自分を取り戻す方法が「ミニマリストになること」だった!

SPONSORED LINK

「自分らしく生きていない」

「人の目ばかり気になって自分がわからない」

そういう方結構いるのかなと思います。

私もずっとずっとずっとそう感じて生きていきました。

こころ
こころ

辛いですよね・・・

もし、今、私と同じような状況で悩んでいる方がいたら、ぜひミニマリスト生活をおすすめします。

ダメ元でもいいので試してもらいたいです。

私自身、ミニマリストになったことで自分を取り戻せている感覚があるからです

自分を取り戻す方法が「ミニマリストになること」だった!

img src=”puppy.jpg” alt=”ミニマリストの部屋”

他人を気にするHSP&アダルトチルドレンの私

このブログはあらゆるジャンルなんでも書いちゃう雑記ブログですが、私自身HSP、アダルトチルドレンのためそういった関連記事も多いです。

こころ
こころ

アダルトチルドレンの方やHSPの方から直接メッセージをいただくこともあり、よく励まされています。ありがとうございます。

 

 

HSPも、アダルトチルドレンもそうなんですが、もうね、とにかく漠然と生きづらいんですよ。

外では人の目ばかり気にして、他人の意見ばかり取り入れて・・・すっかり自分がなくなりました。

自分の本当の気持ちもよくわからなくなりました。

 

何が原因で今こういう状況になっているのか、自分でもわからないのに辛い。

人にもうまく説明できないし・・・

 

心、頭の中は、たくさんの糸がからまるようにグチャグチャ。

手を加えれば余計にからまって・・・

他人と関われば余計にからまって・・・

もう最後は何もかも嫌になる。

こころ
こころ

「もう世の中の全員から忘れ去られたい」「明日起きたら消えてないかな」なんてよく思っていたよ。

 

他人基準で生きた結果

学生時代から、先生の目や評価を気にしていました。

進路も親、親戚、近所の目を気にして決めました。

 

こころ
こころ

ファッション1つとってもそう。

周りからおしゃれに見られたい、賢く見られたい、お金があるように見られたい、綺麗に見られたい・・・こんな他人基準で買っていました。

こんな安っぽいの着れない、雑誌のような全身コーディネートが必要、あのブランドでそろえたいなどなど。

一見こだわりがあるように見えるけど、ただただ世間の声に流されているだけ。

当然、貯金はゼロです。

お給料はファッションや化粧品で使い果たし、通帳残高が800円ほどになった通帳を見つめてATMの前で呆然としていた場面が今でも浮かびます。

 

当時はまだあまりなかった有料のファッション診断みたいなものを受けたこともあります。

こうして他人の目を気にして、他人の意見を取り入れていくうちに、服装はハチャメチャ、何を着ればいいのか、わけがわからなくなりました。

 

こころ
こころ

これは生き方も同じです。

10人いたら10人とも違うことを言うのに、それに合わせようと必死。

その結果は、自分の中身が空っぽ。

自分がなくなりました。

 

自分を取り戻す(自分基準を取り戻す)方法

他人に合わせておけば、とりあえず外面だけ取り繕っておけば、一見うまくいくように見えるのですが・・・

不思議なことに、なぜだかいろんな問題や障害が出てきたんですよ。

 

仕事も、親との関係も、新しい家庭内でも、体調悪化、病気、入院・・・

 

 

数えきれないくらい問題が一気に噴出してきました。

こころ
こころ

当時呪われているのでは?と思い、お祓いを受けようか真剣になやんでいたよ・・・

まあ、全ての問題の根本は、自分基準で生きることが出来ず、自分自身が幸せではなかったからなんですよね。

 

人の目を気にしたものは全部捨てる

自分を取り戻したい一心でしたこと。

こころ
こころ

それは、人の目を気にして持っているものを全部捨てること!

たいして着心地も良くないのに、ブランドタグに魅力を感じて持っているスーツ。

重くて使いづらいブランドバッグ。

毎回履くたびマメができるのに人から素敵だと言われるからと持っている靴。

可愛く見られたいためのまつ毛のエクステ、マスカラ、数えきれないほどのアイシャドウ、肌荒れするのに公衆トイレでデパコスアピールしたいがために持っているファンデーション。

買った時に、「これ買ったら、おしゃれに思われるかも~」「これしたら他人から可愛いって思われるかも~」って・・・

今書いててほんと恥ずかしくなりますが、他人視点で買ったもの、やったこと全部捨てました。

 

他人のアドバイスは受けない

ファッションなら、「骨格診断」「パーソナルカラー」といった専門家からアドバイスを受けられるものってありますよね。

うまく自分の基準に生かせることができる方ならいいんですが、私にはそれができない。

他人の意見に振り回される危険性があるので、そういった他人からアドバイスを受けるような場所にも行きません。

 

ミニマリストになっていくことで自分を取り戻した

こころ
こころ

こんな感じで今、物が少ないミニマリスト生活になったわけなのですが・・・。

数年にわたり徐々に徐々にですが、自分の基準がわかり、自分を取り戻し、だいぶ自己主張できる人間になったなと感じます。

もちろん、私が変わったことで、離れていった人もいます。

でも新しい出会いもあります。

 

ファッションに対しても変わりましたよ~。

服なんて、半年くらい買っていないし、5年くらい前のものも大切に着たりもしています。

YouTubeとかでも、おしゃれな方が秋冬にむけてのコーディネートとかこの秋のファッション購入品なんていうのもよく見ますが、まだまだ今ある服が大切に着られるので今のところは購入予定なし。

以前はあれほどこだわっていたように見えたファッションも他人の評価(人からどう見られるか)のためだったんだな・・・とわかり、改めて衝撃を受けました。

こころ
こころ

誰かが決めた流行りなんてどうでもいいね!

 

こころ
こころ

今、ミニマリスト生活をしてますがバッグはこんな感じ↓

ミニマリストは自分を取り戻す手段

こころ
こころ

何のためにミニマリストになったの?

と聞かれたら、私は「自分基準を取り戻すため」「自分を取り戻すため」と答えます。

でも、自分を取り戻すようにしていたらいつのまにかミニマリストになっていたって言い方が正しいかも。

 

ミニマリストだって自分基準でいい

ミニマリストで有名な方々はたくさんいますが、「ミニマリストのくせに物が多い」「ミニマリストなんだからそれいらないでしょ」など言われることもあるようですね!!

こころ
こころ

これにはビックリ!

ミニマリストになると言っても、部屋に物がなんにもないあのミニマリストさんや、洗練されたおしゃれなものだけに囲まれているあのミニマリストさんと同じ必要はないんじゃない?と思います。

あの、あこがれのミニマリストさんがファッションにこだわっているからってマネする必要も無し。

季節が変わるたびあらかじめ着るものを決める必要も無し。

別に、ミニマリストだからってパソコンはりんごマーク、お財布はアブラサスじゃないといけないわけでもない。

自分が快適なら床にカーペットひいたっていい。

子どもの笑顔が見れるならおもちゃだってあってもいい。

大きなお財布が使いやすければ、みんなが小さいお財布だからってマネしなくてもいい。

 

私にとってのミニマリスト生活は、自分自身が幸せに生きやすくなるための手段でしかないし、物の数でミニマリストかどうか決まるなんて固定概念そもそも要らないんですよね。

こころ
こころ

昔の私のように他人に流されて、自分の気持ちや基準をないがしろにしているといつかひずみ(問題)が出てきます。

とにかく、自分を取り戻すと楽になる。

自分を取り戻したい人は、ダメ元でもいいから、まずは自分の物と向き合ってみてほしいです。

その物の後ろに隠された自分の気持ちにむきあってほしいです。

物が分類されていくと同時にモヤモヤした頭の中と、複雑にからまりあった心の中が整理されていくし、徐々に優先順位もはっきり見えてきますよ。

 

こころ
こころ

ついでにお金の無駄使いもなくなりましたよ~!