ記事広告



お金クレジットカード
スポンサーリンク
シェアする
心も体もお金も大事