アドラー心理学を簡単に解説!他人の評価なんていらない。

数年前に何回も読んだ本『嫌われる勇気』。

食い入るように読み、人生観が変わるくらいの衝撃を受けました。

この本を手に取った当時、他人の目や、他人の評価ばかりが気になっていたんです・・・。

 

そして時は経ち、人と会わない在宅の仕事をしている今も、たま~に人と会うと、相手がどう思うのか?どう見られているのか?などものすごく気を遣ったり、再び気にしている自分がいました。

 

こころ
こころ

とにかくすごく疲れちゃうんですよね・・・

 

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)なので、他人が気になる性質を持ってるとはいえ、もう一度、アドラー心理学に戻っておさらいしようと、最近また『嫌われる勇気』を読み直しました。

 

 

 

今回は、私は読んで自分の中で響いた「嫌われる勇気」アドラー心理学のポイントを簡単にまとめてみたいと思います。

こころ
こころ

こんな方におすすめの記事です。

  • 人の評価で生きている方
  • 人にすぐ巻き込まれてしまいがちな方
  • 劣等感が強い方
  • 他人のことで疲弊している方

 

 

こころ
こころ

「嫌われる勇気」をまだ読んでいない方で内容は知りたくないという方は、読まないでくださいね。

 

スポンサーリンク

アドラー心理学を簡単に解説!他人の評価なんていらない。

 





「アドラー心理学」とは、心理学者のアドラーが提唱した心理学です。

アドラー心理学についてわかりやすく書かれたこの本『嫌われる勇気』は、本が売れない近年の中でも、ものすごく売れた本でもあります。

 

青年との会話の中でアドラー心理学が自然に頭に入っていく感じの展開になっている本なので、本が苦手な方でも読みやすいと思います。

 

全ては目的論!原因論の否定

 

こころ
こころ

『全て目的論で原因論の否定』なんて難しくて何言ってるのかわからないですよね。

 

少し、簡単に言うと、人の行動に原因なんてものは無くて、全部目的しかないよってことなんですけど、まだよくわからないですよね。

 

こころ
こころ

私もはじめよくわかりませんでした。

 

例えば、会社で私がミスをして上司にめちゃくちゃ怒られたとします。

同僚はみんな、管理人の私が相当ひどいミスしたから上司に怒られているんだな~と思うはずです。

 

でも、アドラーはこれを完全否定します。

 

上司が怒っているのは、原因=私のミスではなく、の目的のためだと言っています。

 

 

こころ
こころ

「他の目的」って何だと思いますか?

 

上司の目的=自分の方が上でお前は下なんだ!自分に逆らうな!ということを言いたい。

 

これですよ、上司の行動は、全てはこの目的のための行動なんです。

こころ
こころ

こわっ!!

 

だって、もし他の寛容な上司なら、例え、私が同じミスをしても、次にミスをしないように、冷静に諭してくれるわけで、同じミスしたのに、人によって行動が違うのはおかしいですよね。

 

つまり、怒っているのは上司自身の目的達成にためというわけです。

アドラー的には、私がミスをしたからではないということになります。

 

自分の言い訳を作っているのは原因論

こころ
こころ

私は、だいぶ改善されてきてはいますが、アダルトチルドレンです。

アダルトチルドレンは、とても生きにくいです。

 

20代から30代にかけて私は、

「幼少期の親との関係でこうなったんだ!」・・・原因

と常に思って生きてきました。

どうせもう変われないよ、だってこう育てられたんだから、と常に思ってました。

生き辛さの原因探しの毎日で、人生うまくいかないのも、このせいだよと・・・。

 

 

こころ
こころ

でも、アドラーが友達だったら、こう言うはずです。

 

「あなたがそんな生き方をしているのは、幼少期の育てられ方のせいだとか、そんな原因からではなくて、そう思っているあなたには、そう思いたい他の目的があるはずだよ」と・・・。

 

アドラー心理学で言ったら、これも原因論なんですよね。

そうなんですよね、私には、他に隠した目的があるってことです。

 

「自信がない自分に対する保険にするため」・・・目的

「失敗の言い訳のため」・・・目的

 

見透かされています。

これが目的です。

 

課題の分離 他人の課題は無視

こころ
こころ

これは、アドラー心理学でも有名な要点ですよね。

 

他人のことまであれこれ考えたり、他人に口出し、手出ししていませんか?

他人のことばかりで疲弊していませんか?

 

 

私は、家族のことで余計な心配をして、よく一人で疲弊しています・・・

 

アドラーは「自分のコントロールできることだけ考えろ」と言っています。

他人の課題は全無視しろってことです。

 

すごくわかりやすい例が載っていたので一部紹介します。

 

『馬を水辺に連れていくことはできるが、馬に水を飲ませることは出来ない』

 

「なぜこの馬は水を飲まないんだ・・・・」と頭を抱えて悩み疲弊すること自体無駄なんですね。

馬が水を飲むということは、馬の課題で、あなたの課題ではないということです。

 

私の場合、これが家族とかだと感情で動いてしまって、難しかったりします。

しかし、よく考えると、そういう時、実は自分の課題は放置していたりするんですよね・・・

自分の課題と他人の課題分けて考えなきゃなんですよね。

 

 

他人をほめるな、縦の関係を作らない

こころ
こころ

これ、私よくやってしまいます。

他人をほめてしまうんです。

アドラーは、人間は対等だと言っています。

 

人をほめることはつまり縦の関係を作ってしまうことになります。

そしてほめることは、承認欲求にもつながってしまいます。

 

自分も認めてほしいから、気に入られたいから、他人をほめるようにしているのかもしれません。

 

アドラーはほめる代わりに、『ありがとう』と感謝することを推奨しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今日は、『嫌われる勇気』から自分なりに響いた要点、ポイントを簡単に3つまとめてみました。

この3つのポイントは、私が重要と思った点なので、人によって違う点が響くかもしれません。

 

他人から認めてもらいたいという承認欲求が強い人が多い日本なので、生きづらく感じている人も多いかもしれませんが、このアドラー心理学の考え方が身に付けば、楽になれます。

 

『嫌われる勇気』には、この要点以外にも、人生変わるくらいのことがたくさん詰まっているので、まだ読んでいない方はぜひ手に取ってみてくださいね。