第150回日商簿記2級合格者が語る勉強法!なぜ2級は合格率が低い?

SPONSORED LINK

数年前に仕事をしながら日商簿記3級を独学で取ってから、ずっと気になっていた

日商簿記2級

商業高校でもない、特に事務の資格もない。そんな主婦の方におすすめな資格が「簿記3級」。勉強しやすいちゃんとしたテキストを選べば1か月程度の勉強でも合格できますよ。

ようやく7月から勉強を始め、先日の150回 2018年11月18日の試験を受験しました。

そして合格することができました。

まだ全国の合格率が出ていませんが、私の住んでいる地域の合格率は一桁。

その他の地域を見てみても、かなり低い合格率になっています。

現在の予測では15パーセントに届かないかもとも言われています。

(12月現在判明している合格率は14.69%です)

ここ数年、試験範囲の大改訂が行われ、1級の範囲が2級に降りてくるなど、

日商簿記2級は難易度が高くなっています。

合格率も落ち着かない状態で、低空飛行しています。

そんな中ですが、今回合格することが出来た私が合格するためのコツや実際使用したものなどを紹介したいと思います。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

第150回日商簿記2級合格者が語る勉強法!なぜ2級は合格率が低い?

難易度がアップした日商簿記簿記2級の実情

数十年前に受けた人や昔の日商簿記2級の合格者と簿記について話をすると、

たいてい「簿記2級なんて簡単だよ」「過去問何回か解けば受かるよ」こんな言葉が返ってくるでしょう。

そんな言葉に騙されてはいけません。

日商簿記二級はもはやしっかり勉強しない限り受からない試験になっています。

過去問をやったところで、毎回見たことも無いような問題が出され、

本当に理解をして応用力がついていないと合格することが難しくなっています

そもそも試験範囲も大幅に変わっています。

なめてると落ちます。

昔合格した人、受けた人に、

「2級の連結会計が・・・税効果会計が・・・難しくて・・・」と言ったところで話は通じません。

試験そのものが変わっているのは、こちらの動画を見てみればわかるでしょう⇩

この動画で最近の傾向を知ってから受けるべきかなと思います。


【YouTubeよりお借りしました】

昔の合格者がワープして今の簿記2級を受けたところで受からないとのこと

それほど難しくなっているのです。

なので、もし2級に不合格になったとしても別に恥じることでもないし、

昔の合格者より知識や実力はついているのかもしれないのです。

私は、2級を受ける前に、ネット上にある情報を得ようといろいろ検索をしたんですが、

数年前のブログなどはもう難易度も範囲もまるっきし違うので、

あまり参考になりませんでした。

もし、これから受けるのであれば、

なるべく最近の試験を受けた人の情報を参考にするほうがいいと思います。

勉強する前に、

日商簿記2級の現在の実情をしっかり頭に入れることがまず大事です。

難化した日商簿記2級に絶対合格するための勉強法

簿記2級の勉強法 独学では受からないかもしれない

私が今回簿記合格のために選択した勉強法ですが、

オンライン簿記講座市販テキストを利用した独学です。

はじめは、本屋で普通にテキストを購入して完全独学しようか迷ったんです。

でも、テキストをパラパラみてもなかなか理解ができない!!

もう、勉強する前から受かる気がしない・・・

やはり、昔の試験とは違うので、独学で新しい範囲を理解して、

どんな問題が来ても解ける応用力を付けるには

結構な時間がかかるのは明らかでした。

わからない部分にぶち当たって勉強がスムーズに進まなくなるのは嫌だし、

絶対に11月の試験一発で合格したい!

長い期間、勉強するのは嫌だと思ったため、完全独学はやめました。

1点たりなくて不合格とか悲しすぎるし・・・

もともと長く勉強するのが苦手なので、

確実に1回で合格するための勉強方法を選択しました。

いろいろ探した結果、

値段的にもお手頃で実績があるオンラインの簿記講座を利用することにしました。

テキスト2冊購入分くらいの価格で受けられるので、お財布にも優しいし、

この方が、早く理解できるかな・・・くらいの感じで。

結果、この選択は正解でした。

日商簿記2級の勉強時間は?独学とオンライン講座

今回、簿記2級を受けてみて感じた率直な感想は、

『もはや、日商簿記2級は独学では受からない資格になっている』ということ。

私も、独学で中途半端な理解でしかない状態だったら、

今回合格できなかったんじゃないかと感じます。

今回私は、7月から勉強開始したので4か月半、だいたい400時間くらいの勉強で合格しました。独学では、11月の簿記試験に間に合わなかったかも・・・

やはり人から教わるというのは、遠回りしなくて済むし、正しい知識を最短で入れられるものなんだなと改めて感じました。

ちなみに私は、オンライン簿記講座は『ゼミネット』というところを使いました。

30年の実績!加藤講師の簿記講座 簡単で忘れられない覚え方、伝授します!

ゼミネットの簿記講座にした決め手は、

  • 価格が安い!
  • 講座資料はすべてダウンロードできて手軽

この2つでした。

簿記2級に合格できた超おすすめオンライン講座


私が利用したインターネット講座のゼミネットですが、

とにかく安くしっかりとした知識が身につく講座なんです。

2か月コースなら、5000円でサイト内の全講座をみることができ

講座を受けるための資料は全部学習サイトでダウンロードできてしまうんです。

専用のテキストはないんですが、

市販のテキストに対応できるようにカリキュラムが組まれているので、

もう手元に市販のテキストがあるという方でも、ゼミネットを利用することができますよ。

実際、テキストを読んだだけでは、どういうこと?と思った部分も、

この講座を聞くとすんなり理解できました。

まだ、これから市販のテキストを買うという方には、「推薦書籍」を紹介してくれているので、講義になじみやすい参考書を購入して勉強することも可能です。

料金も、上の表で表示されている金額以外は、一切かかりません。

入学金、教材費、サービス、追加講義など、なにかにつけてお金がかかるような講座じゃ、

安心して勉強に取り組めないですよね!

日商簿記2級の合格へのコツは工業簿記を確実にすること

最近の日商簿記2級の試験の傾向ですが、

商業簿記がかなり難しいのです。

問2は見たことがないような変化球がきます。

連結会計などは勉強をしていないと、

まるっきしわからないのでまるまる20点落とすことになります。

また一つの項目、観点ではなくいろんな観点から要点を混ぜて出してくるので、

この問題は何の問題なのか?商業簿記のどの部分なのか問題を読んですぐにわからないと、

パニックになります。

私はそこで作戦を立てました。

問1仕訳と工業簿記の問4と5は各20点とること!!

あとは、問2と3は部分点で10点。そして合格。

実際、最近の試験に合格するにはこれしかない様に思います。

日商簿記2級は仕訳と工業簿記を制するものが合格します。

苦手な工業簿記が出来るようになった問題集

そんな作戦を立てた私ですが工業簿記に苦手意識があったんです。

でも工業簿記が出来なければまず合格が不可能。

そこで、インターネット講座にプラスして、

もう一冊購入することに決めました。

それがこちらです▼

もう、ほんとこの本のおかげでグッと合格が近づいたと実感しましたよ。

これを繰り返しました。

このおかげで本当に実力がつきました!感謝しかないですね、この本には。

いきなりこの総仕上げは難しいと思うので、

テキストで基本を頭に入れてから取り掛かってくださいね。

こちらに工業簿記克服の勉強法について詳しくまとめてあります▼

150回日商簿記2級に合格しました。どうしても始めは工業簿記に苦手意識がありましたが、克服し工業簿記は満点、大得意になりました。工業簿記が必ずできるようになる勉強法をまとめました。

日商簿記2級に確実に受かるコツは慣れるために繰り返す

今の日商簿記2級は単純に過去問をやるだけでは受かりません。

過去問と予想問題どっちか一つだけやるとしたら、

今は過去問より予想問題を選んだ方がいいでしょう。

もう数年前の過去問を見ても、問題の傾向が違っているんです。

そこで、少し難しい問題を解いて、試験慣れ、問題慣れするべきと考え、

こちらの問題集を毎日1回分ずつ試験日までひたすら解き繰り返しました。

ちょっと難しめですがこれが出来れば本試験が簡単に感じます▼

本当に試験形式になった問題が12回分入っています。
これを解くことで、試験の形式に慣れることができます。
試験範囲も網羅していて、しかもパターンがわかるので確実に本試験以上の実力がつきます。

私、本試験を解いていて、こう思ったんです。

「あれ?網羅型問題集より楽じゃん」

これをひたすら繰り返すことで、そういうレベルまでくることができますよ。

おわりに

難しくなった日商簿記2級。

そこまでお金をかけなくても、合格率は低くても、私のように合格できます。

ぜひ、日商簿記2級の取得のための参考にしてもらいたいなと思います。

日商簿記2級は仕事にもお金の流れはつきものなので取得したら必ずプラスになるし、

仕事をしなくてもニュースや新聞の読み方、見方が変わってきますよ。

日商簿記2級取得、応援しています。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク