40代のプチプラコーデってどうなのか、量より質に変換する時期

Sponsored Links

【2018.12.29記事修正】

「この服プチプラだけど、案外高見えしてるよね」

私はそう思っていた一人です。

最近は、SNSやブログをよんでいても、山のようにプチプラファッションを

綺麗におしゃれに着こなしている人達がいっぱいですね。

私もそれを購入すれば、このブロガーさんみたいになれるのでは?

なんて思って結構たくさん服やら小物を買っていました。

しまむらで8000円、ユニクロで5000円、無印で3000円、こんな感じで服を購入。

同じような方はきっと多いと思います。

でも、どうですか?そのブロガーさんのようになれましたか?

私は、程遠い仕上がりになることばかり。

40代、プチプラファッション、プチプラコーデに疑問を持ち始めました。

アラフォーや40代のプチプラファッションってどうなんだろう、そう思った方、

ぜひこちらの記事をよんでみてくださいね。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代のプチプラコーデってどうなのか

プチプラファッションブログを読み漁って、同じプチプラ服をさんざん購入してきましたが、

毎回、次のような同じ失敗を繰りかえしてきたんですよね。

値段相応の安っぽい服

 荷物が届いて段ボールを開けて、商品を広げて、とりあえず着てみます。

そこでいつも思うことがあります。

「あれ?あのブロガーさんが着ていたのとなにか違う」

靴を買った時も、かかとは見るからに安っぽく、色も安っぽい。

そして履いたときの音まで安っぽい(笑)!

でもみんな「いいね」しているし・・そんなにこれ、いいかあ?

でもね、何度も失敗を繰り返しでようやくわかったんです。

あれは若くてスタイルのいい方で

いいものもちゃんと知っている方が

着こなしているからこそ

素敵に見えただけ。

気が付くの、遅すぎです。

そうです、あのブロガーさんが着ているからこそ素敵に見えたのです。

そして素敵に見えるブロガーさんってさりげなく他に高いものも違和感なく身に着けているし、バランスを取っているし、『良いもの』をしっかりわかっている方ばかり。

プチプラファッションを着こなすセンスが身についているのですね。

私には決定的にそのセンスが無かったのです。

さらに、若さという透明感がプラスされているので、多少の安っぽさも気にならないのです

生地が薄くてすぐ伸びるか縮む

Sponsored Links

プチプラで購入した服は、必ず伸びるか、縮むかするんです。

首元がデローンと伸びたセーター、小さくなったTシャツなど数知れず。

セーターなのにインナーの模様は透けて、生地が薄いため寒い。

こんな感じで2、3回着るともう着たくないし、愛着も皆無になるんですよ。

プチプラ、プチプラ言ってるけど、2900円とか3500円とか、これが積み重なったらいくらになるんだろうと後悔するんです。

顔のくすみ、しわが目立つ、スタイルがカバーできない

Sponsored Links

プチプラコーデをすると、色味や生地が安っぽいせいか、顔の粗が目立ちます。

ショップの鏡で自分のプチプラコーデを見てとき、愕然としました。

肌がくすんで見えるし、疲れ切っているように見えるんです。

なんとなく、私、ビンボーそう・・・(金持ちではないが)

パンツについては、値段がかなり出ますね。やはりスタイルが悪く見える。

スタイルカバーできるようなデザインにはなっていないんですね。

スタイルに自信がない40代には、少しばかり補正が欲しい。

プチプラファッションの量より質に変換する時期

プチプラコーデでさんざん失敗してきて、40代、自分のためにも、商品の安さや値段で購入しないで本当に欲しいものを購入するべきとようやく気が付きました。

40代は量より質への変換をする時期。

プチプラ5つに15000円費やすぐらいなら、15000円のセーターを一つだけ購入すればいい。

決してお金がたくさんあるわけではないけど、自分の基準で、自分がよいと思うものを、

自分でよく考えて、試着をして時間をかけて購入してみようと!実践しましたよ。

一着18000円のスカートや15000円もするニット・・・

そりゃもうお店にいるときはドキドキ。

失敗してはならない、店員にいいように勧められてもだめ、自分の判断で!!

購入後・・・

着る日はなぜか朝から背筋がピンとして気分がぜんぜん違うことがわかるのです。

素材は全く違う、シルエットは私のだらけた体をちゃんとカバーしてくれる。

色味も絶妙なので、顔色までよく見える。

その服を着て出勤したときには、

朝から混んでイライラしてしまうところ、

駅員さんに頭下げてみたり(笑)性格まで変わってしまうような気がしました。

自信がないからこそ身にまとう物に力を借りる

私は、昔から自分を大切にできなかったり、自分にあまり自信がありません。

30歳すぎてだいぶ自分を肯定できるようになってきたんですが、歳をとると今度は老化が始まります。肌の調子も良くなくなるし、体形も崩れる。またいろんな面で自信がなくなってくるんです。

そんな私がそのお気に入りを着ているとちょっぴり堂々とできたり、

やさしくなれたり、積極的になれたりするのです。

1着の値段は高いですが、いくつも満足できないプチプラ服をたくさん何枚も買うのなら、

同じ値段くらいになってしまいますよね。


本当はどんな服をきた自分でいたいの?

自分に聞いてみて、その心の声を聴いて、

どうしたらそれも満たしてあげられるのか考えることが

自分を大切にすることにもつながるのではと思います。

しかも、本当に長持ちします。

15000円で飼った長袖Tシャツは冬の間ガンガン着ても、色落ちしないし、形も崩れない。もとは完全にとれました!

まだまだ大切に着続けます。

もちろん値段だけではなく

安くてもお気に入りのものもあります。

あったかインナーはプチプラのホットコットを

毎年購入してお世話になってます。

いろんなインナーがありますが、肌にも優しくて、暖かいインナーはやっぱりホットコットと無印良品だと確信しました!綿素材は最高です。

でも40代いろいろなものを失っていく年代・・・

洋服にちょっぴり力を借りてももいいですよね。

おすすめ記事・スポンサー



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク