【日商簿記3級・2級】合格のコツと勉強方法を徹底まとめ!

SPONSORED LINK

最近、日商簿記検定がどんどん難しくなっています。

その中でも特に簿記2級の難易度アップはよく知られています。

 

簿記2級を勉強してみて、確かにテキストを読んでちょっと問題集をやったくらいじゃ、もう受からないな検定だと感じました。

どれだけ範囲をしっかり網羅できてるかで合格は決まるなと・・・。

 

私が簿記2級に一発合格することができたのは、やみくもに勉強するのではなく、商業簿記・工業簿記を網羅できるような流れをしっかりイメージしてから取り掛かったからだと考えています。

 

 

常に今自分がどの時点、どのレベルにいるのかを確認しながら、勉強したからなのかなと。

 

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級合格”

 

 私が使った簿記オンライン講座▶スタディング オンライン簿記講座 
こころ
こころ

今日は、日商簿記3級2級を受験する方に向けて、合格するためのコツや勉強方法をまとめた記事を紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

【日商簿記3級・2級】合格のコツと勉強方法を徹底まとめ!

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記の勉強方法”




 

日商簿記3級の勉強方法は市販本での独学。

2級はスタディング というオンライン講座 を使いました。

 

簿記2級の勉強を開始した時期が日商簿記1級の範囲が2級になったり、3級より前に初級ができたりと改変の時期。

「なんでよりによってこんな時期を選んでしまったんだろう・・・」と多少後悔しながらの勉強開始でしたが、オンライン講座のおかげでかなりスムーズに勉強できました。

こころ
こころ

一発合格はオンライン講座のおかげです。

無料で体験講座受けられますよ!! 公式>>スタディング簿記オンライン講座 

簿記3級の勉強方法は独学でOK

こころ
こころ

簿記3級の勉強方法は独学でも十分合格できます。

簿記3級の私の勉強方法と合格のコツはこちらの記事に書いています。

正社員で働きながら独学で合格したときの、使用したテキスト・問題集・過去問・電卓まですべて紹介しています。

>>本 の 売れ筋ランキング

 

簿記2級の勉強方法は独学よりスクール

まずはこちらの予備校の先生の動画を見てください。

 

 

簿記2級に関して、昔とは難易度が違うので、今までのような勉強じゃ受からないとのこと。

 

簿記2級の最近の問題は、『落とすためのの試験』『ひっかけるための試験』という印象があります。

予備校の講師でさえ、「予備校の教え方も以前と変えなくてはいけない」と言うほどなので、市販の本を買って独学では、簡単に受からないということです。

 

こころ
こころ

一発合格したい方は独学は避けた方がいいです。

最近は、リーズナブルなスクールや通信、オンライン講座などが多く、金銭的にも受講しやすいですよ。

公式>>簿記オンライン講座スタディング 

スタディングは簿記3級から2級が狙えるセットコースでも20,000円しません。

日商簿記2級の勉強方法や合格するコツについては、下記の記事を読んでいただければ全部わかると思います。

 

 

 

最近、商業簿記が特に難しくなってます。

こころ
こころ

商業簿記は単純には解けない問題ばかりなので、工業簿記重視で行きましょう!

工業簿記を制するものは簿記2級を制するは本当です。

簿記の試験当日の合格のコツ

img src=”puppy.jpg” alt=”日商簿記2級合格”

緊張しやすい方は緊張対策を!

日商簿記は、焦り、パニック、頭真っ白・・・この状態になったら終了です・・・。

 

こころ
こころ

精神面が69点不合格と70点合格の差を生みます!

冷静にどう点数を重ねていこうか作戦を考え、

冷静に数字を導き出し、

冷静に正確に解答用紙に書き入れる!

これが大事です。

 

せっかく一生懸命勉強してきても、当日の精神状態で点数をポロポロ落とし兼ねないのです。

私自身は、家で時間を計って模試を解いただけで焦って小パニック!

時間をはかるのをやめて、落ち着いて再度問題を読んだら、なんてことない問題だったなんてことがしょっちゅうでした。

 

こころ
こころ

緊張に弱い方は緊張対策を練ってから当日試験に挑むと、自信がでてきますよ。

問題の解く順番は臨機応変に!

こころ
こころ

簿記は解く順番も重要です。

 

私は、仕訳と工業簿記は点数が練習の時点から点が割ととれていたので、

問1(仕訳)➡問4(工業簿記)➡問5(工業簿記)➡問3(商業簿記)➡問2(商業簿記)

の流れでいつも解いていたんです。

問2は曲者な問題ばかりで、いつも点数がとれず苦手意識があったので後回し。

問2を解く時点で、もう他の問題で70点近い点に達しているはずだから、この順番なら落ち着いて解けるはずという考えでした。

 

しかし、当日本番、なんといつも詰まることがない問1の仕訳が難しい!!

いつも仕訳で点数稼いでいたのに・・・。

多少悩みましたが、さっさと難しい仕訳は途中でやめて、工業簿記の問4、問5へ。

 

工業簿記を解いているうちに、ようやく気持ちが落ち着いてきて冷静になることができた感じです。

落ち着いたことで全体を見ることができたのか、いつも時間がかかる問3が意外に簡単なことに気が付きました。

「仕訳の分は、問3でカバーしよう」

そう思ってからは、仕訳のパニックは消え、いつも通り解くことができました。

 

こころ
こころ

解く順番を決めていても、その順番にこだわりすぎてはいけません。

悩んで時間をロスするのが一番危険です。

問1が難しければ、どこかの問題は易しく調整してあるのです。

  • 点数が取れる問題を絶対落とさない!
  • 時間をおいてから解くと意外とわかることもある!
  • いつもの順番でうまくいかなくても、臨機応変に対処する!

これが大切です。

【日商簿記3級・2級】合格のコツと勉強方法を徹底まとめ!

日商簿記の試験は、6月、11月、2月の年3回ありますが、やはり1回で合格したいですよね。

私の考えでは、

  • 簿記3級は独学でもOK!
  • 簿記2級は独学よりスクールを利用するのがおすすめ!

最近はなかなか昔のようには合格できなくなっているので、とにかくあきらめないで合格をつかみ取ってほしいなと思います!

という私は、せっかく合格したのに、結局再就職していないし、内容を忘れかけてきていますが・・・。

こころ
こころ

いや、個人事業主なので自分の確定申告に使えますね!

これから簿記の試験を受ける方の少しでも参考になると嬉しいです。

\簿記3級・2級のセットコースも20,000円以下/