人の目が気になる?幸せになりたいなら他人の目なんて気にするな!

「人の目が気になる」

こういう人が結構多いと思います。

 

正誤に関わらず周りに同調する人が多い日本人は、協調性があるということができますが、人の目を気にして同時に窮屈、息苦しさみたいなものも感じていると思います。

 

こころ
こころ

日本人は横並びが好きだよね・・・

 

私自身は特にHSP(ハイリーセンシティブパーソン)なので、人の目も人の動きも異常に気になる性質なのですが、最近はだいぶマシになってきました。

人の目を気にしなくなると自分だけに集中できるし、楽に生きられます。

 

 

こころ
こころ

人の目を気にしていたらどうなるのか?

結論から言ってしまうと、「人の目なんて気にしていると99%幸せになれない」です!!

 

実際、人の目を気にしながら幸せに充実した生活をしている人に出会ったことが無いんですよね。(幸せそうに見せることは可能)

 

本当は100%と断言したいですが、世の中には人の目を気にし続けて成功し、それを幸せと感じている人もいるかもしれないので、99%ということにしておきます。

 

今日はその理由をお答えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

人の目が気になる?幸せになりたいなら他人の目なんて気にするな!

 




人の目が気になる人の背景

私自身、もともと超がつくほど人の目が気になる性質です。

 

こころ
こころ

私もそうでしたが、人の目が気になる人は幼少期「良い子」だったのではないでしょうか?

 

親に学校でいい顔を、近所でいい顔をするように言われていませんでしたか?

直接「他人にいい顔しなさい」と言われるわけではありません。

 

このような言葉です。

「近所でこんなことするのはみっともないからやめなさい!」

「学校にこんな格好していったら恥ずかしいからほかのものに変えなさい!」

「あのおばちゃんに怒られるからやめなさい!」

しまいには、「あの高校なんて恥ずかしいからほかの高校にしなさい!」

等々。

たぶん、親もそのまた親にそういわれて育ったんでしょう。

 

幼少期「良い子」だった私たちは、親の言う通りにしてきたはずです。

親の言う通りにしなければ、親は不機嫌になります。

うちの場合はものすごく怒られました。

 

大人になった私たちは、親に言われてきたとおりしなければ、親が不機嫌になったように、他人も同じように不機嫌になるだろうと無意識に判断し、周りの目を気にする大人になっていったのです。

 

人の目が気になる理由

こころ
こころ

人の目が気になるのはなぜか?

それは、「他人に嫌われたくないから」です。

親が不機嫌になったように、他人に嫌われたくないからです。

 

「飲み会に行きたくないけど、嫌われたくないから行こう」

「こんなダサい服装していたら周りから変に見られそうだからいい服を買わないと!」

「ライングループから抜けたいけど嫌われるかもしれないから続けよう」

 

実際、本当は飲み会を断ったって、嫌われないかもしれない。

ダサい服を思っているその服装を素敵と言う人がいるかもしれない。

ライングループを抜けても嫌われないかもしれないし、

仲良くしてくれる人がいるかもしれない。

 

こういう視点を忘れてしまっているのです。

他人に嫌われる!と決めつけ思い込んでいるのです。

 

幼少期の親から言われた呪縛は、自分で意識しないと、知らず知らず大人になった自分を縛りつづけていきます。

 

スポンサーリンク

人の目が気になる人が幸せになれない理由

 

こころ
こころ

人の目が気になる人が幸せにはなれない理由は次の通りです。

全員から好かれることは不可能

全員から好かれることは不可能です。

むしろ、「必ずだれかからは嫌われる」とも言えます。

 

自分の中で、最高だと思っている人、尊敬しているあの人って誰かからは嫌われてます。

こころ
こころ

あのマザーテレサだって、「偽善者」と言って非難する人だっているんですから。

どうにもならないんです。

全員に好かれたい、全員にいい子だって思われたいっていう願いは、100%叶いません。

そんな叶いもしない願いをかなえようとしていること自体人生の中で最も無駄なんですよね。

 

自分が努力して成長し、ステージや能力がアップしたからって、そこにも自分を嫌う人は必ずいます。

 

こころ
こころ

そもそも無意味、無駄な努力なんですよ。

自分の命を削って、そんな無駄なことに注力しているってことです。

人生なんてあっという間です。

そんな無意味な努力に注力していたら、いつまでたっても幸せにはなれません。

 

他人は全員言うことが違う

こころ
こころ

多分他人は全員が全員違うことを言うでしょう。

母親も父親も、先生も友達も、みんな違うことを言ってきます。

 

その時の思いつきで言っている人もいるでしょうし、あの時はこういったけど、日が変わったら違うことを言う人もいるかもしれません。

ひどい人だと「そんなこと言ったっけ?」なんて人も。

 

先生の言う通りにしたら、母親に批判されるかもしれないし、Aちゃんの言う通りにしたらBちゃんに違う意見を言われることだってあります。

相手の言う通りにしても、相手は責任を取ってもくれません。

 

そして結局誰かの意見に合わせていたら、別の人に非難されるんですよ。

どうせ、あーだこーだ文句や非難されるんだったら、はじめから自分に従ってその上で文句言われるほうが100倍マシですよね。

 

人の目を気にして、八方美人で人の意見に合わせていたら結局幸せにはなれないんです。

 

スポンサーリンク

人の目を気にしないための考え方

\猫っていいよね、マイペースで・・・猫になりたい/

 

人はだれもあなたのことは気にしていない

人の目が気になる人は、「私が主人公!みんな私を気にして私を見ている」と思っているかもしれませんが、

あなたの隣の人もみんな「私が主人公!そして私が正しい」と思っている人たちです。

自分のことで精いっぱいなので、だれもあなたのことは気にしていないのです。

 

自分は自分、あの人はあの人

あなたの人生に口出しをしてくる人は、あなたの人生に対して何もしてくれないし、

責任を取る気はさらさらありません。

 

「公務員になった方が生活安定するよ~」

「いい年なんだから、結婚したほうがいいよ~」

「絶対子供はいた方がいいよ~」

「子供は二人じゃないとダメだよ」

「年老いた親を施設に入れるなんて、ひどい子供だね~」

勝手に言いたいことを言ってくるでしょう。

 

人の言う通りに結婚したら、幸せになれますか?

人の言う通りに子供を作ったら、成人するまで面倒を見てくれるのですか?

 

自分の心に従う、自分の考えに従って生きる。

こころ
こころ

『あなたはあなた、あの人はあの人』なのです。

 

 

人の目が気にならなくなると楽

このブログにはめったにコメントはこないのですが、以前こんなコメントがきました。

こころ
こころ

「あんた、うざい」

 

これを見ても読んでもビックリするほど何も感じませんでした。

昔の自分なら、こんなちっちゃいことでも、いろいろ考えたことでしょうが、今は、瞬時に切り捨てておしまい。

 

こころ
こころ

人のことが気にならなくなっている自分の成長に嬉しさ、喜びを感じました!!

 

むしろ、このコメントをした方は、今この瞬間だって生きてる時間は着々と減っているのに、明日死ぬかもしれないのに、見ず知らずの私のために、「あんたうざい」というコメントを考え、コメントしてくれるんですよ。

相当暇か、幸せじゃないんだな思っただけです。

 

よくニュースを見ていると、犯罪を犯した人のことを「近所でも職場でも本当にいい人で穏やかな人だった」などと口々にコメントされているのを見ます。

 

私は、これを聞くと犯した犯罪は別にして、「この人は本当の自分は出せずに我慢して作り上げた世界だったんだな・・・。」と思います。

人の目を気にして我慢してその場がうまくいくこともあるかもしれませんが、それって永遠に続ける必要があるんですよね、

死んでしまうまで。

 

スポンサーリンク

まとめ

でもね、これは確実に言えます。

こころ
こころ

人の目を気にせず、ありのままの自分でいても、必ず自分を好いてくれる人はいます。

 

今まで人の目を気にしていた人も、ゆっくり少しずつでもいいと思うんです。

人の目なんて気にせずにもうそろそろ本当の自分で生きてみませんか?

こころ
こころ

人生はそんなことしている暇はないほど短いですよ。