ハローワーク職業相談でそのまま使える質問39個一挙公開!簡単に実績を作る方法

Sponsored Links

【2019.06.06質問新規追加済み】

※今後も少しずつ質問を増やしていく予定です。

私は、今まで3度失業保険をいただきながら、就職活動をおこなってきたことがあります。

無職になっても即希望の求人が見つかるのなら、それにこしたことは無いんですが、

実際は、なかなか希望にそった求人は見つからないし、

少し落ち着いて職探しをじっくりしたいという人ももちろんいるでしょう。

失業保険をもらいながら、求職活動をするわけなんですが、

その時に、ちょっとしたネックになるのが

「職業相談に行き、求職活動実績を作ること」

なのです。

「ハローワークのパソコンで求人検索するだけじゃ、実績にならないの?」

と思う方もいるかもしれませんが、これだけでは、求職実績としては認められません。

(数年前、全国的に不況のときに?パソコンの検索だけで求職実績と認められていた時期もありましたが、今はほぼないです)

でも、職業相談なんて興味を持った仕事が無い時に何をすればいいわけ?

何を相談するの?と思う人は少なからずいるはずです。

そんな時に、どんな質問をすればいいのか?どんな点を話せばいいのか?

3度失業保険を貰ってきた私が、そのまま使える体的な問内容実例

39個まとめたので、ぜひハローワークの職業相談で役立ててください!

そのままご自身の職業相談に使える質問ばかりですよ。

▼こちらの記事も一緒に読まれています▼

高倍率の職業訓練に合格した私が、申し込みから学科、面接対策、当日のポイントをすべてまとめました。これを読んであなたもぜひ職業訓練に受かってくださいね。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハローワーク職業相談でそのまま使える質問39個一挙公開!簡単に実績を作る方法

ハローワークの職業相談当日の流れ(ハンコ・日付スタンプをもらう)

まず、失業保険をもらうには、ハローワークでの求職活動実績が必要になります。

やめた理由が会社都合なのか、自己都合なのかでも少し変わってきますが、

基本、最低でも認定日までに2回以上の求職活動実績(ハンコをもらう)が必要になります。

求職活動実績になるものとしては、

  • セミナーを受ける
  • 興味がある仕事の面接を受ける
  • ミニ面接会に参加する
  • 窓口で職業相談をする

等いくつかあります。

その中で今日はハローワーク窓口で職業相談をするケースを見ていこうと思います。

職業相談の流れは、

①総合受付でハローワークカードを見せて、「職業相談」と伝える

②番号札を受けとり、番号が呼ばれるのを待つ

③呼ばれたら窓口に行き、相談員の方を話をする

④相談日の印(ハンコ)を押してもらう

こんな感じなので、実質窓口に座っているのは5分くらいです。

職業相談の前に、検索パソコンで求人票を出す必要はありません。

ハローワークに到着したら、受付に直で向かってOK。

その時に具体的な興味のある求人がなくても、手ぶらで職業相談に行けばいいんです。

私は、初めての職業相談の時のことですが・・・

気になる求人もないのに、職業相談のためだけに、必ずいくつか求人をピックアップして、

相談窓口にもっていかなくてはならないと考えてました。

しかし、そんな必要は全くありませんよ~。

そこまで興味あるわけでは無いけど・・・っていう微妙な求人票を持って

職業相談に挑んだんですが、どんどん話が進んでしまったことがあり、

この場合逆に迷惑がかかるし、自分にもメリットはないので、

とくにお目当ての求人がない場合は、手ぶらでOKです。

職業相談の実績作りは簡単

Sponsored Links

職業相談は、基本的に肩の力をぬいて気楽に挑めば問題ないですよ。

難しいことは何一つないです。

相談員の方に、早く就職しろ!やら、面接を受けなさい!なんて言われないですし、

ちゃんと求職活動してるのか?なんて問いただされることもないですから(笑)

こわくないですよ!

今悩んでいること、なんとなく気になっていること、知りたいことをなんでも話せばいいんです。

もし、こちらから話さなかったとしても、職安初日に記入した希望内容などの情報から相談員の方から、情報をくれたり、いろいろ話しかけてきてくれますよ。

それでも、やっぱり何も考えていないように見えてしまうと、

「この人は、就職する気が無いんでは?」

と思われてしまう可能性もあるので、

いくつか私が実際にしてきた職業相談内容をここに39個一挙に公開します

ハローワーク実績作りでの職業相談内容39例

Sponsored Links

私は事務職希望なので、事務職に偏りがちな内容ですが、

自分の希望業種に置き換えて参考に使用してくださいね。

それでは一気にいきま~す!!

【具体的質問内容】

  1. 短い期間で仕事を変えている経歴があるが、次の就職活動でどう説明すればいいのか?
  2. 履歴書の○○の部分の書き方がわからない
  3. 常備薬を飲んでいるが、履歴書の健康の部分には何と書けばよいのか?
  4. フルタイムで働きたいが、正社員がいいかパートがいいか、派遣がいいか悩んでいる
  5. 役所系の求人はいつが一番多くでるのか?
  6. (具体的な気になる企業があったら)企業名を出し、最近その会社の求人は出ていないか聞く
  7. ○○系の職業訓練は今はないようですが、近々行われる予定はないですか?
  8. 職業訓練を受けたい時は、どうすればいいのか?申し込み方法は?
  9. 職業訓練を受けると再就職に有利になりますか?
  10. 職業訓練に興味があるが、筆記試験は難しいのか?どういう対策すればいいのか?
  11. 有効求人倍率は今良くなっているみたいですが、正社員の事務職もそのくらいの倍率なんでしょうか?
  12. ○○歳で正社員で事務職に再就職できる方って結構いますか?
  13. 自分の出身大学、学部と関係がない求人に興味があるけど、面接で突っ込まれた場合そのように話していいかわからない
  14. 試用期間はありますか?試用期間のお給料はどのようになっていますか?
  15. 実務経験が必要と書いてあるが、どの程度の実務経験なのか?
  16. 通院しているが有給休暇はとることは可能か?
  17. 一年通じて平均的に残業があるのか?繁盛期みたいなのがあるのか?
  18. 電話が苦手なのだが、電話の頻度はどのくらいか?
  19. 仕事内容の「庶務」とは具体的にどのようなことか?
  20. 休日出勤はあるのか?
  21. 年齢制限はある?企業が欲しいと思っている年代は決まっているのか?
  22. 求人票に男女比が載っているが、どういった年代の人は多いのか?
  23. 職場は静かな職場なのか、賑やかな職場なのか?
  24. タバコが苦手なのだが、喫煙禁煙化環境はどのようにしている会社なのか?
  25. ボーナスありになっているが、入社してすぐにでるものなのか?
  26. 住居手当・家族手当はどうなっているのか?
  27. 未経験だが、やっていけるのか?
  28. 再就職したのち、取るべき資格などがあるのか?
  29. ノルマはあるのか?達成できなかった場合について
  30. 〇月ごろにも求人が出ていたのを見たが、その方はすぐにやめられてまた求人を出しているのか?

【3/8質問追加】

31.欠員募集は、その仕事に慣れていない人が入ったらやはり大変なのか?増員募集の方がいいのか?

32.○○関係の仕事で退職金制度がしっかりある会社の求人は出ているか?

33.職業訓練を受けると、仕事の斡旋をしてもらえるのか?

34.パソコンスキルはどのくらい持っていた方がいいのか?

35.最近、初めてハローワークに出てきた求人をいくつか見てもらいたい(過去何回も求人が来ていないもの)

36.派遣会社によくある紹介予定派遣というものは実際正社員になれるものなのでしょうか?

37.自分の学歴(中卒・高卒・短大・専門など)で受けることができるのか?

【6/6質問追加】

38.『終身雇用が終わり』というニュースを見たんですが、こちらの会社の制度的にはどのよう雇用制度になっているのでしょうか?(最近のニュースより)

39.正社員と派遣社員とパートの人数の割合とかはどのようになっているのでしょうか?

以上39個の具体的質問内容でした。

前半(1~13)は、まだ興味のある具体的な求人が見つかっていないとき、後半(14~30)は求人票を出して質問する場合です。

31以降は追加分です。

もし、求人票も持って行って質問しても、必ず面接を受けなくてはいけないということはありません。

話を聞いてみて、「う~ん・・・」と思ったり、ちょっと合わなそうと思ったら、

以下の言葉を言えば大丈夫!!

「家に持ち帰って検討します」

「自分でももう少し調べてみます」

「家族にも相談してみます」

これで大丈夫。

実績の印を押してもらって職業相談終了となります。

勧められたからといって、妥協して決めてしまって後から後悔なんてことがないようにしてくださいね。

私の求職活動実績作りのおすすめ方法

転職エージェントで実績作りも転職も楽にできた!

私は、失業保険中、ハローワークだけでなく、より多くの就職情報を得るために

いくつか転職エージェントを登録をしていたんですが、

これが求職活動実績作りにも使えたのでご紹介しておきますね。

このおかげですごく実績作りも就活も楽になったんです。

どういう方法かというと、

『転職エージェントがやっている無料セミナーに参加する』

という方法です。

ハローワークで実施しているセミナー参加で1回分の求職活動実績になるのは、

わりと知られている方法なのですが、

実は、転職エージェントでも無料セミナーが開催されていてそれでも

1回分の求職活動実績になるんですよ!

私も、はじめは知らなかったんですが、きちんとハローワークにも確認済みの方法です。

ちなみに、2回目の失業保険をもらっているときには、

その登録した転職エージェント紹介の求人で仕事も決まりました。

どこの転職エージェントかというと、「DODA」というところなんですが、

有名なので、テレビで見たことがあるかと思います。

【公式サイト】
業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

転職エージェントDODA無料です。

このような方は、このDODA1か所だけでも登録しておくと役にたつと思いますよ。

  • 求職活動実績になるセミナーに参加したい方
  • ハローワークや転職サイトで自分にあった求人が無い方
  • 自身の経験が活かせる仕事の見つけ方が分からない方
  • 転職をしたいけど、何から始めていいか分からない方
  • 履歴書・職務経歴書の書き方など基本的なことからわからない方
  • とにかく一人での就職活動が不安な方

登録は時間もかからず簡単です▶▶▶業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

まとめ

いかがだったでしょうか?

私も、初めて失業保険を受けることになった時に、

一番困ったのが「職業相談」での実績作りでした。

具体的に何聞けばいいのよ~と悩んだことがあったので、

きっと同じように悩んでいる方がいると思ったので記事にまとめました。

どなたかの参考になれたら嬉しいです。

いい職場が見つかるように、焦らず、流されず、求職活動していきましょうね。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス
こちらの記事も一緒に読まれています。

日商簿記2級合格者が語る一度で受かる勉強法!なぜ2級は合格率が低い?難易度が上がった日商簿記簿記2級ですが、90点で150回の試験合格しました。最新151回の試験もかなり難しいひどい試験になっている模様です。 昔の日商簿記とはまるっきし変化した簿記2級に確実は受かる方法をまとめました。

日商簿記2級工業簿記の簡単苦手克服法!工業簿記を制するものは2級を制する!150回日商簿記2級に合格しました。どうしても始めは工業簿記に苦手意識がありましたが、克服し工業簿記は満点、大得意になりました。工業簿記が必ずできるようになる勉強法をまとめました。

無職生活中でも節約中でも趣味を楽しむことは大切です。今日は、無職の私が楽しんでいる趣味10選を集めました。趣味探し中の方はぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク