アダルトチルドレンの私がまとめるACの辛い、苦しい14の特徴

Sponsored Links

私は、HSPでアダルトチルドレンのアラフォー主婦です。

【参考記事はこちら】

生きづらさに悩み続けてきた時に、一冊の本をきっかけにようやくHSPだと気が付きました。HSPの私がが今まで読んできたHSP関連の本で本当におすすめしたい本を8冊選びました。

わたし、疲れているのです。 今の私の状況はというと・・・ ●次の仕事はどんなことをしたいのか自分と向き合って考え...

今まで、常に生きづらさ、なんとも言えない不安、孤独感を感じて生きてきてきました。

周りからみれば楽しそうに見えるかもしれない、

お気楽そうに見えるかもしれない、

でも本人は、心に、埋まらない大きな穴を抱えて、表では笑顔を作って過ごしているような感じです。

カウンセリングを受けたり、勉強したりして、

また、結婚してからは、一時期に比べたら良くなったような気がするのですが、

突然やってくる不安感、無気力、そして怒りにふりまわされることがあります。

今日は、アダルトチルドレンの私が、辛い、苦しいと思う14の特徴や行動についてまとめます。

今、抱えている漠然とした辛さは何だろう?

疲れてしまって、自分なんてどうでもいいなんて思っている方も多いと思います。

この記事が何か自分のことをひも解く、わかるきっかけになるといいなと思います。

ちなみに、私は、心理カウンセラーでもないし、自分の経験上での感じ方でしか記事が書けません。ご了承くださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アダルトチルドレンの私がまとめるACの辛い、苦しい14の特徴





アダルトチルドレンは様々なタイプがありますが、

私は、幼少期からほとんど母親に褒められた記憶がありません。

そして、過干渉、過保護に育てられました。

成長するべき時に、羽ばたく羽根がもぎ取られてしまって、

飛びたくても飛べなかったため、

世の中で生きるための強固な免疫もつかないまま大人になったため、未熟で自分に自信がないのだと思います。

母親は、細かく、先生の評価や周りの目を気にするタイプのため、

小学校のころには、漢字一文字曲がっていたら夜中1時くらいまで書き直し、

先生の評価を得るために自主勉強も日記も義務。

毎日ヒステリーに怒られるため、辛くても必死に従っていた記憶があります。

寝不足で、目元には、小学生とは思えないほどのクマができ、小学校から呼び出された記憶ははっきり覚えています。

また、どんなことも否定されます。それは大人になった今でも言われます。

よく言われた言葉としては、

『どうせあんたには無理』『どうせあんたはダメだよ』

今も、何か始めようと思うと、頭の中に事言葉が響いて聞こえてきてしまいます。

過干渉、過保護、否定は、本当に一人の人間の生きる力を奪います。

大人になってからというと、2度ほど心療内科に通い、カウンセラーにも何度も相談してきています。

アダルトチルドレン(AC)の辛い、苦しい14の特徴

①べき思考

生活全般にこの「べき思考」があり、自分で自分で課している感じです。

『これはこうするべき』

『こう行動するべき』

『こう言うべき』

これは、自分に対してもそうですが、他人に対しても心の中で思うこともあって

結局それが回って自分自身のストレスになるんですよね。

他人は他人の問題なんだからほっとけばいいだけなのに(頭ではわかっている)

べき思考にも大、小あり、小さいものなら『必ず睡眠は6時間とるべき』とか、

『専業主婦は家でゴロゴロしてはいけない』とか、自分を追い詰めるのです。

仕事をしているときにはもっと大変でしたよ・・・

自分自身の思考を信じきれていないから、正論とか、一般論に従ってしまうんでしょう。

②中途半端になるものが多い

仕事もあまり長続きしないですし、習い事もいくつもやってきましたが、

続けることができないんですよね。

ちょっとしたことで、これは失敗だと思ったり、向いていないと思ったり、

嫌だなとおもったことにとらわれて、結局やり遂げられなかったり、やめてしまったりします。

今まで、自分自身の意見を尊重されなかった経験からすぐに自分を否定しているのが原因です。

➂ゼロか100か思考

ゼロか100かの思考、これすごくつらいです。

何か一つトラブルが起きた時に、極端な思考になるんですよね。

たった一つのトラブルで、「自分は全て終わった~」と思ってしまうんです。

もちろん、一つトラブルが起きたとしても、全部奪われたわけではありません。

また、結構早い段階で、人に対しても、あの人はだめ、あの人はいい、

などと判断している部分があります。

今は、意識的に自分の思考を、

「あの人はここはだめだけど、ここはいい」

「自分はここはうまくいかなかったけど他は全部うまくいっている」

グレーの部分をもつようにしています。

「絶対」「そうに決まっている」などという断定、決めつけの言葉

「そういうこともある」「可能性がある」というような言葉を使うようにしています。

グレーの部分があるほうが、楽しい人生になるのにねと思います。

④待つことができない、せわしない

小さいころいつも「早くしなさい」「さっさとやっちゃいなさい」こんな言葉をよく言われていました。

大人になっても、ちょっと仕事が多い日だと、異常に焦るし、ソワソワします。

他人にお願いしたことが、いつまでたっても反応がない時は、ずっと気になります。

「まだなのかな?早くしてよ」と思っています。

一つの目の前のことに集中すればいい話なのですが、ソワソワが消えないのです。

これに対しては、

身の回りのものを少なくしていくことで、気持ちにも余白ができたのか、焦りが減ってきたように思います。

➄常に罪悪感を感じている

「あんたがこうだから、こういう結果になった」

「あんたのせいで・・・」

こういった言動をよくされていたからか、普通に生きていても罪悪感を感じることが多いです。

これも、自己否定しているからですね。

罪悪感を感じてつらくなる時には、

「食べて寝て生きてさえいれば、もうこれで十分」「もう十分がんばっている」と自分に語り掛けています。

⑥自分の足で立てない気がする

アラフォーまでいろんな経験もして乗り越えてきたにも関わらず、自分の足でしっかり立てないような感覚になります。もういい歳なのにです。

だれかに自分を幸せにしてもらおうと無意識に思っている方は気をつけて!

「結婚すれば幸せになれる」「子供さえいれば幸せになれる」

「この子が自分の夢をかなえてくれる」

こんな思考をもっている方は、何を得たとしても幸せにはなれません。幻想です。

結局は、自分の足で立って、自分で自分を幸せにしないといけないんです。

⑦自己犠牲的に他人の世話をやく

他人のことは時間や労力がかけられるのに、自分のことは後回しになることがあります。

今まで一生懸命頑張ることで、感謝されたり、評価を得てきたと思っている部分があるため、

頑張らないと、努力をしないと意味がないと潜在意識で思っているのかもしれません。

他人にたいして努力をしたところで、評価されることばかりではないので、

むなしく感じたり、挫折を味わうことになるのです。

⑧身近な人の考えや行動をコントロールしたくなる

これはまさに、自分がされていたことのままです。

自分から遠い人だと、まだこの感情は薄いのですが、

家族など関係が自分に近くなれば近くなるほど、

自分の思うようにしてほしいという気持ちになることがあります。

でも、これは人間関係を壊します

そういった感情や発言をしそうになったら、

いったんその感情を飲み込み、時間を置くように意識しています。

⑨誰かを頼りたくなる

常に、自分のことより他者を重点において生活しているため、

一人では生きていけないような気がしてしまうのです。

自分に自信がないから、他人に救いを求めますが、結局は、解決しません。

同時に、相手に対して見捨てられ不安も出てきて、悪循環に陥ります。

⑩一つのことに執着すると視野が狭まる

家族だったり、自分のことだったり、一つのことに頭がいっぱいになると、周りのことが見えなくなってしまったり、社会への関心が無くなったり、視野が狭くなることがあります。

心配ごとがあるとそればかり考えてしまい、ぼーっとしてしまうことも多いです。

また、だれかのことを一度嫌と思ってしまうと、その感情に執着して自分を苦しめてしまいます。

⑪どこかで偽った自分を演じているところがある

ありのままの自分でいてはいけないと思っているのか、どこかで偽った自分でいようとする部分があります。

また、問題を隠してみたり、そんなはずはないと否認していることも、問題を直視できないこともあります。

だれしも問題が起きるし、なにかしら抱えているのに、それを恥と思っってるのか、

平気な振りして演じてしまいます。

⑫コニュニケーション能力がない

一見、にこにこしていて普通に話もするので、周りの人はコニュニケーション能力がないとは思わないかもしれませんが・・・

かなり無理をしています。

気を使っているのがばれていないか、自然に話せているのか、変な意見を言っていないか、

相手が楽しんでいるかとか、そんなことばかり考えていて、集中できていません。

こんなことばかり考えているのだから、人といるとかなり消耗します。

受け身に見えるので、一見優しいと勘違いされますが、他者にたいしてトラウマを抱えてきたわけなので、本当は、人間不信です。

⑬他人との境界線がはっきりしていない

HSPの方もそうだと思いますが、他人との境界線があいまいになってしまいます。

会社の上司が朝から不機嫌であれば、一瞬にして、自分も感情を受け取ってしまいイライラしてくるし、旦那が元気がなければ、あっという間に不安になりドキドキしてきます。

なので、いつも不機嫌な人は、今は一切近づかないようにしたり、人混みの中ににはなるべくいかないようにもしています。

逆に、いつも前向きで、元気な方と一緒にいると、すごいパワーを受け取って、

急にやる気になったり、自信がわいてくることもあります。

どうしてもいい感情も悪い感情も境界線がはっきりしていないため受け取りやすいのです。

⑭強い怒りがある

いつもは穏やかに過ごせていても、ある言葉だったり、行動だったり、何かをきっかけに

強い怒りが出ることがあります。

多分、普段から、小さな怒りの炎が心の奥ではくすぶっているのかもしれません。

強い怒りを出してしまったあとは、今度は、自己嫌悪に陥り、自分に怒りが向くこともあります。

占いなんて当たらないし、うさんくさいなんて思っている人はいませんか?私も昔はそうでしたが、今は一人で思い詰めて悩むくらいなら利用したほうがいいと思っています。電話占い経験から信用できる占い2社を紹介します。

機嫌よく楽に生きるために知っておくべき2つのコツ!人間の最大の罪は不機嫌です。 ご機嫌でいるコツを知って毎日を楽しみましょう!

まとめ

アダルトチルドレンの私がつらい、苦しいと感じる14の特徴をまとめてみました。

昔に比べると、だいぶ楽にはなってきましたが、まだまだ本を読んだり、人に相談したり、改善途中です。

似たような特徴に悩んでいる方は、もしかしたらアダルトチルドレンかもしれません。

日によってもだいぶ差があります。

同じように悩んでいる方の参考になると嬉しいです。一緒に頑張りましょうね。

【以下、私が読んで参考になった本です】

「人の目が気になる」他人の目なんて気にしていたら99%幸せにはなれないんです。人の目を気にしているこの瞬間も、着々と残された人生は短くなってますよ。

孤独でおかしくなりそう!そんなときにすぐに実践したい考え方と孤独対処法5選!大丈夫、みんなみんな孤独です!孤独のとらえ方を変えることと、対処法を持つことが大切ですよ。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク