HSPの超おすすめ本!HSPの私が生きやすくなった8冊をご紹介!



繊細で敏感で生きづらい。

周りに気を遣いすぎて、人といるのが疲れる。

周りの感情にすぐ気が付いてしまうから辛い。

 

こんなことを悩みながらここにたどり着いたかもしれませんね。

 

私もHSP

幼少期から悩み続け、大人になり、社会人になったら生きづらさが倍増。

転職を繰り返し、精神科にも行き、やっと自分がHSPだと気づくことができ、

今はすごく楽になりました。

だからこれから、絶対生きやすくなりますよ。

下記の記事は、私の日常からHSPについて書いた記事です。

こころ
こころ

読んでいない方はどうぞ読んでみてくださいね

繊細すぎるHSPだと気が付いた経緯と生きやすくなる2つのアドバイス

HSPの転職歴から考えるHSPが適職につくためのポイント

無視する人の心理とは?気にしすぎるHSPが無視された時の時の対処法

スポンサーリンク

HSPの超おすすめ本!HSPの私が生きやすくなった8冊をご紹介!




HSPの本に出会い自分がHSPだと気が付いた

精神科に行っても、カウンセリングを受けても、結局なにかしらの病名をつけられて

お薬もらっておしまい。

自分の中で腑に落ちないし、生きづらさは相変わらず続いていきます。

 

そんな時に出会ったのが、こちらの本です。

この本をきっかけにいろいろなHSPの本を読んで、

生きやすくなっていったので、恩人のような本です。

 

 

書かれていることがほぼ私のことでした。

おなじHSP気質の方が書かれた本なので、本当に細かな部分までわかってもらえる安心感は半端ないです。
この生きづらさは病気じゃなくて、私の生まれ持った特性だったんだ!
それに気が付くことが出来てからは、自分で自分のことが理解でき、
対処が出来るようになったため、生きるのが楽になってきました。
頭の中でぼんやりしていた感覚が、はっきりしてくるのが分かりますよ。
その後も、HSPの本を結構たくさん読んできたので、今日は、HSPの私の視点で、同じ悩みを抱えている方におすすめの本をご紹介したいと思います。




 

子どもの敏感さに困ったら読む本

 

 

すぐに先生のその日のコンディションに気が付き、相手の感情に振り回されてました。私自身、幼少期から自分で自分が謎なくらい神経質&敏感&繊細でした。

 

まずは、子どものころのことを振り返りたくて、この本を手に取りました。

HSCとは、HSPの子ども版。

小さなことを気にしてその感情が長引いたり、

他の子がなんなくやっていることに抵抗を感じてできなかったり、

少し変わっていると思われていることに気が付いていて、それをいい子を演じて隠そうとしたり。

母親の感情や表情にも敏感で、もしかしたら大人からみたら育てにくいと思われている子。

 

先生でも母親でも父親でもだれか一人HSCに気が付いて、

HSCのすごいところに焦点を当ててもらえたら、

きっと救われる子供が多いだろうなと思いましたよ。

この本は、HSPやHSCの臨床医としての経験を持っている筆者がかいたもので、

敏感な気質を才能としていかしていく方法が紹介されています。

 

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本

 

自分はHSPなのか?それとも違うのか?

まだよく分からない状態の方におすすめの本です。
この本で出てくるのは、
・人混みが苦手
・音、臭い、電磁波など細かく気になってしょうがない
・食に敏感
・ネガティブ、気にしすぎと言われる
などHSPの特徴が出てきます。
個性として生きやすくなる実践法がケース別に紹介されていますよ。

 

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法

 

3か月予約が取れない人気のカウンセラーさんが敏感すぎる人のために書いた本。

自分自身、本当の自分を出せない、自分らしく生きたいのにどうしたらいかわからなくなった時に開いた本です。
例えば、
①周りの顔色が気になりすぎておどおどしてしまう人
②他人の評価が基準で生きている人
③他人にどう思われるか気になる人
④断れない人
➄人と会うと疲れてしまう人

におすすめできます。

7日間のワーク式になっていますが、

他人軸ではなく自分軸で考える力がついて、楽になれる一冊です。

 

マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術

 

私がそうだったんですが、HSP気質の方は、なにかと日々に疲れてると思います。

そんな時、活字だらけの本なんて読みたくない!
これはマンガなので、気負わず読めますよ。
しかも内容はしっかりしたものなので、すごくよかったです。
1章には、敏感すぎる理由が書かれており、
2章目からは、「人間関係」「内気な自分」「異性関係の悩み」「マイナス思考」それぞれを解決するためのメンタル術が書かれていて、実践的な本です。

 

敏感な世界に生きる敏感な人たち

本の冒頭に、HSPに当てはまるかどうかのチェックリストが付いています。
私はこれで高スコアをたたき出しましたよ。

なにより役に立つのが、本の巻末にアイディアリストというものがついているところ。

日常の中で過度なストレスを感じた時の対処法やアイディアがかかれているので、

生きづらい方はこの本をそばに置いておくと心強いでしょう。

 

他人とうまく関われない自分が変わる本

(この本はHSPから考えるのではなく、幼少期の養育と生きづらさを発達性トラウマとして考える本です)
幼少期に起きたことを大人になった今見つめて、HSP気質とうまくつきあい、自分の人生を全うする対処法が書かれています。
HSP観点から今の生きづらさを見るのではなく、もう少し他の視点から知りたい方や、
自分が親の立場になり、子育て中で悩みがある方にも読むと得られるものがあると思います。

過敏で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服の道

 

こちらの本では、チェックリストで、自分の過敏性をチェックすることができます。
「大きな音や騒々しい場所が苦手」
「話し声がすると集中できない」
「人から言われる言葉に傷つきやすい」
「頭痛や下痢になりやすい」などは、
単なる性格や体質の問題ではないことが良くわかります。
最新研究からわかる過敏性の正体について、また、豊富な臨床的知見と具体的事例を通して、HSPの真実と克服法がわかりますよ。
愛着障害など小さいころの経験が思っている以上に大人になっても影響を及ぼすことがよく理解できる本です。
スポンサーリンク

まとめ

今、HSPもHSCも話題になっているので、
本屋さんでもかなりの本が置かれています。
今までなんとなく苦しかった方も、本を読むことで、自分の感情がクリアになっていきますよ。
自分で自分が分からない、なんとなく生きづらいって状態は本当に苦痛ですよね。
今回紹介した本は、HSP本を読んでから楽になった私が、
本当におすすめしたい8冊です。
少しでも、こちらに来られた方が楽に生きられるように少しでもお役に立てたら嬉しいです。